パワースポット

2012年01月23日

伊勢神宮にひさびさ帰る。

どもです。みねこです
今日は、新月ですね。
月暦的には、今日から、「お正月」
となりますですよ。
これからの1年、いろいろ始めたい!と思っているかた、
ぜひ、今日、そのことたちにいろいろと思いをはせてみるとイイですよ



で、わたくしはですね、
昨年やり残したことがないように、と、
突如、思い立って、
久しぶりの伊勢神宮へとお参りしてきました。
(初めて行った時の伊勢神宮話はコチラ
自分なりに、かなり禊ぎな恰好で(笑)(それはナイショ)


isejingu



内宮、外宮だけでなく、
今回は、遠出して、遥宮(とおのみや)めぐりもしてきたのですが、
瀧原宮(たきはらのみや)
とてもすがすがしい、
静かな光に満ちた場所でした。
雨にあらわれながら、
心を洗い清め、
チャージもさせてもらって、
帰ってきました


今度、お伊勢に行かれる方、おすすめです


えへへ
ちょっとずつでも、更新しようっと!
良ければ、クリック&クリックで、応援していただけると嬉しいです
↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓
精神世界 ランキング 人気ブログランキングへ

いつも本当に、ありがとうございます

mineko_ at 21:40|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!

2007年11月28日

本気でセドナに行きたい方のためのぽちっと小耳情報。4

どもども。巫音子です。
気づけば11回、ちゅう、
天使的にもゾロメがぐっとくる回数で終わった旅行記、
いかがでしたでしょうか?
楽しんでもらえたら、何か感じてもらえたら、幸いです。
スピリチュアル・ジャーニー、自分探しの旅、ビジョン・クエスト、呼び方はなんでもいいですが、

「旅に、出なければ。」

と前向きに思ったときが「その時」だと私は思います。
そういうときは、守護天使やらご先祖さまやらが「行ったら?」と背中押してくれてたりするのですよ〜


071128sedona01




ええと、セドナに行ってみたい!!方のため、
ちょこっと、今日は旅の情報まで。。。。
私は5月中旬に行きました。ツアーとか興味ナシ子さんなんで手配は全部自分でしました。
気候は、その頃だと、暑いけど、「死ぬ〜(><)」ほどでもないので、朝早くスピリチュアルスポット回って、午後からホテルのプールでのんびりしたりとかするにはちょうどいい気候でした。もちろん陽射しはきついので日射病対策はマストです。やっぱり、夏、どまんなか!はかなり暑いよ〜(><)という話も聞きました。

最寄空港であるフェニックス空港に、夜についてレンタカーし、空港そばのDAYSINN(宿泊50ドルだけどめっけもん!良かったですよ)で一眠りしたあと、翌朝6時にセドナへと出発。
セドナ内でもボルテックスはおのおの離れているので、車が無いと、たぶん、厳しいです。ロスorベガスからも、車で行けなくは無いですが、・・・6時間とかかかります。遠いっす^^;

ゴハンはね、セドナ中心部にちょこちょこ手ごろなレストランがあるので全く苦労しませんでした。土地柄かな?メキシカンとか美味しかったです。
あとは、「New Frontiers」というオーガニック・デリ(スーパー)が中心部から車でちょっと行ったところにあるのですが、そこをフル活用!!!!!サラダは美味しいし、なんたって全部オーガニックだし、ちょっとしたお土産なんかもそこで一揃いできちゃいます。バスソルトとかもたくさん買った気が。今書いててまた行きたいくらいだ(笑)大好きなGoddess(女神!)ドレッシング買いたい・・・(注:このドレッシングはアメリカのオーガニックストアならどこでも確か買えます)

私は、アメリカをふらついていた旅の都合上2泊3日で行きましたが、これはハッキリ言って超過密スケジュールかもしれません。何の予定も立ててなかったのに、今思うと、信じられない^^;
満喫するには4泊くらいをオススメします。そしたら、マッサージ受けたり、トレッキングもルートがいろいろあるので、じっくり楽しめると思います。
ヴォルテックスは旅行記で訪れた4つが最強だといわれておりますが、現地で聞いてみると他にもいろいろあるようです。でも個人的にはベルロックとカセドラルロックが必須かと思われます。


そして、スエットロッジですが、
当時何度ググってもホントに!出てきてくれなかった、ラコタ族メディスンマンのバーノン・フォスターさん情報、今、普通〜にGoogleトップにでます、あ〜あ、アレはなんだったんだ!(笑)

Atlas America(アトラスアメリカ)

私がカセドラルロックの頂上で出会ったのは、こちらのスタッフさんでした(お客さんの登山ガイドとして登ってらしたそうです)。このページみていただくと、バーノンさんの正装写真がありますよ!スエットロッジの際の注意事項もここに詳しく書いてあります。
そうそう、奥さんのリタさんがつくってくれた食事もすごく美味しかったのです。また機会があったら必ず再会したひ。。。。



・・・なーんてこと書きながら、ここ最近もまたいろんなことがある(!?)、我らネハンシスターズです。
願うと現実化する速度も驚くくらい速まってますね。
ちゅうわけで由巫子ちゃんも次回より復活でーす。.。゚+.(・∀・)゚+.゚
引き続き、よろしくでございます。最後にポチっと、クリックちゃんよろしくでっす精神世界 ランキング






mineko_ at 21:55|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2007年10月29日

八幡様に導かれ・・・5

どうも。巫音子です。
由巫子ちゃん、先日は遠隔ヒーリングの実験台ありがとう。
いろんな兆しが始まること祈ってます


ええっと最近、仕事でオフィス移転(ちゅうか建立?)真っ最中だったりで、
しかも、ご存知の方もいると思いますが、
水星レトログレードも真っ最中(〜11/2)。
どうも更新ペースがあがらないのね。
コメントの返信も、遅れております・・・
まあ、こういう時期もあります。
でも水面下ではいろいろと、進化しておりますよ


usainautumn




さてさて、
氏神さま(正式にはうぶすなさま、かな)に、お参りしておられますか〜?
私は、
あるきっかけと、
オラクルさん(久々の登場!)に教えていただいたのもあり、
「何かがうまくいったときの御礼に
お参りするように、しています。
そもそものきっかけは、
ここ最近もレットゴーしてましたが^^;つらい時期、の頃、
伊勢神宮(月読宮)でもらった
「光を届けていきなさい。というメッセージが
「自分には大きいよ!てか何すればいいねん!」とか思ってウジウジしてたんですが
(そん時もらったメッセージはココ
そしたらなんかね、すごく悲しい気持ちになって、
家のそばの氏神さまに夜中、
パジャマのまんま泣きながらお参りした、っちゅう
なんともキワドイ過去があります(笑)
でも、なんかねー、そのとき、
ちっちゃな鳥居しかない狭いお宮だったんだけど、
あたたかくて、そう思ったら急に落ちついてきて、
ケロリとして戻ってきたんですよね。
もちろん、夜中のお参りは、本来は難易度高いので断固としてオススメしません(笑)が、
家とか引越してきたら、近所にご挨拶回りするでしょ?
昔だったら、たまには近況報告もね、あったはずで。
その延長線上に、氏神さんへのご挨拶も、
という感じなのです。



なーーんてことを言ってるのはデスね、
オフィス移転で、移転初日に、
氏神様に行こう!って場所、調べたら、
それは八幡神社でして、
でもって、そこの案内板にハッキリ、
「○○年に宇佐神宮を勧請して創建・・・」と、
書かれていたのですね。

宇佐神宮。
うさ・じんぐう。

かの江原さんも取り上げないせいか(笑)ココ最近の神社ブームに関わらず、全く人気があがってないようですが、(;´Д`)
知る人ぞ知る、八幡系の総本山です。
行くとわかるけどね。すごいよ。パワーが強くて泣いちゃうよー(笑)
なんつったって、
あの伊勢神宮を建てるときに天皇がお伺いを立てに行ったっちゅう、
由緒ありすぎ!!なお宮なのです。
そして、私の、
この数年のスピリチュアルな変化は、
「どこか旅したい!何故かお宮に行きたい!今いる私の道はなんだかわからんけど、間違ってる気がする!変わるキッカケがほしい!」と思った2005年11月、
水晶のペンデュラムを日本地図にかざして唯一、ぐらんぐらんと右回り(YES!という意味)に揺れまくった「宇佐神宮」にお参りしにいったときから始まったのでした
(ソン時の写真が↑)。
そしたら、
新オフィスの氏神様にも「宇佐神宮」って書いてあって、
ビックリしたのです。
八幡神社って日本に星の数くらいあるけど、宇佐から云々・・・って明記してるの、これまであまり見てこなかった。
結局、八幡様のお膝元にたどり着いて、
しかもやっぱり宇佐神宮で、
自分は新たなるスタートを切るのか・・・
ってね。
ありがたいなぁ。
お導き、いただいてるなぁ。
って、
感動しました。
すごいよ。日本。
ほんとにありがとう!!!!! (´▽`)


ちなみに、主祭神は、
 応神天皇(八幡大菩薩・品陀和気命ほむだわけのみこと)
 比売大神(ひめのおおかみ)−−−神道に関連
 神功皇后(大帯姫命おおたらしひめのみこと)
です。
応神天皇は、外国である百済から新しい文学とか文化を積極的に取り寄せたハイカラな天皇。そのお母さん、神功皇后も、男まさりの文武両道、国際派、そして人間的にも素敵な人だったそうで。
どうにも惹かれるなぁ、あこがれるなぁ、神功皇后、カッコイイにゃあ・・・なーんて思ってたら、この春に母に「行こう」と言われ、龍神だしーなんて思いながらお参りしてきた大阪の住吉大社でも主祭神なんだって!!ビンゴボンゴ!(神様なのにこんなノリ^^;笑)
これは私の直感なんだけど、彼女、
ある意味「巫女」の総本山(言い方へんだけど(笑))ではないかと踏んでおりまする。
というのも、
初めて宇佐に参ったとき、
帰り道を、鳥居出るまでずーっと私の後をついてくる、枯葉を踏む足音がしたのですが(もちろん人の気配は皆無。でも悪い存在ではなかった。悪いものが憑かないよう、お見送りしてもらったように感じた)、
そん時に、
 あれー?宇佐って、昔、巫女を志した人たちが
 長旅の果てにそのココロザシを神に言上げ(ことあげ)しに
 参ったところではなかろうか?

そーんな感覚がフラッシュバックしたので。。。
うーん、私の神社道は、
神様に操られてるとしか思えませんわ(苦笑)


usa_yasaka



(↑、何か感じますか。これは宇佐神宮が今の場所に移転する前に元々あった場所といわれているそうです)


紅葉始まるし・・・神社のもみじって、綺麗ですよね。
そろそろ、お参りにはイイ季節だなー、なんて、
ちょっと浮き足立つ巫音子でした。
「何でそこでそうつながるのだ!?」と驚いたお宮話は
もいっこあるので、それも、また、書きますね!


レトログレードちゃんですが、毎度のクリック、とても感謝です精神世界 ランキングいつもありがとう!!!!!



mineko_ at 09:27|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2007年09月21日

9月11日の法隆寺、そのニ5

どうも。連投で巫音子です。
さっそくですが前回の続き


horyuji3



そんなわけで11日、近鉄電車やら乗り継いで、
いざ、法隆寺へ。
歴史で習ったかもですが、
なんと、日本のみならぬ世界最古の木造建築でもある法隆寺は、
飛鳥時代の建立です。
タクシーを降りて、金堂、五重塔へ続く中門が見えたときに、
「ああ、来て正解だ。」
と普通に、思いました。
おごそかな気持ちで中へ。
金堂、五重塔の前でしばらくぼーっとして、パワーを感じます。
うまく言えないし見えるわけではないんだけど、
光の柱がどーん、どーんと立っている感じ。
なんといいますか、強いのよね。
さっそく、来た証を残そうと思い、
まあ、アヤシイ人だと思われようが「別にいいや!」とも思い(笑)
金堂の周囲を、
東側から、ゆっくりと、
土地に祈りをこめるようにして、
一歩一歩踏みしめながら、
右回りに歩きました。
すると不思議なんだけど、
誰か、その地の存在が、
私と一緒になって寄り添うようにして、
供に歩んでくれたのです。

それは力強いけれども、心地の良いバイブレーションで、
前回の日記にいただいたコメントも興味深かったけど、
歩き終えた途端、
金堂の中心に、
私が通ったことを天に届ける光の柱がドーン!と上がったのを感じました。
(そうじゃないときの金堂は、屋根から八方に光が広がる感じなんだけどね
とともに、
自分のカラダが強くなる感じというか、
スーパーサイヤ人(C:ドラゴンボール)、とは言わないが、(´∀`)
肉体(エーテル体含む)の基礎体力が1ランク上がる感じ?
おおっ!!と、
自分でも背筋伸びるのを感じたデスよ。



horyuji2




そのあとには奥の大講堂に参って、
薬師三尊像の前でじっくりとお祈り。
招いていただいたこと、
これからの私の決意などについてのお力添えを
時間かけて祈ります。
心の中での仏との対話は、インスタントな瞑想といいますか、
とても清らかな時間なのです。
それだけで魂の疲れがとれちゃう。
その後、
五重塔内(写真↑)にまつられている、
塑像たち(東西南北4方向、別のデザインなのね)それぞれに、
手を合わせて見入っていると、
北側の像の前で、
さきほど大講堂でお祈りした事柄に対しての、メッセージとしか思えないある言葉が、ひょいっと、私の心の中心におちてきて、
これからの未来への重要なメッセージになりました。
その像は、「釈迦涅槃像」だったってーのが、
あとで調べてみるにうーん、「涅槃」づいておりましたヨ(笑)


horyuji4




とにかく、伊勢神宮もそうだけど、
パワーのあるお寺は、いるだけでホント楽しいのですよ(笑)
そんなわけでウキウキと夢殿(写真↑)にも回ります。
大好きな聖徳太子の住んでいたお家だし、
なんといっても正八角形!!
これは神聖幾何学なのか?
仏教の八正道なのか!?
なんてことを思いつつ、
ちょっとふらふら周辺を回っていたら、
なななんとワタシ、
道に迷ってしまい(笑)
(友人たちはよく知ってますが私は超!!!!方向音痴)
そのうちにたどり着いたところが

「中宮寺」。

ああーー名前聞いたことあるなあ、と、思って、
新幹線までまだ時間あるし、見ていこうかな?なんて
軽い気持ちで入り口そばの掲示板に張ってあるポスターを見て大仰天です!!!
そこには、





ワタシに「金堂を1周せよ・・・」と言った、




ワタシのハイアーセルフが
(ああ、スピ用語言っちゃった!><!)




「中宮寺 伝如意輪観音」つって
ポスターになって居たのですから!!!!!!



chuguji01






えっと説明が全然足りてませんね^^;
あのですね、最近ですね、
自分のハイアーセルフ高次元の自分、とも言う。日々の肉体生活を営んでいるロウワーセルフよりも光そのままである、素の自分のこと)とつながる瞑想を時折していたのですが、
初めて本格的にその瞑想をしたときに出会った私のハイアーセルフは、半跏思惟像のように微笑んで、王冠を乗っけていて、

「よく、ここまでたどり着きましたね。」

と、頬につけていた指先を伸ばして私のサードアイに触れ、
そこから紫の光が発光した、っちゅう瞑想体験があり、
金堂の話もその時に出ていたのですが、
ワタシの頭で考えてた知識では、
弥勒菩薩だと思っていたの。ほら、広隆寺の。有名じゃん?
そしたら違っておりました。
中宮寺だった。
如意輪観世音菩薩だった。
このサイトを見ていただけると分かりますがお二人の菩薩さん、けっこう似てるのよさ。どちらも素晴らしいけどね
ウチのハイアーセルフは、
オマエの行くべき場所は法隆寺だよ〜!、って、そのことを伝えたくて
(中宮寺だってモチロン思いっきり太子ゆかりのお寺です)
その御姿で登場したのかもしれません。
(別にワタシのハイアーセルフがイコール菩薩さんではないよ(笑))
最後の最後に謎が解け、
そして菩薩様の造形はすさまじく素晴らしかったです。
仏の世界って面白いよ・・・・・
そして、
どこかでなにかしら、世界はすべて光とつながっているのだと本当に思います。
生きるって素晴らしいな・・・なんて思いつつ、
親知らずだとはつゆ知らず、痛い痛い言いながら(笑)
帰ってきたのでした。


horyuji5




しかし、日本は奥深いね!ちゅうわけでクリックお願いします。この週末は二人とも更新するかしないかちょっと不明ですが、過去の日記なんぞも愛しんでいただけるとコレ幸いなりいつもありがとう!精神世界 ランキング



mineko_ at 17:12|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2007年09月20日

9月11日の法隆寺 その一5

ども。巫音子です。
由巫子ちゃんは八ヶ岳かぁーーー、
写真からもひんやりした空気が伝わってきますな。
人は時々無性に高いところに登りたくなるよね(笑)
そして私は時々無性にお宮にいきたくなりますが、
今回呼ばれたのは、
法隆寺でした。


horyuji1




実は、信貴山かな?
と思ってたのです。
小学校の頃に一度行ったきりですが、
もうね、ずっといたかったくらい「好き!!」という記憶があって(おかしいよね・笑)、
戒壇めぐり、もう一度するのもいっかなー、なんて、
思ってたのね。
信貴山は、毘沙門天をまつってるのですが、
毘沙門天にもびしびし来てたのです。
なので心は8割がた「そうだ、信貴山行こうだったの。
でも、
ある日、
瞑想をしていたら、

「金堂の光の柱を感じよ。
 金堂の周りを、右回りでその足で土地を踏みしめ、
 一周し、たどった証をその地に残すといい。」


という言葉を感じたのです。
あれーーーーーーー、
信貴山に金堂、無いにゃぁ。。。
そこでハタと気がついた。
信貴山、毘沙門、金堂、
そのメッセージから引き出されるものといったら、


聖徳太子。
(物部氏討伐のとき、寅の年、寅の日、寅の刻に毘沙門天からもらった言葉を頼りに太子は戦いに勝利したのです。で、自ら毘沙門天の像を彫ると「信ずべき、貴ぶべき山」という意味で、「信貴山」と名づけ、寺を建立したというのが1400年前の話らしい。)



てことは、「金堂」は、


法隆寺。じゃん。


horyuji1_1




と(笑)
(なんてったって太子ゆかりの寺ですからね!)

聖徳太子もちっちゃい時から大好き!(☆゚∀゚)
みんなも好きな(笑)「日出処の天子」はバイブルだったし、
黒岩重吾の「聖徳太子―日と影の王子」も好きでねぇ・・・
(ここではものすんごく人間くさい彼が描かれていて、
 そこに子どもながらもすんごく親近感持ったのね)
今の自分の肉体の変化が、
ある種のイニシエーション的な何かかも?という直感があったので、
日本における秘儀参入者(イニシエート)の第一人者と言ってもいい聖徳太子センセに挨拶しに行くのは良き流れだな?
と、勝手に納得しまして、(笑)
したらたまたま仕事で関西出張が入ったので、
だったら

9/11がちょうどいいじゃん。

てことで、
行くことにしたのよねーーん。



ちうわけで続きます!
クリックもくれたら、嬉しいです精神世界 ランキング




mineko_ at 00:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2007年09月19日

私は山を目指した4

yumikomini

由巫子です!

巫音子ちゃん、ほ、法隆寺いったんですか!?

それにそれに、涅槃シスターズは 
「家族揃って頭痛ファミリー」と化したのですか!?
(゚ロ゚)


なぬなぬなぬ。

ちょっとーぉ、お姉さん、法隆寺のお話楽しみだよ♪夢殿とか〜見た〜?
^^
うまやどの王子の気配ありました?


私はわたしとて、

「空がキレイ、雲がキレイ、光がまぶしい」

「そう、太陽が眩しかったから、、、」

空を目指しちゃった。

バカは高い所が好き。

hyoukou


ほらね、こんなトコ行って来ちゃった。衝動で。
「あのあの、まだロープウェーありますか?」

八ヶ岳の某所の、ロープウェー、ゴンドラ乗り場にて。怪しい由巫子。
(かなり夕方、、)

係員さん「あー、5時のが最終ですよ。」

この時点で、人っ子一人いません、お客は。
そして、この時点で時刻は4時半。

由巫子
「んで、その最終便に乗って上まで行くと、帰りは何時のゴンドラ?」

係員
「......明朝です。」


由巫子
「..........。」


係員さん
「.....臨時便、出しますよ。」

由巫子
「え、え、え、良いんですか?ヤッホー」


と言う訳で、夕方の貸し切りゴンドラでとにかく山頂へ。(良いコは真似しちゃダメよ!!)山をなめたらあかんで。


着いた。
kougen


こんな。

激寒!!

そして、上に行けばなんか俯瞰で見られるものがあるのでは?ともくろんでいたのですが
霧雨と突風で視界は限りなくゼロ。
「こりゃ、15メートルでも歩いて向こうに行ったら遭難して死ぬで!!」と立派な判断。

山は、、、、、なめたらあかん。


樹の精、高原植物さん、霧、のみなさまと、、、20分程、ご歓談した。(由巫子の妄想ね)

とんぼ返りで、ゴンドラ降下。「♪一体なんだったんだ!?20minutes!!」


あ、でもその帰り道、カモシカのご一家と遭遇して、しばし車を停めて
「目・と・目・で、通じ合う♪」そういう仲になって帰ってきました。

精神世界 ランキング 今日はこんなん。でへ。

yumiko__ at 01:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2007年08月12日

諏訪大社、前宮、感じた事4

巫音子たんと諏訪大社巡りをしていた時の事。

1番歴史が古いと言われている「前宮」に入る。

ポピュラーな「上社」よりも、素朴でひっそりとしてる。

山の途中にある感じ。荒ぶる神、、、て雰囲気かなあ。
後で資料を見たら、どうも中世にエラい人が策略で殺されて(@神殿)、ものものしくなったので神官達が一時期、反対側の山に身を隠したのだとか。

うーん、”荒い”ってそっち!? 涅槃シスタズ言うところの「玄人向け」(゚-゚)神社な気配だったかも!!??

なにせ、人があんまりいない。

お参りしてる時、ふとお社の横の奥の方向から「気」を感じました。
なんか、木がいっぱいあって、その下に古代の神官か巫女さん達が集団でこっちを見て(見守って)くれているような。

なんとなくそんな気がしながらお祈りしていたら涙がぶわーっと出て来た。
空気の中、時空の中にいる精霊達その他の存在達に対して、
自分の肉体を意識した。

手と手を合わせる感覚。
風が髪の毛を揺らして襟元が涼しくなる安心感。
涙って熱いんだなと思う皮膚感覚。

あー、身体を持たせてもらってて良かった!ラッキー。大事にしなきゃ。ありがとう!

そんな感じにイメージ膨らみまくって
巫音子ちゃんに照れてエヘヘと笑いました。

後で敷地を廻ったら、私がさっき気配を感じた場所は巫音子ちゃんも
「あそこは巫女さん達の通り道だったんだよ、私も感じますよ。」と言いました。

yumiko__ at 00:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2007年07月31日

天使からの言葉を「預言カフェ」で、もらう。5

どうも。巫音子です
ゆみちゃんの「ファントム」くん、
復活OKですよ
実物を見ていないので、
我が家の羅針盤(笑)ペンデュラムくんにきいてみたところ、
そう言っているので(☆゚∀゚)


pendulum2




さて。
前回の日記の続きですが、
ウリエルに何の気はなしにたずねたその日、
友人たちと、あるところに行ってみよう!
と盛り上がりました。
その場所とは、


「預言カフェ」。


・・・ええっと言葉の響きにじゃっかんビビりますが(笑)
ある人から「巫音子さんこういうの好きでしょ?(*・ω・)ノ」と
教えてもらって、
気にはなってたんだけど行くタイミングが無かったのです。
でもその日、ちょうど時間があるし、
行こう!という話になって、
(私としては何となく、その3人で最初に行ってみたかった)
計3人で、
預言カフェのある早稲田に向かいました。

この預言カフェ、
この記事を読んでいただければ分かりやすいですが、
神父さんが、主(神様)からのメッセージを
相談者に届けてくれる
というのを、
某M社のスマイル¥0のごとく、
希望する人にやってくれるカフェなのです。
預言」は、「予言」じゃないから、
未来を予測するんではなく、

「神様は今、こういうことをあなたにお伝えします。」

という意味で、
まさに「(神の)言葉を(相談者に)預ける」わけです。
なのでこちらから質問の指定は出来ない、ということと、
預言はカセットに録音してもらえるが、
自分でレコーダー持参してもOK

ということだけ予備知識として聞いてました。


カフェは、いたって普通の、
こじんまりしたカフェで、
近所の方が来られるアットホームな感じなのに、
小さな看板に「預言カフェ」と書いてあるのがじゃっかん違和感
^^;
3人はいそいそと4人席に腰掛け(お店はすいていた)、
コーヒーなんぞをオーダーして、
ついでに

「あのー、預言、お願いできますか?」

と少し緊張の面持ちで頼んでみたところ
(なんせ人に預言頼んだのなんて
 今生じゃ生まれて初めてサ!(笑))
待つこと5分くらい・・かな?
女性の方がいらっしゃって、
「神父のヨシダです。それじゃあ、
 どなたから始めましょう?録音はipodですか?」
みたいな感じで、
預言はいきなり始まりました。
(勝手に神父さんは男性だと思ってたのですが、女性でした)


・・・そして、
預言をもらっている間、
私たちがやったことというのは、

机の上に置いたipodの付属レコーダーの電源をONにして、
誰の預言か後で分かるように、自分の名前を名乗っただけ


でした。
ヨシダさんは一人につきだいたい5分くらい、
ラジオのチャンネルのチューニングを
ボタンで切り替えるかのように迅速に、
「主から」のメッセージを一方的にしゃべって、
3人分が終わると、席を離れて行かれました。
そのあいだ、
今回我らは3人で行ったもんで、
自分以外の他の人のメッセージも聞いちゃったわけで
しかもそのメッセージが、
私自身含めてすべて、

「なんというか、そうなんです、その通りなんです、
 うわーやっぱりそういう方向で進んでいって私、大丈夫なんだ、あ、キミのその件はそうしたほうがいいって私も思ってたんだけど、やっぱりそこ言われちゃうのか! えそんなの自分の中だけで誰にも言わずにぐるぐる悩んでたんだけどそれについて何で言われちゃうのだしかもそういうふうに言ってもらえると勇気が出る。アアなんて心強い・・・主は、見ていてくれるのか・・・か、か、感動だ


といった感じで、
3人が言われたことがそれぞれ100点満点で当たってたもんで
(当たってる、という表現は占いじゃないんでまあビミョウだけど)
3人目の預言を聞く頃には
3人そろってちょっと泣きそうになってました(笑)
そして、
神父さんが預言を話されている間、
空気の質が少し変わるというか、
明らかに、天使が周りにいる!という心地のいい感じがして、
その日の朝にウリエルに言った自分の言葉をそこで思い出し
(それまで完全に、言ったことすら忘れていました)
私は一人心の中で、
ウリエルに感謝の言葉を飛ばしたのでした・・・
だって、その預言は、ほんとに、
「(私がこれからどうしていけばいいか)はっきりと分かるように」とリクエストした私の希望を満たしていたから・・・。


そして私たちは、
せっかく豆からこだわって淹れて下さってるコーヒーの味も
ロクにわからんくらい興奮して、
あれやこれやとしゃべりながら、
おのおのコーヒー代(400円くらいか?)だけ払って
帰ったのでありました・・・。
百聞は、一見にしかず。です。
これを読んでピン!ときた人は、
行ってみて下さいね。
その時には、守護天使たちの存在も、
一緒に感じてくれると嬉しいです。
ほんと、空気が変わるから。
(私が思うに、神父さんは、主から直接というよりも、
 主の仕事を手伝う天使たちから、
 直接にメッセージをもらっている気がします。
 人間の言語じゃないだろうところで、
 翻訳もしてくれている感じでした)


興味ある!!と思われた人、いつものクリックもついでにお願いします
精神世界 ランキング


預言カフェ
東京都新宿区早稲田鶴巻町521 完生堂ビル1階
(早大通り沿い、地下鉄東西線早稲田駅4分)
営業時間:午後2時〜午後6時半
定休日:土・日・月





mineko_ at 23:11|PermalinkComments(11)TrackBack(0)clip!

2007年07月17日

ハワイの雲の中を行く5

由巫子です♪


あの時の事は私もよく覚えているよ。

一瞬、巫音子ちゃんが「仕事に穴あけられないし、やっぱ行くのやめようかな、、」って言いかけたんだけど私は絶対行った方が良いって思ったのでそう言った。

今でも思うけどね、どんなに会社で責任が大きな事してても、家族って替えがきかない、ただ一つのもの。

仕事の真ん中にいると、時々その事がわからなくなっちゃう。

旅を続けよう。


あたしはマウイで火山に登っていた。ハレアカラという3000mを越える休火山です。
ここは映画「2001年宇宙の旅」のロケ地としても知られています。

雲の中を行く旅。
kumo1


あ、ぽっこりと雲の上に出てしまいました。高原。

kumo2


これは、雲の中です。もうもうと霧、いや雲の成分が炎のようにアニメーションします!

kumo3


雲の上に完全に出ちゃった〜〜!!すごい風景です。天国ってこんなんかな?

この後、火山に登った一番の目的、星空のウォッチングに備え、ハワイなのにごっついダウンジャケットを着込みます。
そう、私はもう地上3000mのお山の上にいたのでした。

寒い。。。
風で飛ばされそう。。。
クレーターとか見下ろしてる。

こわーい><

精神世界 ランキング
この夜、私は初めて「銀河」を肉眼で見てしまいました。すっごい!
レポ難しいなあ、でもがんばりますのでクリックお願いします

yumiko__ at 22:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2007年07月15日

帰国したのよ5

yumikomini

お久しぶり!の由巫子ですごぶさたしとります〜〜。
ハワイから帰ってきました。
巫音子しゃん、面白そうなお話始まってますね。続きが読みたいんですけど

私は南国から帰ってきて、昨日ボケーっとしながら車を運転してて、踏切で電車が来たので止まっていたの。
向かいで止まっている車のナンバーは
3333
「あ、アセンデットマスターちゃん!」と思ってて
踏切が上がったので車を発車させると、
その車の後続車のナンバーが
・333

「おおー、ぞろ目ちゃん
あんま驚かなくなってるんですけど
温かい気分だなーと思って
よく見ると、
次の車のナンバーが

・・33

あらま!
333333333

これにはちょっと驚いて
手の甲がふわんふわんと温かくなりました。

ハワイはマウイ島の事を書こうかと思ってますが、どうやって書こうかなあ。ハワイには行く事自体がもうスピってると思っている涅槃シスターズ。

私はまだ興奮覚めやらず、の反対で
リラックスから抜け出せず、な状態です(*´Д`*)

0715rainbow

ひとまず、一発目にマウイがお出迎えしてくれた
巨大な虹を皆さんにどうぞ。
これが、でかいのなんの。

でかいんです。と言う事は、えっと、、太いんです、この虹。
精神世界 ランキング
しばらくのんびりモードで行きます。なのですがクリックもお願いしちゃったりなんかします。巫音子ちゃんお留守の間ありがとうございました。

yumiko__ at 19:56|PermalinkComments(4)TrackBack(0)clip!
    follow me on Twitter
    峰子最新情報↓↓↓クリック^^
    地球にクリック♪
    Moon Calender
    CURRENT MOON
    IMAGINE PEACE

    あああ