チャネリング

2012年06月11日

クリスタルの声:クリスタルボウルについて

どもです、峰子です
週末のセミナーたちでお会いできた方、楽しかったですね〜〜
いろいろありがとうございました
Melody♪セミナーでは、みなさん、最初はとっても自信なさげな感じで「ヒーリングとかよくわからなくて、、」と言われているのですが、
4日目終わるころには平然と石をグリッディングしたりがんがんセッションしちゃっているのが、なんだかいつもすごく頼もしくて、しあわせな気分になります
峰子’sセミナーはね、、、私も、石たちが何やりたいかによって、直前に内容がダウンロードされるので、
毎回、スペクタクルすぎて、ぶっ飛びまくりです(笑)
今回もすごかったねーーー
大阪、名古屋、まわりたいな、、、回れるかな^^;
あ、宇都宮には今月行きます!詳細はすぐにアップしますのでちょいお待ちを!
コレも参加します☆
ちなみに、今回の主役はこの子たちでした

cry_mine



さて。
峰子’sセミナーでは毎回、おまけとして、
参加なさった方の石ちゃんを一つ、リーディング(彼らが持ち主さんに伝えたいことを、峰子が代わってお伝えするという石の通訳作業)をさせていただくのですが、
今回、
クリスタルボウルを演奏される方が参加されていて、
その方の石ちゃんが、
みなさんにもシェアしていいクリスタルの情報を教えてくれたので、
その方の了承も得て、ここにアップします。
まあ、、、タイトルをつけるならば、

「ミネラルキングダム(石たちに入ってる天使たちの王国)が了解している、クリスタルボウルの存在理由、役割」

といった感じですかね
石のリーディングは、基本的には持ち主さんに関する個人的なメッセージのほうが多いのですが、時折、人間全体に対してしゃべってくれることがあり、今回、このことをシェアできるの、
うれしいです

以下、その方のボイスレコーダより、
私の通訳したほぼ原文ママで、おとどけしますね
(カッコの部分はミネコ注釈です。わかりやすくするために補足しました)


クリスタルボウルについてのサポートメッセージが来ています。

クリスタルボウルというものは、私たちミネラルキングダムのエッセンスというものを、波動そして振動に昇華させたツールになります。
ですので、音楽として奏でる用い方もあるのですが、その波動というものを、地球の隅々にまで届ける、ミネラルキングダムのたとえばグリッドのエネルギーだったり、石たちの持っているポジティブな波動というものを、人々にとても届きやすいとても柔らかな波動に変えて届けているという、そういう役割を持った楽器でもあります。

ですので、
あなた(演奏者)のピュアなハートの状態で、
あなたのハートを開き、
そのハートが感じるままに宇宙の光とつながった状態で、
あなたのただ感じたままにクリスタルを奏でてみてください。
そうやってそのボウルを奏でていくと、まるでボウルの波動と自分の波動の差がどこにあるのかわからないような、とてもある意味トランス的な、本当にその身体とその波動のエネルギーというものに、まるで境目が無いかのようなところにまで浮遊していくような感じで石たちのエネルギーと繋がっていくことができます。
あなた(演奏者)はその質を持っています。
ですので、自信を持ってそういった届け方を少し気にしながらやってみてください。

そうすると、あなたが例え日本のどこかでその波動を奏でていたとしても、
波動はとても瞬時に地球のあらゆるところにヒーリングエネルギーを送る、
そのようなことだってあり得るのです。
石たちのグリッドのエネルギーというものは、
石たちはいろんなところに物も言わずそこにじっとしながら、ただそこに置いてあるかのように存在していますが、そのように見えて実は石たちは、石たちの間で、たくさんの波動というものを振動させながらつながっています。
(ミネコ注:その「波動のつながりそのもの」を、ミネラルキングダムは「グリッド」と呼ぶことが多いです)


そして、
クリタルボウルのエネルギーというものは、
石たちが自然に行っている振動・波動のエネルギーに対して、サポートするような倍音エネルギーを届けているのです。
ですので、演奏者がそれを理解し、それを感じながらハートのみでクリスタルボウルを奏でる場合、
それは本当に地球の次元を一つ大きく変えてしまうほどのとても大きな威力を持つのです。
ですので、どうかそのことを少し、心のどこかに置きながら、本当に自分の感じるままに奏でてみてください。
そうするとそれは地球を変えるだけでなく、もちろんあなた(演奏者)自身の波動をも新しく更新し続けてアップデートしていきます。
そしてそれにより、あなた(演奏者)がやるべきこと、
為すべきことというものがよりしっかりと、輪郭を増すことができるでしょう。



・・・ハイっ、石リーディングは以上です。
いやぁ〜〜、石たちの世界、すごくないっ!?
オモシロイですよね?^^ ワタシはすっごくおもしろいっす!
そして石たちが人に伝えたいことを、翻訳する「お役目」を自分が担っていること、とても毎日実感しております。


そんなわけで、ここ最近の峰子も、実は石たちと通信しまくっておりますので、
他にもいろいろ、おつたえしたいこと、ありんす
この涅槃でも、時間を見つけてアップデートしていけるよう、まい進します〜


「まじ、オモロイっ!」と思ってくださった方、
最後にクリック&クリックしていただけると、
励みになりますっ!!!
↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓
精神世界 ランキング 人気ブログランキングへ

いつも本当に、ありがとうございます




mineko_ at 22:11|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2011年05月25日

今日はゴッデス・グィネヴィアがあらわる。

どもです。峰子です。
前回に続き、超個人的忘備録。
なんだかケルトづいているぞなもし?


今日は、枕元にグィネヴィアが立ちました。
スピリットの王国である肉体、
大切な魂の乗り物である自分自身の身体を
しっかりと整備し、癒していただいているとき、
心身ともにリラックスしているなあ、と
ぽわーんとしていたら、
寝ている頭の真後ろに、
グィネヴィアさんが立ったのですねぇ。^^;

グィネヴィアとは、やはりアーサー王に関係する女神。
「白の女神」という名を持ち、アーサー王の妃となったとも言われています。
愛の関係性やアバンダンス、
母性を司るケルトの女神だとか。
花の妖精達とも働いているとも言われています。

彼女には、
前にも一度お会いしている感がすごくあったのですが、
それが何だったかは、
身体もふにゃふにゃ状態だったしグランディングできてなくって全く思いだせず^^;


そんなガッツリθ波状態な私に、
グィネヴィアさんが何かを授けてくれました。
(それが何かも視覚化できなかったけど、
 なにかのサポートのためのツールでした)


「泉を見る準備ができましたね。
ほとりに行きなさい。
あなた自身のハートの中にある泉に行き、
あなたの姿をその水面に映し出しなさい。
泉は今は澄みとおっています。
自らで自覚しているように、
光をさえぎるものは消え去りましたね。
湖底まで見通すことができるほど、澄み切っています。
その透明な鏡にうつるあなた自身を見なさい。
本当の自分をあなたは、やっと見ることができるのです。
その姿をちゃんと、見つめなさい。
そして、知りなさい。」



・・・・ええとですね、私には、
何を言われているかが、120%わかりました。
(わざわざ伝えに来て念押ししてくださるなんて、
 申し訳ないぐらいです)



おまけに、
私が近々行かなきゃいけないところがヨーロッパのどこ、
なのかも、
わかりましたよ!
マスターたちはなんてこんなに徹底的なんでしょうね。
今日、公園を散歩していたのですが、
真白な小さな蝶が、私が移動してもずっと、近くを飛び回っていたのですね。
なんだ?仲間か?と思っていたのですが、
仲間だったのかも(笑)


そういや、グィネヴィアさん、剣を持っていたなぁ、、、
イニシエーションで使うやつかしら。。。
それに近い姿をどこかで見た気がするけど、
思いだせないので写真を探せないにゃ(><)
まあ、またどこかで気づく時が来るのでしょう。。。



いやはや、ありがたいです。


でもってまたもやフルパワーで独り言ですが^^;
最後までお読みくださった方、ありがとうでございます

↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓
精神世界 ランキング 人気ブログランキングへ


mineko_ at 22:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2011年05月23日

大魔術師マーリン、我がオトウチャンからの言葉

どもです。峰子です。
今回はあまりにも個人的な気づきで恐縮なんですが^^;
このブログは私の忘備録みたいなところでもあるので、
メモっておかなければ、的に、
書いておきまする。


チャネリングというものは、うさんくさい。
それは、残念ながら大半が、「なんちゃってチャネリング」であり、
その多くがよくわからないところや浮遊霊などからの言葉を
マスターの言葉として受け取っていたりするからです。
でもってまた、真偽を確認しようにも、
何せエネルギー的な話なので、どやって確認すればいいの?
という問題もある。
そんなわけでとってもやっかいなもので、
昔の私は、チャネリングということば、大っきらいでした。


しかし、
Melody♪女史から見せてもらったスーパーセブンで初めて
「本物のスーパーセブンはこれだけ波動が違うのか!(うちの家にあるやつ全部偽物じゃーん!本物だって言ってたの買ったのに(><))」と、衝撃を受けた時と同じように、
本物のチャネリング・セッションを初めて受けた時に感じた、
言葉だけでなくそれを超えてがんがんにハートに届いてくるエネルギー。
それはもうほんとうに、すさまじいものでした。
(ちゃんとしたチャネリングは、それはそれはちゃんとしているのです)
それを数回、経験したあとでは、
本物のチャネリングというものがわかってきて、
そうでないものがいかに「よくわからん」エネルギーを連れてくるかというのもわかってきます。
チャネリングという業は、それを行う施術者である人間のハート、肉体、マインドの器を鍛え上げ、エゴを手放し、完全に澄み切った状態にしておく必要があり、その鍛錬はまさに血のにじむような日々の積み重ねでしか出来上がってこない。残念ながら一般的な人間として生きている人にはチャネリングは出来ない、と言っても過言ではないくらい。
そういった真の意味でのプロフェッショナルのチャネラーを通してのみ、
触れ合うことのできるマスターたちのエネルギー、その愛の深さに、
ただただハートがぱかん、と開く瞬間。
それは、
文字通り「Gift」の時間。
神々からの贈り物な時間なのですね。


先日、久しぶりにその時間を味わいました。
施術者は、私の師匠的な方。
チャネリングした存在は、大魔術師マーリン。
「アーサー王の伝説」のあの方です。
未来を全て知っている預言者。


たかだか3分程度のチャネリングですが、
私は彼の棲む森の匂いを嗅ぎ、
泉の奥深くにくつろぎました。
なんというか、
自分自身のスピリットが昔から知っている場所だから。
馬に乗りたくなったり、
森に行きたくなったりする衝動の理由もそこにあるんだって、
初めて理解した。
石や風や木と会話することも、
私の周りで植物がぐんぐん育つ理由も、
変な洋服が好きな理由も、
アトランティスの最後に、マスタークリスタルたちと
海の底に沈んだ記憶をここ最近やたらと思いだしていたことも、
ぜんぶ、つながった。

「お前は、わしの娘みたいなもんじゃ。」

彼は私の未来に関すること、
とにかく私が、日々の生活に忙殺されて、
(なんせ私はやりたいことがたくさんあるし、
人間生活も大好きなもんで^^;)
うっかり違う道を、望んでない道を選ばないように、
根本的なことを伝えてくれました。
私の魂の起源、そして、
仲間の精霊たちが私の周りにたくさんいるってことも、
マーリンは知ってた。
(その時にたくさんの石たちの顔が浮かびました。
 ああ、彼らと一緒にやるべきことが私にはたくさんある!
 そんなのとうの昔から知ってたけど、現実問題じゅうぶんにはやれてない。
 その制限をかけていたのは自分自身だった)
チャネリングセッションで泣いたの人生二回目です。(一回目は仏陀)
マーリンはブッダとも仲良しだそうな。
聞かなかったけど、
私のマスターの一人でもある、
メルキゼデクとも仲いいのを、私は知ってるよ〜〜



とても個人的なことなので、残りは私のハートにとどめますが、
こうやって、ちょっとしたことで、
その人の人生をその人らしい方向へ
「Re-direct(再方向づけ)する」こと、
それが真のライトワークなんだと言うことも、
改めて実感し、
私もそこへまい進したいと、
さらに強く思いました。


今年は、森へ帰ろう。
妖精たちの棲む森へ。
場所は私のスピリットが案内してくれるだろう。



最後に、橋渡し役をしてくださったその師匠にも感謝。
愛の器の大きさ、あこがれまする。
私も精進します!
魔女っ子ミネちゃんとして生きないとネ!



未来の自分へ、愛をこめて。峰子。











mineko_ at 22:37|PermalinkComments(3)TrackBack(0)clip!

2009年01月30日

メルキゼデクのじっちゃんに会う

minekomini
どもども。峰子です。
「足をめぐる冒険」の前に、
今日どうしても書きたいことがあるので書いておきます。
・・・うーんと、じゃっかん(いや、かなり?)スットンキョウかもしれませんが、
これが私の体験したリアル・ワールドだったので、
まあいいや、書きます(笑)



今日はなかなかに素敵な日で、
「愛」についていろいろと思いをはせておりました。
そしたら、
その思いとはたぶん全っ然、まったく、
関係ないのだけれど、
その守られた非常に高度なエネルギーのなかで、
突然、
メルキゼデクのじっちゃんの声がきこえてきました。
・・ええと、「メルキゼデクのじっちゃんというのは、
私が、スピリチュアルな勉強を本気でやり始めた当初から、
節目節目に私の前(つっても目には見えない)に現われ、
おそらくは私のスピリット・ティーチャー兼ガイドとして担当してくれている存在で、
時々、私のかなり近くにまで来ていろいろ教えてくれるのですね
(つっても、じっちゃんは人気者らしく、あまり長居はしてくれない)。


まあ、、、、上の世界にいろいろあるマスターたちのオフィスの、
たぶん私の役割に関わる何らかのセクションにいるんではと
私は思ってるのですが、
私のケアをしてくれてることに間違いはない感じの、
そういう存在です。



最近そういえばじっちゃんとは、話してなかったので、
なんか嬉しくて、
「ああ、じっちゃん!久し振り!」
 (↑たぶんこの呼び方は失礼にあたっている^^;)
とニコニコな波動を送ったところ、
「おまえの準備が整ってきた。これを。」
つって、
挨拶も一切無しでじっちゃんがいろんなビジョンを次から次へと私に飛ばしてくるのです。
なんと、それは、

「石たちをつかった、恋愛成就のためのマジック(魔法)」

の、やり方でした。


情報をもらっているときはとても不思議な感じで、
なんというか、どばー!っと何らかのエネルギーが私のオーラのなかにダウンロードされていくのを、私の肉体、脳みそはそのままじゃチンプンカンプンなので、
理解できるように言葉になりそうなものをその中から拾い上げ、
大慌てで私はそれを実際にメモに書き起こしました。
そのあいだ、
じっちゃんが私に言いました。

「多くの存在たちの、人間としての地球人生を
 豊かにするそのサポートのために、
 わが愛する使い手よ、、
ストーンマジックの教師となるがよい
 これは手始めだ。この強力なマジックを、
 どのように他の者に伝えるべきかお前にはわかるだろう。
 マジックは強力であればあるほどシンプルになっていく。
 最後には意志しか残らぬ。
 マザーアースと自らのつながりをお前はもう知っておるな。
 そのパワーを使い、わけあたえ、
 石の力を愛する多くの使い手候補たちに、広めなさい。

 (つーか、とっとと勉強せえ!学ぶことはいっぱいあるのにチンタラやりすぎじゃ、ボケ!)」
  ↑波動的にはこの( )内の表現がほんとはイチバン近い
(><)(笑)


じっちゃんはそうしゃべっている間、
世田谷サロンで私が石のセミナーを開いているというビジョンを見せてくれました。
(そしてそれはとてもいいアースエナジーのバイブレーションで満たされていました。生徒さんたちもまっすぐで素敵なひとばかりだった
そんななか、書き上がったのは、
2種類の、石とシンボルを使った恋愛成就のための魔法でした。
そして、これは不思議で仕方無いんだけど、
私にダウンロードされたこの「魔法」は、
宇宙法則(ファーザースカイ)に基づき、
マザーアースの喜びと慈しみによってもたされたものであり

「ちゃんと実行したならば、効く。」ものであると、
私には明白にわかったのでした。



じっちゃんはそれ以外にも、
私の持っている石とのつながり、
私にしか使えない、
石のよりサイキックな使い方のための
ヒント的なレクチャーをいろいろと見せてくれたあと、
ひょいっと、姿を消したのでした。
これまでにもじっちゃんとは話をしてきたけれども、
これほどに具体的に、
そして何かを「授けられた」のは、
今日が、
ほんとうに今日が、
初めての体験だったのでした。




・・・・サンキュウ!じっちゃん!!!
今年はほんと、精進してみるね。
ワタクシ、重い腰をあげて、なんとかがんばってみるべよーー。
だから愛とともに、宇宙規模で見守っててね。
応援しててよ、愛してるネ!!!!




・・・・いやあ、実は最近、
石を本当に本当に効果的に「使う」には、
彼らの光のパワーを最大限に引き出す「ルール」的なものがあるはずだ、
そして私はそれを使いこなし、多くの人にシェアする修行もかねて「マコーチェイ」やってるはずだ、
ってことをずーっっと考えていたんですが、
今日、
ほんとうに大きな大きなヒントを、
もらった気がしています。
つっても私自身は肉体生活も駆使せなアカンわけで、
今日もらったものを己の内側で育てるための物理的な時間は
たぶん必要なんですが、
絶対に、カタチにしてみよう。
そう思った不思議な一日でした。



・‥…━━━☆・‥…━━━☆



いやーー。楽しかったなー。今日ー。
たぶんきっと、
私以外には全く、リアリティ無い話かもしれないんだけど、
こんなぶっ飛んだこと言ってる人も呼吸を許されて、生きていられる地球って、
フトコロ深いなーって(笑)
その程度、思ってもらえたら、幸せでっす!!
ひっさびさに連続で更新してみました。
最後まで読んでくださってありがとうです^^
愛をこめて、
峰子


「なんかワカランけどおもろい!」クリックも、
最後にもらえると、
調子に乗ってもっと書きます(笑)
↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓
精神世界 ランキング 人気ブログランキングへ



いつもほんとうに、ありがとうございます!




mineko_ at 02:29|PermalinkComments(4)TrackBack(0)clip!

2007年10月31日

地球総変容中!?4

巫音子です。
今朝、
歩いてて感じた言葉。


「変容は始まっています。
 忘れているかもしれないけれど、
 あなたはもう変容のなかにいるのです。
 そのことを喜びましょう。
 唯一の敵は、
 自分が停滞しているのでは?と、
 自分で勝手に思うことです。」



071031




だって。
特に、水星レトログレード中だし、
そういう感じすると思います。
私もすげー思います。
でも、たぶん、だいじょうぶ!
前向きに、
いきましょうね

精神世界 ランキング



mineko_ at 13:11|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!

2007年09月09日

結局、何を信じるのか、と。4

ども。巫音子です。
金曜から家を離れてるもんで、
地元でネットスポットを探すのに苦労したぜよ

070909



前回の由巫子ちゃん日記
ちょっと感慨深く読んじゃいました。
そうなのですよ、まさか二人でブログをやるなんて、
初めて会ったときには思いもしなかった
(そのころ“ブログ”自体無かったが(笑))。
おぼえてますよ〜、初対面の私を見たときに由巫子ちゃんが、
「こんなネーちゃんとは仕事じゃなきゃ話すことなんて無い。」
と感じたくらい“違う世界の人間”だと思われてたこととかね・・・(仲良くなってからそういう告白を私にしてくれたんでした^^)。
私にとっても、これまで仕事でぶつかってきた人の中でTOP3に入る勢い(!)で由巫子ちゃんとはぶつかりました。
傷つけただろうし、傷ついたこともあったかもしれない(喉元過ぎるとすぐ、忘れるタチだけどね(笑))。でもそれって今の私にいろんな経験値を届けてくれた。実はそのあとの仕事でいろんなクリエイターさんと話すときに、とても役立ったの。
そして、
このブログ一緒にやりたいなーって思った相手は由巫子ちゃんだったし、他にはいないと思ったのは、何か、わかんないけど“機が熟した”感もありました。
それは、すごくシンプルに言うと、
「相手に自分と全然違う良さがあることを認められるし、
 わくわくするし、尊敬できる。」

ってところだと勝手に思っています。
二人、性質的なとこでは、
水と油みたいに違う部分、あると思うのだけど、
だからこそ、二人が混じると美味しいドレッシングになれるんじゃないかなー?それを楽しめる段階には、なんとか辿りつけてるんでは?って感じなの、今。
それが楽しかったら続ければいいし、
違うなーって思えば、やめればいい。
それが仏教で言うところの「無明(むみょう)」ってことなんかな?なんて、思います。


いっこだけ反論しておくと(笑)、

>最近は「ああ、巫音子ちゃんはどんどん高い波動になっていってるのに、私ったら相変わらず天使の声とか聞こえる訳じゃ無いし、世俗の荒波に右往左往してるし、ああ、半年もブログ続けてるのに、進化してないんじゃ、、、」
と落ち込んだりもしました。


これは・・・落ち込まないでいいっす。由巫子ちゃんが進化してないってこともありえないから。
そして、進化なんてみんな似たり寄ったりだから!
コメントもいただいてたけどほんとその通りで、ドッコイドッコイだと思いまっせ〜(´∀`)つ
人の芝生は常に青く見えちゃう。
私だってものすごいあがいてる、瞬間瞬間に、なんで今自分をないがしろにしたんだろ、とか、もっとこんなふうにこの人を大切に考えられたら、とか、へこんだり、もういいや、って思ったり、それでも前に進もうぜ!って強引に顔を上げてみたりの繰り返しだけど、でも、この涅槃では、「あがいてるなりに分かってきたことは忘れないようにって意味も込めて書き残しておこう。」と思ってるんで、アドバイス的な書き方も時折してますが、とどのつまりは、

みんな、一緒ですから!!!(あー一息で書いてみた^^;)

天使の声だって、聞かなきゃいけないってことは無い。こういうこと書くと反論あるかもだけど、私含む多くの人が「天使からのメッセージ」だと思って受け取ってる「聞こえた言葉」のほとんどが「ただ近しい光の存在の声をチャネルしてるだけ」だってこと、あり得ますよ。ものすごい玉石混淆な世界・・・波動のこととか学べば学ぶほどそう思う。ただの人間と大天使なんて、波動のチューニングがあいっこ無いくらいに違うんだから、ラジオチューナーいじりながら「地デジってどう聞くんだっけ?」って言ってるようなもんなんだから(笑)、存在を感じることは可能でも、肉体によって波動が限定されてる窮屈なエネルギー場に高波動のコトバをおろすなんてね、本当に理解して行為に移せる人にとっては命懸けるほど自身の肉体を損傷しかねない荒業なんだよほんとは。でも、そういうことをいちいち言ったってキリがないし、ごくごく身近な光の存在が私らをサポートしようとしていろいろ言ってくれる(そしてその光の存在を通じて大天使レベルの存在がメッセージをおろしている場合はある)ことで気持ちが楽になるなら、使うにこしたことないし。でも、そいった「使うにこしたことはないかな」程度の距離感でいることが、ほんとはイチバン健全ですよ。だから、自分が必要だと思うメッセージに対しては、たまたま開いた本のコトバであれこの「涅槃」であれ見た映画の1コマであれ、

「ちゃんと拾える(気持ちの)準備」

さえ出来ていれば、別に自分が直で聞こえなくてもいいんです。絶対に届くから。スピリチュアルに生きるってそういうことだと思うし。むしろそのほうが「人間」であることに集中できて素晴らしいし、バランスだってほんとはいいんじゃないかなー?とかね、思うから。
・・・長々と書いちゃいました。そしてもはや由巫子ちゃんにというよりかは自分に向けて書いていますが(笑)前向きに受け取ってもらえると嬉しいです^^ともあれ9月は楽しもう!(笑)そして、こやって一緒にブログができているこのことを、こんなエッチラオッチラな私らの日記を読むために、いろんな人がその人の時間をちょっぴり使ってくれていることを、私は宇宙のあらゆる存在に向かって「し、し、幸せだぁーーー!!!って、叫びます。
Let's Radiate JOY from here!!!!!
(ヨロコビという光を放射しよう!)



最後に。
涅槃なんで、ブッダの言われたとされる言葉を以下、引用してみますね。
ちょうど私がこの本をひも解いていたということにも
何らかの意味があるんだと思うので。


「ただ言われていることだからといって、それだけで物事を信じてはならない。昔から伝えられてきたからといってそれだけで伝統を信じてはならない。また噂がそうだからといってそれを信じてはならない。聖者が書いたからといってその著作を信じてはならない。天(デーヴァ)に霊感を与えられたと思い込んで(つまり霊的インスピレーションだと思い込んで)空想の類を信じてはならない。自分が勝手につくったいいかげんな仮定から結論を引き出してもならない。また、相似の法則からみて必然だからといってそれを信じてはならない。自分の教師や師匠の権威に基づいて物事を信じてもならない。自分自身の理性と意識とによって確証されてはじめて、著作や教義や言葉を信じるべきである。」
「従って」仏陀は結論を言われた。「私が教えたのは、ただ聞いただけで信じてはならないこと、そして自分の心から信じられたなら、その信念に従って一所懸命に行動せよ、よいうことである。」

(『シークレット・ドクトリン』第三巻、401ページ/H・P・ブラヴァツキー著の引用を『イニシエーション』アリス・A・ベイリー著より引用)



むずかしーーーーーけど、
別にコレ仏陀がほんとに言った言葉じゃない可能性もあるって思うけど、
イイコト言ってんじゃん?(*・ω・)ノと私は思いましたの。
自分の心をまず信じてあげないと、
何吸収したってほんと、遠回りだよ・・・。
この9月はそれが如実にいろんなとこで出てくることでしょう。



そうそう、9月11日は、日食でもあります。
以前にも書きましたが、日食は、「明らかにされる日」。
なので自分が本当に欲しいものを「明らかにする⇒決める」ためにも、この日は宇宙エネルギーをフル活用できるので、使ってみてくださいね。
この日の日記のおしまいに、詳しい説明書いたんで読んでみてくださいな^^)
私はそんなわけで、行きたかったあるところに詣でて来ます!
なんでワタシの次の更新は12日を予定です^^
それまでは由巫子ちゃんの更新(があれば)や、過去ログ(けっこういろんなこと書いてきてる気がします・・・)なんぞ、見てもらえると、嬉しいでっす


こんな涅槃シスタズですが^^;クリックもらえたら、とても、幸せです^^⇒精神世界 ランキング


mineko_ at 14:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2007年04月19日

レディナダ、それは「無条件の愛」。5

petitgreens



どうも。巫音子@私も植物大好きちゃん!です。
由巫子ちゃんのぐるりんクローバーくんは、

「(今の変容)大丈夫だよ、安心して。」

ってことを伝えたんではないかしら?
植物って、気持ちが・・・つながると思うのですね。
私は家も職場も気づけばプチ・ジャングルにしてしまうくらい(笑)
周りに緑を置きますが、
私の具合が悪くなってくると、先に教えてくれたりします
一度、超ハードな海外出張に一人で10日行くはめになり、
ものすごく気持ちをすり減らして日本戻ってきて、
「何とか帰って来れた・・」って思って家のソファに座りこんだ
途端に、
2mくらいに伸びてた観葉植物の葉っぱが途中から
「がこーん」って折れてきて、
葉っぱの先で私の頭、撫でられた
ことがあります。
まあ、ただの偶然かもしれないけれど、その時は、
ちょっとした愛情も胸に染み込んじゃうくらい
心がカラカラだったので
私が帰ってくるまで枯れないで待っててくれた&
ここで休まないと私ダメになる、ってこと身を挺して教えてくれたんだー(´;ω;`)
ってちょっと泣きそうになったですよ。

緑は、ほんと素晴らしい。

ハートチャクラの、色だしね


twinpink




さて、レディナダ、続きです。
彼女との二回目のコンタクトは(1回目はコチラ)、
朝、早く目が覚めて、
ふとんの中でいろいろ考え事をしているときでした。
ある人に対し、
会いたいなぁ、
気持ちがつながるならなんですぐに会えないんだろう、
ほんとはそれってつらいことじゃないのかな、
でも、会えなくても、
あの人が誰よりも幸せだったら私はそれでいいや。
でもそれって私の幸せにもなるのかな?

なんて、まあ、
ようは考えがぐるぐる回ってたのです。
そしたら、
気づけばレディナダがそばにいました。
彼女はそのとき、
何かを話しかけるというわけでもなく、
ただ、じっと私のそばにたたずみました。
私は、テレパシーなのかなにかわからないけど、
彼女の見ている世界に自分の魂が引き寄せられるように、
一緒に寄り添って、彼女の魂の歴史を見ました。

それは、
マグダラのマリアの目線でした。
彼女は、すこし離れたところから、
人に囲まれているジョシュア(イエス)の背中をじっと見守っていたのでした。
感覚的に不思議なんだけど、
マリアとシンクロしてる状態で私もそれを見てるので、
彼女のそのときの気持ちを、
あたかも自分自身が体験してるかのように
感じてしまったわけです。


・・・そんな彼女の心は、
ものすごく大きい愛情に満ち満ちていたのだけれど、
恋に揺らぐ、ごく普通の女の子のように、
あふれそうな不安と戦っていました。

それは、
彼との魂的なツナガリにも気づいたと自分では確信もしていて、
彼が自分の生きていく理由だと信じてもいて、
ジョシュアを愛し、
彼を大切にすると心に決めているのだけれど、
願わくば独り占めしてしまいたいというエゴと、
他者への究極の奉仕と次元上昇が彼の使命とはいえ、
じゃあ何故二人が愛の名において世界に手を広げるようにして添い遂げられないのか、という悲しみ
(マリアはイエスの結末を知っていたようです)
自分が信じているツナガリは、くもの糸よりも実は脆く、
これだけいろいろな「一緒にいる理由」を見せられていても、
ふとした何かでそんな思い込みは霧消するのでは、
という怖れ
完全には消えていってくれない、
静かな痛みを抱えていました。

(・・・なんだ。マリアだって、ふつうの、
 悩める一人の女の子じゃないか・・・


不思議な親近感と、彼女のせっぱつまった気持ちにおされて、
私の両目からは涙がボロボロこぼれて、
こめかみを伝い落ちていきました。
すると、ピンク色の穏やかな気配が、
慈愛にみちた、でもとても静かな音色で言葉を、奏でました。


「あの時代に、あの人を愛したということは、
 とてつもなく幸せであったと共に、
 最大の学びを私にもたらしました。
 今ではマスターと呼ばれている私でさえ、
 肉体とともに生きていたときには、
 襲いかかる不安をぬぐいさるということは
 きつく、果てしなくつらい試練だったのです。
 でも、その苦しみがあるからこそ、人は学びます。
 そして感情の触れ幅を肉体がおぼえることで、
 細胞の一つ一つにまで
 無上の喜びをいきわたらせることが出来るように
 なります。
 人を愛するというほんとうの意味は、
 つまりは、そういうことなのです。
 そしてそれには、
 彼を愛するあなたが、
 誰よりも幸せでなければいけません。
 すべての、愛に生きる人たちに伝えてください。
 誰かを心の底から愛し、
 大切にしたいと思ったならば、
 まずはあなた自身を、あなたがいちばんに、愛しなさい。
 自らの心の底からわきおこる感情を無視したり、
 あざむくことは今すぐにやめなさい。
 あなたが本当にしたいと思っていること、
 そうやって行動に移していることを、
 愛する人も同じように感じ取って、動くのです。
 その、魂の合わせ鏡の仕組み
 理解していただきたいのです。
 愛することの怖れを持ち続けた経験が私にもあるからこそ、
 私はあなたの悲しみを、深く抱きしめることができます。
 けして、諦めてはいけません。
 それこそ無上の愛への入り口だと抱きしめ返しなさい。
 私は今あなたに、心の底から「大丈夫です」とだけ、
 お伝えしておきます。
 まず、あなたが、あなた自身のことをしっかりと愛しなさい。
 そして、
 同じく自分自身を愛している人を、愛しなさい。
 サポートしなさい。
 ほんとうに愛し合うとはそういうことです。
 無条件の愛への近道は、
 この両方のどちらも欠くことなく行うことなのです。」




・・・・・・。
これが皆さんにどういう風に届くのかは、
みなさんの守護天使に、お任せします。
えーーー。
まあ、そんなわけで(どんなわけだ(笑))、
私は朝からすがすがしい涙をいっぱい流して、
一応泣き顔はメイクでごまかし(笑)会社に行きました。


肉体ってなんか大変だけど、
愛おしいものでもあるし、
肉体があるからこそ、
いろんな感情をより深く味わえるのかな・・・
だったらもっと、
大事に乗りこなしていけたらいいなー
なんて
思ってみたり。
生きるって、深いにょー


今日はちょっと切ないですかね・・・でも前向きな1クリック、お願いしますっすいっこずつ、明日につなげて行きたいですもんね精神世界 ランキング







mineko_ at 23:55|PermalinkComments(11)TrackBack(0)clip!

2007年04月16日

レディナダからのメッセージ◆.譽妊ナダって誰?5

どうも。巫音子@マスターに感謝・・・、です。
レディナダ、続きです。
写真は気持ちのこもった我が家のピンクちゃん、です。


mypalepink




レディナダ、そういえば、
言葉としては知っていたのですね。
オーラソーマという、
イギリス発祥のカラーセラピーの中のボトルで、
マスターボトルと呼ばれてる(要は重要な、ってことでしょうか)
なかにそんな名前あったよな・・・と。
ココとかで無料ボトル占いが出来ます。
で、改めて調べてみたら、
レディナダ、というボトル、ありました。
ひょえー、私感じてたのこういうピンク!! (・◇・)
そしてクイントエッセンス、にもあった・・・。
(恋する女子にはメーキャップアーティストのTAKAKO嬢のこのページの方がわかりやすいかも!)


レディナダの、私の印象を正確に言うと、
もすこし濃いピンクと、紫もちょこっと周辺に混じってました。
興味深いのは、ボトル紹介ページにある、
アファメーション「私はありのままの私を愛します。なんてのも、
もうそのまんま一字一句たがわずmy信条
みたいな言葉だったので、
符号?っていうんでしょうか、なんか繋がってて、
びっくりです。

(※アファメーション/affirmation、ってのは自己宣言、
 とか肯定的な断言、誓言、とか訳せますが、
 ポジティブな言葉を日々唱えることで、
 自分自身をそのように変革していける
 とても便利なツールだと個人的に解釈しています。)

で、
レディナダってのはじゃあ、結局ボトルの名前なのかー? と、
思ったんですが、
違いました。
やはり彼女は、アセンデッドマスター(人の経験を積んた末にアセンションしちゃった魂)でした。
日本語のページが少なく、海外のほうが圧倒的に情報あったので英語のページ混じってますが、
参考にしたのは以下のサイトです。

ジョシュア・デヴィッド・ストーン博士のHP(日本語訳)

Lady Master Nada, Chohan of the Sixth Ray(英語)

innerlightworkers.co.uk(英語)

Lady Nada On Mary Magdalene(英語)

Goddeswithin.co.uk(英語)


私なりに上記サイトの内容を要約してみると・・・
Lady Nadaは、
Lord Sananda(サーナンダ。イエス・キリストの魂であると言われています)とツイン・フレーム(ツインソウルとも表現されます。魂がもともと1つだった存在のこと。フレーム、とはflame“炎”で、海外ではtwin soulよりtwin flameと表記することが多いみたい)である、そうで、
ナダは、サーナンダと幾多の転生を共に地球で過ごし、
その後次元上昇(アセンション)してアセンデッド・マスターとなった
そうです。

・・話の規模がでかすぎますね(;´Д`)
さすがアセンデッドマスターだよ!(笑)
そんなわけでナダは
「キリストとツインフレームの女神ってことで有名だそうで・・・いやはや、知りませんでした。
知らないだけにビックリしました。
だから彼女は、「あなたの片割れの魂と」って私に語りかけたの??という。
ツインソウル担当女神なのかっ??(笑)
そして、
イエス・キリストといえば、
マグダラのマリアとツインソウルだった、ということがよく言われてるのですが、
イエスがサーナンダと呼ばれたときにナダって呼ばれてた人が、
イエスと生きてた時にはマグダラのマリアと呼ばれてる、

ってことなんでしょうね・・・・。
(厳密に言うと違うという説もあるようですが、
 マグダラのマリアは娼婦であり、キリストのアセンションを
 助けた存在では無かった、と主張したい偽りの宗教史が
 欧米ではあまりにも長く続いたから、
 そこについての掘り下げがいまだ深くはされていないのでしょう・・・)
 


とにもかくにも、
私にとってはひたすらビックリでした。
と、いうのも、
個人的にいろんな理由が重なって、
基本はチベット密教好きのくせに(笑)
ツインソウルのこと、
キリストとマグダラのマリアのこととか気になっていた矢先で、
まさに「マグダラの書」なんて本とも出会い、
読み解いてたところだったりで、
だから、レディナダだったのか、という嬉しい気持ちと、
レディナダに関する知識はほぼ無い中で彼女の名前を聞いたということは、
このメッセージはレディナダから来たのだと
信じざるを得ない

そんな変な説得力に、
ドキドキしたのでありました。 (*´∀`*)



・・・そして。
今朝
アラームより早くに目が覚めたのですね。
すると
レディナダが私のそばにまた来てくれたのを感じました。
そのあいだ、ウチのドラゴン(地道に復活中。笑)が羽根を広げて私の周囲を守ってくれているようでした。

それは明日にまた書きますね。

なんだか更によくワカンナイ展開になってますが(;´Д`)
それでも読んでくれたら嬉しいです!⇒精神世界 ランキング

次元を超えるアセンション・クリック、お願いします


余談ですが
ツインソウルとソウルメイトの違いってーのは、
ココとか、
ココとか、
特にこの本
がものすごく分かりやすい、ですよん






mineko_ at 12:05|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2007年04月14日

レディナダからのメッセージ5

minekomini

どうも。巫音子@ピンクの光に縁がある!?です。




昨日、ある大切な人への遠隔ヒーリングを終えて、
なんだかとても気分が良かった(ヒーリングをすると、
してるほうもそのポジティブなエネルギーの循環をもらって
元気になるのですね)ので、そのまま瞑想をしていると、
「レディナダ」
という言葉が脳みその中にこだましてしまって、
訳わかんなかったのですが、
あたりが柔らかいピンク色に包まれて・・・

とにかくそれが、気持ちが良くて
とても愛にあふれたバイブレーションだったので、

そのまま瞑想に入ってみたら、
以下のメッセージが、
降りてきました・・・



川のほとりであなたの片割れの魂と交わした、
あの約束を思い出しなさい。
人は、頭を上流とする川のようなものであると
あなたは知っていますね。
その、あなたの魂の性質を、しっかりと思い出しなさい。
そう・・・あなたは清らかな水をたたえた井戸のように
芳醇な水で旅人を癒すのです。
それはけして枯れることのない井戸であると
忘れないように生きなさい。

変容は、人それぞれです。なぜなら、
その人の個性にいちばんふさわしい形で
光の存在がサポートするからです。
時間のかかり方も、個々、さまざまであることを
あなた自身、率先して受け入れるようにするといいでしょう。
変容は、始まっている時点でもうすでに「変容」です。
何らかの区切りや終焉を待つ必要が、
いったいどこにあるのでしょう?
宇宙じゅうの皆が、愛と共に、見守っています。大丈夫です。
迷うときはあなたの魂にまかせなさい。
そして私を呼んでください。
私は、あなたの苦悩を知っています。
探している答えはつねに、
あなたのなかから見出されることでしょう。




・・・この言葉をもらって、
私は、実はとても幸せな気持ちになりました。
そして、またちょこっとだけ、
過去生が見えました。
私の魂はどうやら、
自分の過去生から学ぶ、という計画を今生で立てているかのようです(;´Д`)

しかし、

・・・レディ・ナダ。
Lady Nadaなんだよねー、きっと。
なんなんでしょう・・・
うーん、これは俗にいう「チャネリング」なのかしらん??
ミカエルやセラフィムといった天使たちに引き続き、
私の辞書には全く載ってなかった存在の登場なんですが、
彼女(明らかに女神だと思いました)はものすごく
微細な光にあふれた存在で、
その気配はピンク、とにかく超柔らかなピンク!!
私はあらゆるピンクを自分の周辺に感じながら
彼女の言葉を聞いていました。
・・・どうやら、
まったく新しい
(おそらくはアセンデッドマスターだと思われる)存在からのアクセスを
もらったようです。
そしてこの言葉は、
このタイミングで涅槃にアップしたほうがいいようなので
アップします!
さて、
レディ・ナダ、って、・・・・誰?
私にも調べる時間をください!
続きが気になる方・・・よかったらポチっと、
ワンクリック、お願いしますです♪⇒精神世界 ランキング





mineko_ at 02:57|PermalinkComments(4)TrackBack(0)clip!

2007年03月27日

セラフィムとクンダリーニの上昇? そして、、ウリエルへ。5

巫音子@ベースチャクラがあったかい、です。

由巫ちゃん東京行脚おつかれやまでした(´▽`)。
“どの場所も地球の上なり。”って、イイなあ。その通りだなあ。
私はDown to Earthという言葉が好きです。
「地に足のついた」という意味なんですが、
イメージ的にはなんか、
地球にひざまずいてお祈りしてる感じがしませんか?

ie-sakura



写真は我が家のベランダ@今朝、です。
ウチからの景色が楽しいの、一年でこの1週間くらいですが
幸せ〜〜(*^o^*)南ー無ーー(古いね



さて。



セラフィムとの合宿話
今、書ける範囲のことをここで書きます。
実は、自分の中でずーっと迷っていました。
なんでかよくわかんないけどイキナリ天使と会って、
そのとき私はその存在を、

「ミカエル、ガブリエル、ラファエル、セラフィム

だと認識したけれど、
その4体である意味がわからない。
心に引っかかっていました。
いろんな方のブログにミカエルやガブリエルは登場してるようなんですが、
セラフィムって見当たらないし、、、それも何で?って思ったり。

こうやって文章にする際にも、気になるし天使のこと調べますよね。
すると天使には『大天使』という階級があり、それは
「ミカエル、ガブリエル、ラファエル、ウリエル
だ、って言うじゃないですか。

(私・・・なんで、セラフィムなんだ?
 ちゅーかバランス悪くない??
 何でウリエルじゃなかったんだろう?)

巫音子持ち前の「考えすぎドットコム」精神の発揮です(笑)
最近ずーーーーっと、スッキリしなかったのです。
そしたら、昨日たまたま手にした本を、

「読破する時間が無いので私に必要なページから読みます。教えてください。」

って、えいっ、とめくって読み始めたページから最後までの部分に、

 ,笋辰僂螢札薀侫ムである必要が私には、あったんだ。
 ▲Ε螢┘襪らのメッセージ


が、ありました。
「積ん読(どく)」してた数十冊から何故、この本を選んだのか、
なんで「適当なページから読もう」と決めたのか、
なんで「選ばれたページが今の私にドンピシャな情報だった」のか、
なんでその本を初めて読んだのが昨日だったか、
そしてなんで今日、セラフィムの話を書くのか、
ものすごーーく不思議なんですが、
これでやっと自分的には、腑に落ちました。迷いが消えた。
ありがたいです・・・やっぱり、導かれてるのかもしれません。
ちょっと謙虚な気持ちにもなりました。
由巫子ちゃんが前に

 >メッセージっていうのは、1日に何度も何度も来るよね。
 >小学校の復習ドリルみたいな仕組み。

って書いてたことも思い出します。




では、書きます。でもまずサイショに、
必要な人にこの言葉が必要なタイミングで届くことを祈り、
また、
私の日常はこの時間を経ても何ら変わらず守られ続けるであろうことを
前もって、あらゆる守護天使に、祈ります。
(お届けした祈りのとおりに、今、私は動いていると信じます。
Tunkasila, Pilamaya. Amen.)




セラフィム合宿で、
私に起こったことというのは、
これからの私についての、ある、明確な方向性の指示と、
おそらくはそれを全うしていくために必要な
受け皿である肉体の変容、
がテーマのようでした。
由巫子ちゃんとのやり取りを終え、
ぶっ倒れて見た夢の中には、
麦藁帽子?みたいなツバの広くない帽子を目深にかぶった髭のおじいさんが登場し、
私はもう一人誰か知らない女性と一緒に、
その話を聞きました。
そして目が覚めると、
部屋の中はセラフィムの気配でいっぱいで
私が部屋で焚いたことのない、とてもいい香りが満ちていました
私は両の背中(ちょうど肩甲骨の動くところらへん)と、
みぞおち(ハートチャクラのあたり)と、
眉間(サードアイ)が痛くて、
自分がどうなるのかわからない混乱と恐怖におちいったのですが
誰かに助けを求めようと思ってもケイタイを探す、ということにも思考がたどり着かず、そのうちに、
背中の痛みが脊髄のほうにぎゅーーっと、寄ってきて、
なんというか背中が真ん中から真っ二つに裂けそうな錯覚に襲われました。
でも、
それと同時に恐怖が不思議と少なくなっていき
強くて熱い光が、尾骨から背筋へと、らせん状にじわりじわりと、上っていくのを感じました。
種類の異なる?二つの光が背中の中心にからみつきます。

「やばい、突き抜けると危険だ!」

と思ったときにセラフィムの動きを感じ、
光の螺旋は、
ちょうどサードアイの裏っかわで、
二つの光がクロスする直前の状態で固定されました。
そしたら、
自分の眉間がひし形にゆっくりと裂けはじめた気がして
そこからブルーの光が、周りに大きく散らばったのを感じたのです。
実はそのとき、ものすごい多幸感に包まれて、
このままちょっと死んじゃってもいいか?なんて思いかけたんですが、
するとサードアイの裏にいる光が二匹のヘビのように舌をきゅるきゅる出し見つめ合った気がして
自身の意識が今の次元へと明確に引き戻されました。
同時に、
その間じゅうしゃべり続けていたセラフィムの言葉が、終わりました
私はまたしっかりと眠りに落ち、
目覚めたら、
ラファエルの気配がありましたが、
セラフィムと共に、背中と胸の痛みは消え、
眉間だけが「裂けたっぽい余韻」でジンジンしていました。
これまでにないほど、
ハートチャクラががっしり安定していることも不思議でした。
そして私の変容合宿は終わりました。
どうやら上手くいったようでした。

なぜなら

部屋においてあった水晶たちの表情が一様に変化していて、

あるものは深みを増し、
またあるものは内側に何年も見えていた水上の油みたいなレインボウを消し
その奥に広がっていた、氷河の澄み切った世界のような光を見せてくれ、
あるものは無かったデザインを新しく表面に刻み(三角形ね。クリスタルヒーラーがレコードキーパー、と呼んでいるあの形です)、

私が感じていた何かを、少なくとも石は、感じていたのか・・・

と、思わざるを得ないほど明確な変化を見せていたからです。



・・・・・・こうやって文章に書いてみると
「おもいっきりファンタジー(゚゚)」ですね・・・・・・
なんちゅーか、仮面ライダーに変身する人の気持ちが、わかりました(笑)
仮面ライダーに変身する気持ちを理解する瞬間が私の人生にくるなんてことを、
考えたことすら、無かったですが。





変容が明けて、
そういうとこは変わらず「知りたがりドットコム」な巫音子ちゃんなので(笑)、
これまでセラフィムなんてろくに知らなかったし調べてみたら、

セラフィムは『燃えさかる蛇』という
ヘブライ語源を持つ最高位の天使


という表記に、
ものすごーーーく、納得しました。ほんと、蛇っぽかった・・・
後に、とある人に、
私の経験は「クンダリーニの上昇」であり、
「一度経験しちゃうと二度ともとには戻れない。」
とも言われました。
自分が今現在、しっかりとコレを操れているわけではないと思うので、
いろんな意味での師匠を今後も必要としていることも知っているのですが
これには意味があり、
明るい光のほうへ向かっていることに間違いは無さそうなので。
時折まだ混乱もするし足もすくみますが、
なんとか・・・なるのかなー(;´Д`)、なんて、
今はただただそう祈るばかりです・・・・。



えーーーと。
今回は、本当に、
最後まで読んで下さってありがとうございました。
一人で抱え込むには・・・衝撃が、重かったの。ほんとに。
言葉に出来る場所があるという現実や、
変わらず接してくれる(だろう)皆さんに感謝します。
(だって別にそれで私の日常が変わったわけではないし、変える気もないですしね(´-`))



その本のこと、ラファエルやウリエルのことは、
次回にまた書きますね。
皆さんに愛をこめて、天使と共に
よくぞ書いた!と思っていただけたらクリックを^^⇒精神世界 ランキング

コチラの天使辞典も、参考にさせていただきました
私が感じた天使たちがそのまま説明されてるみたいで、びっくりです。
↓は空に浮かんでた天使の羽根、です。見えるかな?


angelwing

mineko_ at 15:32|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!
    follow me on Twitter
    峰子最新情報↓↓↓クリック^^
    地球にクリック♪
    Moon Calender
    CURRENT MOON
    IMAGINE PEACE

    あああ