パワーストーン全般

2017年11月30日

メロディさんの本を日本語訳しました!!!

どもです、峰子です。
(今日は長文ですスイマセン

いやーーー、やっとこの時が参りました。
時間かかったなぁ、、、それなりに長い道のりでしたが、
やっとこさ、皆様のお手元に、
「現実化」もとい「物質化」
することができました。。。
(最初のミーティングのメモが2012年。そして今2017年末・・・なので5年超えの開発期間、、4年ぐらいじゃね?と勝手に軽めに思って、最近会った何人かにはそんな話をしちゃいました、テヘヘ)

ともあれご報告します!!!

私の石の師匠でもあり、また、
世界的に有名なクリスタル・ワークの一人者である、
メロディさんの、
クリスタルに関する著書、
「LOVE IS IN THE EARTH
- LAYING-ON-OF-STONES -」
の、

日本語版が、

発売になります!!!



その名も

「愛は地球の中に

レイイング-オン-オブ-ストーンズ」



(これ表紙ですっ
LIITE_front



そして、、、
ワタクシ、翻訳を(共著)させていただきました
(Melody著・塩原基弘・岡山峰子訳。
 国内版元は塩原さん会社であるアースラブワークスです☆)



メロディさんをご存じでない方に(何かの検索で初めて私のブログをご覧になる方用のためにも)少しご紹介しますと、
彼女は、世界的ベストセラー「LOVE IS IN THE EARTH」シリーズの著者であり、クリスタルワークの第一人者と言われています。
「LOVE IS IN THE EARTH」シリーズの決定版としては、965ページにも及ぶ(しかも超デカA3サイズ!本が非常に重い!笑)石辞典「LOVE IS IN THE EARTH-THE Crystal
and Mineral Encyclopedia -」など、長年にわたり、石たちのメタフィジカルな性質の研究、および、世界中でクリスタル・ヒーラーの養成にも尽力されておられます。

今現在も世界中で人気なさまざまな鉱物の名付け親でもあり、「スーパーセブンR」「メタモルフォーシス・クォーツR」「ライトニング・クォーツ」などを初めて著書にて紹介するなど、その功績は計り知れません。 (※RはRegistered Trademark(登録商標)の意味です)
日本でも、そのメロディ・メソッドのクリスタル・ヒーリングを教えるティーチャーが現時点で数名いますが(私もその一人です)、これまで、日本語に訳されたメロディさんの本は1冊もなく、これまでのメロディ・クリスタルセミナーでも、英語の原書をもとに、プラクティショナーを目指す生徒さんたちへの内容の伝授が行われていました。



今回、日本語訳になった本は何かといいますと、
メロディの「LOVE IS IN THE EARTH」シリーズにおいて、「人の周りや人の上に石を配置すること」や、時には「手を石とクライアントの上に添えることで必要なヒーリングを促すこと」に特化して書かれた、「LAYING-ON-OF-STONES (石を置くという意味)」と副題のついているシリーズが2冊あり、1冊めに大幅に加筆修正されたのが2冊目で、それが最新版(という名の最終版)として英語圏にて販売されているのですが、こちらは、その2冊目のほうの、日本語訳バージョンでございます。(※なお、原書である英語最新版から数年が経っているので、メロディさんとその辺りを確認しながらの内容の更新作業も致しましたので、一部情報が加筆修正されており、まーさーに、世界においても、この日本語版が「最新版」となった次第です!日本の皆さん、お得ですヨ!!



水晶などを使ったヒーリングやワークに、少しでもご興味ある方は、「グリッドワーク(石を特定の形に並べて何かしらのワークを行うこと)」や、「レイアウトもしくはアレイ(石達で作ったその形状のこと)」という言葉などをお聞きになった方も多いのでは?と思います。 そう、この本は、まさに、そういった「グリッドワーク」について徹底的に説明がなされた本なのであります!
(世界に存在するさまざまなクリスタルの本はあれど、グリッドワークに関してはこの本が決定版ではないかといえる:当社比^^)


(写真:こんな感じで、「レイアウト」の絵もたくさん紹介されてます!!)
IMG_5995mini




で、こちらの本ですが、「できる限りメロディさんの原書のエネルギーや雰囲気をそのままに(訳者の不要なエネルギーおよび意訳を入れない)」よう、「一度日本語訳にしたものを、再度、英語に訳しなおし、メロディさんに内容をチェックしていただく」という(それなりに骨の折れまくる)作業をすべてに行いました。内容に相違を生まないように、多数の質問をやりとりし、徹底してがんばって翻訳のステップを進めていきました。

一点だけお詫びというか、訳者注、的なことを述べさせていただきますと、メロディ・クリスタル・レベル1&2セミナーではこの本がテキスト替わりでもあるため、これまでに流通した言い回しを変えないために、英語のまま提供されてきたアレイの名称やメロディワーク特有の概念などは、カタカナ(つまり英語のまま)で統一して訳している箇所がございます。従いまして、初見の方には、文章として一部取っつきづらい部分があるかもしれません。そこだけご了承していただけると助かります・・・セミナー受講の方々が混乱しないことを優先しています。もし、本書を読み、興味を持たれた方はぜひ、セミナー受けてみてください!石好きにはたまらないセミナーであることは間違いないです(宣伝・笑 でも、この本を深読みしていくための知識がより深まることも間違いないです)


ともあれ、何やかんやで足掛け5年越えの月日をかけて、この日本語版は、産み落とされました・・・・無事に出てよかったです。石の上にも5年、でしたねぇ〜〜〜3年ぐらいで出したかったですが(笑) なんてったって、索引等のぞいて、334ページもあります!これ・・・意図せずして、数秘術的には334は「1」のエネルギーだってのも、、、さすがじゃないですか!?(ほんとにここからが日本の方々と石たちとの旅路の新しい「始まり」となることを祈っています!) そんでもって文字、めっちゃ書かれてます!読み応えあるっす!内容は・・・濃い!!深い!!! 毎回英語で読むのしんどかったから日本語になってくれてワタシ個人的にもとってもうれしい!!(笑)


文章は、私がふだんこの「涅槃ブログ」で書くようなものよりは硬派です。それはメロディさんご自身が理学博士なのもあるせいか、この原書が学術論文のように硬派なため、それを継承しています。


またこの本は、クリスタルのレイアウトだけにとどまらず、形而上学のさまざまなエッセンスがこれでもかという勢いで盛り込まれておりまして、ある種「スピリチュアルな哲学書」として手に取っていただいても、いろいろな気づきを見つける読者の方もきっと多いことでしょう。
これまで自らコツコツと学んできたメタフィジカルな知識や、占星術の知識、もちろんクリスタルヒーラー、そして自身のお役目でもあるクリスタル・ストーンリーディング(=ミディアムのようにして石とつながり、持ち主に必要なメッセージを届ける)を通して得てきた石たちの秘密に関する経験が、この翻訳作業に活かされたことは言うまでもありません。実際に翻訳作業をしていて、どう訳すべきかの壁にぶち当たるときなど、これまでの様々な学びはこの翻訳作業のためでもあったのか!?と思い至る瞬間もさまざまにありました。(もちろん、まだまだ精進の道のりであることに変わりはありませんが^^;)


(こちら、ちょっとだけ冒頭の中身をご紹介します)
IMG_5996mini


最初の「イントロダクション」の部分では、クリスタルというものの定義や、彼らが人間にどういう影響を及ぼすかが書かれています。
そして石を並べる場所(ステージ)のセッティング方法などの基本的事項や、人間のエネルギースポットである「シャクラ(※日本ではチャクラ、と書くのが一般ですが、ここはメロディさんのこだわりがあるので、サンスクリット語の原音に近い響きの、シャクラ、という語で統一されています)」についてや、シャクラを使うヒーリングについてなど。

それ以降はさまざまな「クリスタル・レイアウト」について紹介されていきます。星座や惑星(占星術を学んでいる人たちは、各星座のエネルギーそのものと、鉱物を通してつながるためのツールとしても使えることでしょう)、古代から尊重されてきたシンボルを使うグリッドたちや、なんと、十二支、なんてのもあります。
 (※十二支のレイアウトの形状については、日本語のわかる我々からすると正直「あれ??」と思うところもあるでしょう・・・。ただ、ここは議論の結果、原書のままでお届けしています。グリッドワークでつかう形はシンボルなので、日本の漢字として正しいことが重要なのではなく、正しい意図によりセッティングされているならば、ある特定のデザインを通じて必要なエネルギーにつながれることが、ほかの国で実際に行われたグリッドワークによっても証明されたからです)


後半は、古代ハワイの英知フナの思想に基づいたレイアウトや、二人でも行える愛と関係性にまつわるアレイや、より自分が自分を知り、自分の願望(デザイア)をちゃんと現実化することで、自分を、引いては自分を取り囲む世界を変えていくための一連のワークともいえるさまざまな現実達成のためのレイアウトが紹介されています。最後のほうには、人間自身を、石たちの王国の一員とするため※の、(石好きにとってみればたまらないアドベンチャーのような)さまざまなレイアウトについても紹介されています。グループで行うワークもあります。
  ※これら一連のワークは、「グランドフォーメーション・ワークショップ」として、メロディセミナーレベル1&2を習得した人が受けることのできるセミナーで体感することもできます。峰子もこの先開催予定でっす!



ものすごくざっくりと内容を紹介してみましたが、、、、百聞は一見に如かず、です。
ご興味ある方は、ぜひ一度、手に取って読んでみてくださいね。



今となっては、苦労も喜びの涙に変換されているわけですが
この本を訳している最中、たくさんの石達に見守られながら、パワーやヒントをたくさん、たくさんもらいました。ミネラルキングダムのサポートの中で、すべての作業は行われました。
それは、石たちの持っている不思議な力を再確認するような作業でもありました。
このテキストを書いている私の目の前でも、今、クリスタルたちがキラキラと光って、笑っています。
地球という、ある意味、宇宙的意志が作り上げた壮大なグリッドワークの中で、スピリットとしての自らの意志の力と、果てしない根源のエネルギー(本書ではそれをユニバーサル・エネルギーと呼んでいます)を使い、より意図的なグリッドワークを、地上に1つ1つ、独自の花を咲かせるかのようにして、行ってみませんか?
それは、・・・・実は、
あなたのスピリットの過去生や未来生が「かつて行い」、
「またこの石たちとこの時代に出会うと約束」し、
また「今まさに別の次元世界」で、
行っていることなのかもしれません。
その光のつながりを呼び起こすための
1つのキッカケに、
この本がなることを、
心より、お祈りしています。


(こちらは本の裏表紙です)
LIITE_back



ちなみにこの「愛は地球の中に」を買える場所ですが。
基本的に、鉱物やクリスタルを取り扱うショップにてご購入可能です。(アースラブワークスさんは卸の会社なので、小売りはミネラルショウ以外はされておりませんのでご注意ください
もちろん、私のやってる石屋さんである「マコーチェイ」でも12月1日から販売します!!
よろしければご覧くださいね☆
(メロディさんの意志により、電子書籍としての販売は現在行っておりません。申し訳ないのですがご了承ください。)

あ、マコーチェイでの「メロディ・コレクション」(メロディさんがガレージセール的に自らのコレクションを放出された石たち。特別な証明書が付きます☆)の石たちの販売開始は、12月前半目標っす!いまぜっさん準備中です!!


(最後に、この子(本)のバースチャートを貼っときます。
なんだかとっても興味深いワン
holo



ともあれ、無事に出版できました。
今年のメロディさん来日に間に合って良かったですし^^
(塩原さんの関係者でメロディさんを囲む小さな出版パーティがあり、
 楽しい時間を過ごさせてもらいました^^)
待っててくれていた人たちにも感謝をこめて。


愛を込めて、愛とともに。
ミネコ aka 岡山峰子







mineko_ at 00:00|PermalinkComments(0)clip!

2013年06月06日

石はどれだけ買えばいいの?

どもです、峰子です^^

いやーー、暑くなってきましたね。
なんだか今年は、徐々に暑くなっていった感があって、
「春」もちゃんと感じられたのが良かったなー、なんて思っています。

今日は、石のよもやま話を。。。
石好きっこちゃん以外にはちんぷんかんぷんかもですが^^;
読んでいただけるとうれしいです



私のやっている石のネットショップ「Makoce(マコーチェイ)」あてに
いただいたお便りで、

「石はいったいどれくらい買えばいいのでしょう?
 見ているとほしいものがいっぱいあって、
 あれもこれも、、と思うと、キリが無いような気がして。
 買いすぎてしまうのが心配です。
 必要な石だけ、買えているのでしょうか。」

といったようなのがありました。(ありがとうございます。)


・・・・ねーー。
その気持ち、
すっごくすっごく、わかります。
私もたぶん、やり過ぎなくらいに石を買っている一人かと思います
でも、自分の経験値から申し上げるに、
手に取ってでも、写真を見てでも、
「あ、これ、ほしい!!」
と即座に思ってしまったものって、
石ちゃんからのラブコールをキャッチできているから、
理屈抜きでそう感じちゃった、、、みたいなケースがほとんどなんですよね。
だから意外と、

「なんでかよくわからないけど惹かれて、買っちゃった。」

は、
結果的にやっぱり、その石ちゃん買ってよかったなーという流れになってます。
特に、石たちを買い始めた最初の1年くらいなんか、
わからないけど買っちゃえー、
くらいでいいのかなーと思います。
経験値アゲ期間ですね^^;
そうやって手元に一つ、また一つ、と石たちが集まっていく中で、
おのずと、「あ、この石だ」とキャッチできるアンテナが構築されていったりするのです。
またここも不思議なんですが、
買ったその時にワークするのではなく、
しばらく時間を置いて、あるときに必要だったりする場合もありますし、
その人の手を通って、別のどなたかに行くために、
自分が買っちゃう、というケースも、あります。
(最後のケースは、石たちとの交流がかなり深いひと=石たちの自由さを受け入れると宣言しているひとに、見られます。私もその役割、なんだか背負ってる気配です^^;)
そんなのは買った時にはほとんどわからなくて、
あとあと、教えてもらうというか、気づかされるってこと、
当社比ですが、多いですね。

 
まあねーー、問題は、ミネラルキングダム(鉱物王国)は、
人間の流儀をあまりよくわかってないので、
持ち主さんのお財布事情はあんまり考えてない、ってことですね^^;
そこは、大変なんだけど、
ご本人が「理性」を用いて、予算管理する必要はございます、、
まあそこが難しいんですけどね、、、、(とほほ)
もうこれは月の予算なりを決めておくしかないです!
あと、どうしても欲しい石ちゃんだと、
時間たってでも手に入れられたりもします。
不思議と臨時収入が来るシステムになってたり^^;
(という方、私だけじゃないと思うんですよねーーーでも、ギリッギリで入金されます的な?(笑)


あとは、これは、石たちというよりは、
持ち主さんご本人の習性に気づいてもらいたいが故の
石たちなりの問いかけだと思うのですが、
「石ちゃんを買っただけで満足して、ほったらかしちゃっている」場合、
あれもこれもと石ちゃんがほしくなってしまうループに入ることがあります。
なぜなら、
「石を欲している自分のハート」に、
「その石のエネルギーを供給する、という行為が欠落している」ためです。
石ちゃんを買っただけでは、
ハートにまでは届いていないからです。
そこは、、、持ち主さんのサポートが、必要なのです^^

これはね、
すでに買った石たちのことを見返って、
触れたり、自分の周りに置いて愛でたり、
(話しかけたってもちろんイイのです^^)
たまにはしっかりみんなをひなたぼっこさせてあげたり、
(そのあたりはサボテン的にお考えください。石は生きております!)
あとは、
買った石が届いた時!
ファーストコネクション、大切にするといいですよ^^
マコーチェイで石を買ってくださる方で、
「荷物が届いた時に、その袋が熱を持っていてわくわくします」
とか、
「キラキラしててわーーー、かわいいっ!とその日一日すごく楽しくなる」とか、
「届く夢を見た!そしたら来た!」
といった方がいらっしゃいます。
それって、その人たちだけが優れたパワーを持っているとかそういうのでなく、
その人たちは石たちと繋がる気マンマンだから、
石たちも遠慮なく自分のポテンシャルを届けているんだと思うのです。
(相思相愛ですね^^)
これは、袋の上から石を感じ「なきゃいけない」という話ではなく、
そうやって、届く石一つ一つと、ご自身が向き合う意志を石たちに届ける、
それによって、石たちと持ち主さんの間の交流が拡大していくので、
そこが「満たされる」と、
おのずと、
本当に必要な石たちが、
そのタイミングを狙ってだけ、訪れるようになっていきます。


だから、
石ちゃんが届いた時、
手の上にのせて、エネルギーを感じてみたり、
よーく観察をするのです。
前にも書きましたが、
「五感をフルに使って感じる!」
も、
すっごくすっごくおすすめです。
私は実際に、よくこれをやっていますし、
それを最初にやっておくと、
少し時間が経ったときにも、
石たちの表情の変化に気づきやすく、
それを通して、自分自身の変化に関する、
気づきをもらうことがあります


あとは、、、そうだなあ。
例えばミネラルショーのような、
たっくさんの石たちが鎮座ましましてて、
目移りして目移りしてしょーがない。という時。

石のパワーに変にまいあがっちゃわないことも、大事なんですが、
(グランディングをこころがけます)


私なりのやり方があって、

「迷った時は、
先生のような役割をしてくれている石に、聞く!」


というのを実行していたりします。
やりかたは、シンプルで、
先生役をしてくれる石ちゃんを左手にぎゅっと握りしめながら、
その石が自分にとって必要なものか、
自分に問いかける。

それだけです。
先生の石ちゃんが大きすぎて、持ち歩けない場合は、
先生石をしっかりと思いだし、
自分と繋がっているのを心の中で確認して、
自分に問いかけるとよいでしょう。
すると、

「いる。」「いらない。」

が、すうっと、浮かび上がってきます。
何も浮かび上がらなかったときは、
「買わない。」
ってことです。はい。
(今じゃないんだよーってこともあるので)
そこもシンプル設計にしておけばよいかと思います^^


先生石は、ご自身の直感で、「この子!」と一つきめて、
浮気をしないことですね♪
すると、データがその石ちゃんに積みあがっていくので、
精度はどんどんあがりますです^^


以上、ご参考になればさいわいです〜
愛とともに、愛をこめて


なるほど!と思われたならクリックお願いします〜励みになりますですっ
↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓
精神世界 ランキング 人気ブログランキングへ

いつも本当に、ありがとうございます










mineko_ at 17:17|PermalinkComments(4)TrackBack(0)clip!

2012年06月11日

クリスタルの声:クリスタルボウルについて

どもです、峰子です
週末のセミナーたちでお会いできた方、楽しかったですね〜〜
いろいろありがとうございました
Melody♪セミナーでは、みなさん、最初はとっても自信なさげな感じで「ヒーリングとかよくわからなくて、、」と言われているのですが、
4日目終わるころには平然と石をグリッディングしたりがんがんセッションしちゃっているのが、なんだかいつもすごく頼もしくて、しあわせな気分になります
峰子’sセミナーはね、、、私も、石たちが何やりたいかによって、直前に内容がダウンロードされるので、
毎回、スペクタクルすぎて、ぶっ飛びまくりです(笑)
今回もすごかったねーーー
大阪、名古屋、まわりたいな、、、回れるかな^^;
あ、宇都宮には今月行きます!詳細はすぐにアップしますのでちょいお待ちを!
コレも参加します☆
ちなみに、今回の主役はこの子たちでした

cry_mine



さて。
峰子’sセミナーでは毎回、おまけとして、
参加なさった方の石ちゃんを一つ、リーディング(彼らが持ち主さんに伝えたいことを、峰子が代わってお伝えするという石の通訳作業)をさせていただくのですが、
今回、
クリスタルボウルを演奏される方が参加されていて、
その方の石ちゃんが、
みなさんにもシェアしていいクリスタルの情報を教えてくれたので、
その方の了承も得て、ここにアップします。
まあ、、、タイトルをつけるならば、

「ミネラルキングダム(石たちに入ってる天使たちの王国)が了解している、クリスタルボウルの存在理由、役割」

といった感じですかね
石のリーディングは、基本的には持ち主さんに関する個人的なメッセージのほうが多いのですが、時折、人間全体に対してしゃべってくれることがあり、今回、このことをシェアできるの、
うれしいです

以下、その方のボイスレコーダより、
私の通訳したほぼ原文ママで、おとどけしますね
(カッコの部分はミネコ注釈です。わかりやすくするために補足しました)


クリスタルボウルについてのサポートメッセージが来ています。

クリスタルボウルというものは、私たちミネラルキングダムのエッセンスというものを、波動そして振動に昇華させたツールになります。
ですので、音楽として奏でる用い方もあるのですが、その波動というものを、地球の隅々にまで届ける、ミネラルキングダムのたとえばグリッドのエネルギーだったり、石たちの持っているポジティブな波動というものを、人々にとても届きやすいとても柔らかな波動に変えて届けているという、そういう役割を持った楽器でもあります。

ですので、
あなた(演奏者)のピュアなハートの状態で、
あなたのハートを開き、
そのハートが感じるままに宇宙の光とつながった状態で、
あなたのただ感じたままにクリスタルを奏でてみてください。
そうやってそのボウルを奏でていくと、まるでボウルの波動と自分の波動の差がどこにあるのかわからないような、とてもある意味トランス的な、本当にその身体とその波動のエネルギーというものに、まるで境目が無いかのようなところにまで浮遊していくような感じで石たちのエネルギーと繋がっていくことができます。
あなた(演奏者)はその質を持っています。
ですので、自信を持ってそういった届け方を少し気にしながらやってみてください。

そうすると、あなたが例え日本のどこかでその波動を奏でていたとしても、
波動はとても瞬時に地球のあらゆるところにヒーリングエネルギーを送る、
そのようなことだってあり得るのです。
石たちのグリッドのエネルギーというものは、
石たちはいろんなところに物も言わずそこにじっとしながら、ただそこに置いてあるかのように存在していますが、そのように見えて実は石たちは、石たちの間で、たくさんの波動というものを振動させながらつながっています。
(ミネコ注:その「波動のつながりそのもの」を、ミネラルキングダムは「グリッド」と呼ぶことが多いです)


そして、
クリタルボウルのエネルギーというものは、
石たちが自然に行っている振動・波動のエネルギーに対して、サポートするような倍音エネルギーを届けているのです。
ですので、演奏者がそれを理解し、それを感じながらハートのみでクリスタルボウルを奏でる場合、
それは本当に地球の次元を一つ大きく変えてしまうほどのとても大きな威力を持つのです。
ですので、どうかそのことを少し、心のどこかに置きながら、本当に自分の感じるままに奏でてみてください。
そうするとそれは地球を変えるだけでなく、もちろんあなた(演奏者)自身の波動をも新しく更新し続けてアップデートしていきます。
そしてそれにより、あなた(演奏者)がやるべきこと、
為すべきことというものがよりしっかりと、輪郭を増すことができるでしょう。



・・・ハイっ、石リーディングは以上です。
いやぁ〜〜、石たちの世界、すごくないっ!?
オモシロイですよね?^^ ワタシはすっごくおもしろいっす!
そして石たちが人に伝えたいことを、翻訳する「お役目」を自分が担っていること、とても毎日実感しております。


そんなわけで、ここ最近の峰子も、実は石たちと通信しまくっておりますので、
他にもいろいろ、おつたえしたいこと、ありんす
この涅槃でも、時間を見つけてアップデートしていけるよう、まい進します〜


「まじ、オモロイっ!」と思ってくださった方、
最後にクリック&クリックしていただけると、
励みになりますっ!!!
↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓
精神世界 ランキング 人気ブログランキングへ

いつも本当に、ありがとうございます




mineko_ at 22:11|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2012年02月25日

パワーストーンの表情は五感すべてで観るように。

どもです、峰子です
とつぜんですが。

石の表情、っての、
みなさん、
気になさったこと、ありますか?
私はよくやるのですが、
過去に手元に来てくれた石が、
なんだか、ふっ、と、気になって、
久しぶりに、手に取ったならば、
ものすごーーーく、観察するように、
石の「表情」のようなものを、
見るんですね。
それは五感全部をつかってやります。
じっくりと見る(観る)、さわる、はもちろんですが、
匂いをかいでみたり、
耳を澄ましてみたり、
ぺろ、っと、なめて確認をすることもあります。
そうすると、必ず、新しい発見があるんです。
それは、まるで、
長く連れ添った恋人の横顔を(彼は読書に夢中)、
日曜の昼に、紅茶でも飲みながら、
ひさびさにまじまじーっと見つめていたら、
「あれっ?まつげ昔より伸びてない?」とか、
「おひげに地味な寝癖が、、、」ってにんまりしたりとか、
そういう、些細な、微細なものなんですが、
そういった「情報」はすべて、その石の「個性」でして、
そして、
その「個性」のどこに自分が立ち止まるかは、
今のその人に必要なその石の「側面」だったりするのです。
(天使は硫黄臭い、って話を
 聞いたことがある方もいるかもですが、
 天使とつながった石ちゃんの匂いが変わったりして教えてくれることもあるんだよー。あれ?浄化してあるのに臭いぞ、みたいな(笑)
 人間の良し悪しでは絶対に測れないところが天界ルールのポイントだす)


いろんな人の石をリーディングしていたり、
クリスタルのセミナーをさせていただいているときなど、
よく、
「みねこさんのように私も石としゃべりたいです」
って、言葉をもらいます。
どうすればいいのか?
系統だててお伝えできるように、準備をじみにしている最中ではありますが、
最低限の入り口として、
上に述べたようなことの積み重ねは、
五感を開き、鉱物王国の扉に手をかける
基礎体力をつけていくと思います。


あとはね、
人間から先に、
たくさん、石たちに話しかけてほしいんです。
すべてはエネルギーで、つながっています。
たとえば、
人間同士、あの人といっぱいしゃべりたい、って思ったら、
共通点を探したり、見かけたら絶対あいさつするとか、
何かしら、働きかけるでしょ?
それなしに、石たちがしゃべってくる、というのは、
やっぱり、ちょっと筋違いだと、
体験上感じています。


身に着けているブレスなどを、本当に大事にしていて、
つらいときにその石ちゃんを握りしめて泣いた日々があったり、
誰にもいえなかったことを石たちには告白して、
彼らに頼りながらも、
次の日は立ち上がろう、ってがんばっている女の子を、
クリスタルのセミナーとかでたまに見つけることがあります。
打ち明け話を本人から聞かなくても、
とってもシンプルに、それは、
その子の石を観れば、わかるんですね。
 (私がそういう日々をかつて送ってきてるしね^^)
そういう出会いは、
私にとっては、人と石たちの結びつきをまたしっかりと確認できることなので、
嬉しさもありつつ、
当の本人はいろいろいっぱいいっぱいだろうこともわかるので、
いけるいける、だいじょうぶだよ、
一人じゃないよ。気持ち、わかるよ。
って、
心の中でそっとエールを送ります。
・・・そういう人の腕に光っているブレスの石ちゃんはネ、
人のエネルギーに磨かれて、光っているから。
ひかりかたが、ちょっとちがうんです。
だから、すぐにね、わかるんです。




あなたが身に着けている石たちは、
みんな、生きてますよ。
どうかそのことを、心に留めてみてくださいね。


愛をこめて、
みねこ

良ければクリックぽちぽちくれるとうれしいです
いつも本当に、ありがとうございます。
↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓
精神世界 ランキング 人気ブログランキングへ















mineko_ at 23:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2012年01月17日

未来の携帯電話はこうなる!

どもです、峰子です
今日はね、
素敵な未来をちょこっとおすそわけ

私が日々、石たちといろいろワークしたり、
嬉々揚々と一緒にお風呂に入っていたり、
お話ししたりしているのを、
きっといちばん見ているのは、
私の彼氏どのだとおもいます。
でね。
こないだ、私にとってはデジタル機器もクリスタルも
感覚的には一緒なんだ、同じだ、ってことを、
なんか、勢い余って、おうちで熱弁したんですね(笑)


「石は、宇宙グーグルみたいなもんなの。
 グーグルもずいぶんカスタマイズできるようにはなったけど、
 個人のハートにカスタマイズできないよね?まだ。
 石はできるんだよー。
 少なくとも私はそういう感じでアクセスしてるの。
  でも、みんな、「そんなことできない」って
 思ってて、その思いがまだ社会を大多数に形成してるから、
 そういう使い方をしてる人は少ない。
 レムリアの時はみんなそうしてたんだよ!?
 今の時代は、実は汎用装置として、
 人工クリスタルを入れたパソコンや電話を使ってるけど、
 汎用的に誰でも使える分、
 人工ならではの限界ってのがそこにあるの。
 でも、宇宙グーグルである石ちゃんたちは、
 その人のみに特化した情報のみにフォーカスして
 検索できるんだよー!
 ヒントは、人間のほうが、ハートと、サードアイと、
 ベースチャクラをうまく使うってことなんだけどね。
 そのうち、みんな、絶対に、気づき始めるから!
 でね、私はね、そういうふうに“気づく人”が
 一人でも多く増えるための、
 お手伝いをねー、してくんだよ!」



って、
寝起き早々、
アホみたいに宣言した朝というのが、あったんですが(笑)


そしたら、
こんなものが届きました。



“これ良くない?”
Fut_iPhone




そうなの!私にとってはこんな感じなの!!




いつもお読みくださって、
ほんとにありがとうございます。
アホでほんと、すんません(笑)
でも、楽しんでもらえたら、うれしいっす!
↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓
精神世界 ランキング 人気ブログランキングへ



 

mineko_ at 21:33|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2012年01月16日

2012年の鉱物王国からのご連絡☆

どもです。みねこです

最近、ニューエイジと言われるようなスピ系の本をほぼ読まなくなったので、
2012年についてどういう話題がもちきりなのかわかりませんが、
ある友人の石をリーディングさせていただいていた時に、
私へのメッセージも込めて届けられたものがあったので、
涅槃ブログ愛読者のみなさまにも、
シェアをしておきます〜


この2012年は、石たちの(地球を覆っている)グリッドが
どのように変化していくのか、
彼らですら“予想がつかない”ということが、
はっきりわかっているようです。
(峰子注:実はね、こういうことを彼らがはっきり言うのって、
 すごく珍しいことなんです。
 彼らのスケジューリングはけっこう緻密で、抜けめない
 (ある意味そういうとこ土っぽい)のが常なので)
だから、


 柔軟でいること
 (これまでこうだったから、こうしよう的な)考えはすべて捨て去ること、
 新しい直感が来たら、それに従うこと=変化し続けること 



が、大きなメッセージとして、
やってきました。
・・・私たち人間よりも動きにくい石たちですら、
「今年は、その時その時の地球に流れに呼応して、
グリッディングを変えていく」
と、
私に宣言したのですね、、、
だから、私がお店をしている石屋さん「makoce(マコーチェイ)」でも、
「去年仕入れたから同じものもまた仕入れないと、、」
的な考えは一切捨ててくれ、と、
言われました。
今年、日本に必要な石たちというのは、
地球のその時の状況によってどんどんと変わっていくようなのです。
だからマコーチェイも、
そのように動きなさい。と。
(峰子注:わりと私はいつもそんな風に石たちを仕入れてるのですが、彼ら曰く「もっと、もっと自由に。ある意味もっと自由に偏りなさい」と)


これって、、、
けっこう、スゴイ告白だと思いませんか?
石の忠実な召使である(笑)私は、
めっちゃ、ドキドキしましたよ!(笑)

2012年。
パーティタイムがやってきましたね。。。
去年、マコーチェイに出したかったのに、
なぜだか出せなくて、
今年になったとたん、
出したくなってる石とかが、いるんですよね、、、、。
毎回、私のちっぽけな脳みそなんぞ凌駕する
彼ら鉱物王国の、マザーガイアとリンクした大いなる意図が、
さまざまな地域へ、必要なワークをしに、
飛び立っていくのだなあ。
と、
思うと、
本当に、
わくわくします。


CL031_5



どうか皆さんも、
今年一年、
「軽く
「明るく
いらしてくださいね。
今年、ご自身の身が重かったり(=昔の生き方にしがみつく)、
持ち物が多すぎる(=もう使わないものをたくさん持っている、新しいものを取り入れない)と、
けっこう、大変な時期になるかと思います。。。

コツは、
身軽に。
気軽に。
適当に。

です。
コトシはね、くそまじめは、NG!
シリアスになりすぎない、
たとえ、たとえ目の前に惨状がたとえ広がったとしても、
それは、
あなたの内側が「想像で作り上げた」カリソメの世界だから。
そこに気付けるよう、
冷静さも、できるかぎり、養ってみてくださいね



適当で、ちゃらんぽらんなくらいで、
ほんとはちょうどいいんです


さーーーて、1年後、私は、
なにを書いているかなぁ、、、


今年もヨロシクでございますっ
(いっこ前のブログにも書きましたが、お仲間、絶賛募集中なのでそちらもヨロシクでし


愛をこめて。愛とともに。
みねこ

良ければ、クリックお願いします
↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓
精神世界 ランキング 人気ブログランキングへ





 

mineko_ at 21:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2011年05月31日

今年後半のお天気予報ならぬ「鉱物王国」予報です。

どもです。峰子です
私の愛用するママチャリがありまして、
ここ最近は電車に乗る回数を減らしたくて、
わりとそれに乗って街を疾走しているのですが、
彼氏どのに「なんかさー、それ乗ってると、
馬に乗ってこっちにくるみたいな錯覚するんだよねぇ」
と言われるたびにテンションあがります(←アホです(笑))
ちなみに色は薄いグリーン。どう?そんな馬?イカすでしょ?(笑)^^;


さて、今は、
私の膝の上に、
ゴールデンヒーラーのディアナを乗っけながら、
これを書いております。

diana



それも、気分は、

「ペルシャ猫を膝の上に抱いて書き物している」

感じですけどね
それと同時にハラのチャクラを活性化していたりね。
気持ちがいいですよ〜
(でもちゃんと活性化したいなら、
 写真の私みたいに足は組まないことです


ここ最近の私は、
ずっと覚醒してまして、
(というのは、現実にいないってことではなく、
自分自身の日々の変化に明確に気づいた状態にいる、という感じですね)
毎日ちょっとずつ、さなぎの皮を脱いでいくような感じです。
これからやっていくことのいろんな整理の段階に入ってきていて、
それは、来年からどう生きて行くか、
という部分につながる感じです。


・・・て、もう明日で「6月」なんですよね〜
今年、前半のラストの月に来ちゃった!ハヤイ!!文字順変えると「ヤバイ!」(笑)
でもってもうすぐ新月。
私にとっちゃ、誕生月の新月なので、「生まれ変わる」にもって来いかも!?
と。


まあ、そんなことはいいんですが、
今日お伝えしたいことと言うのは、


「地球のエネルギーに、
 出来る限り敏感にいよう♪うん、そうしよう


ということだったりします。

日本の地震だけでなく、
アメリカのハリケーン、
世界各所の洪水、火山、
マザーガイアは今、すごく、
「動いています。」
それはまるで、
元気な赤ちゃんがお母さんのおなかを蹴るかのように、
「胎動」しているのです。


それにより、大変なことがたくさん起こっています。
困っている人や苦しんでいる人も増えていて、
そのために昼夜惜しまず奉仕しておられるたくさんの方がいらっしゃいます。
そのことは、本当にかなしく、つらいことなのですが、
それを破壊のエネルギーとしてだけ、見るのは、
実はすごく狭い、ポイント的な見方(もちろん1側面としてはあります。)で、
そこにはとてつもなく新しい、
「再生」のエネルギーがうごめいていて、
私たち人間一人ひとりが、そこにフォーカスし、
希望とともに自然界(=マザーガイアの領域にあるすべての存在たち)と
つながることで、
それらはさらに活性化されていき、
ワクワクしちゃう感じの、
新しく生れ出るエネルギー、
その豊かさに、
あやかることができます。


試されていることが、今、あるとするなら、

 「さあキミは、「破壊」と「再生」どっちの未来に行きたい?
 ただ、好きな方を選んで、信じるだけなんだよ。
 選択のボタンは君の手の中にあるっす!」


てところですね。
私はもちろん、「ハッピー」な未来を信じますヨ!
なんてったって「再生」大好きっ子ですから!
なんってったって、
マザーガイアの胎動がこんなに大きいことなんて、
地球の歴史上だって、そうそうないので、
そこにあやかり、同じように発展していける大きな流れがあるってことですから
マザーガイアのバイブレーションは
「EARTH」を書きかえると
「HEART」に、なるように、
ハートの鼓動です。
ハートは、「喜び」を動力源として振動しています。

つまり、

これから、「自分のやりたいこと」それが喜びにあふれているものならば、
どんどんと活性化、新生化、されていくので、
その地球規模の波に乗るといい、っちゅうことなんですね。
人生全てをハートの鼓動に満たして生きて行くって、
最高でしょ!?ちゅうことです!



で、選んだ選択肢は、保持しておいた方がいいよ
大地(比喩も含む)が揺れた時、
(その波はハワイばりに高いので時折自分の操作ミスで乗りこなしきれなくなったりするです、)
そんなときにも、身体にくっつけたブイのようにして、
それが指針になります。



・・・でね



鉱物王国(ミネラルキングダム)は、
基本的にはマザーガイアの直下の領域なんで、
石たちは皆、「お母さん」の鼓動を感じ取って、
今年のあたまから、ずーっと、ずーっと、
「胎動」の振れ幅を大きくして行っています。
彼らの取り扱う情報量は数年前よりも圧倒的に増大しているし、
分かりやすく言うと、
寝てた石っこちゃんたちも、
起きだしています。
地球のために、一つ一つの石っこちゃんたちが、
「自分の役割」ってものを、
ものすごくちゃんと理解している。


どうか、そのことに対して、
敬意をもってあげてください。


変なことを言うかもしれないですが、
この先、
おうちにある石が、勝手に動いたり、ぷいっといなくなる。
それらが増えてくる、と、思います。
それはもちろん地震で揺れたり、
風で何だか揺れて動いたり、
お子さんが放り投げたり、
自分がうっかり落としたり、
石が自力で動いたり(まあ、少ないですけど^^;
 でも相当ガッツのある石はやりかねないなあ)。


それには、意味があり、
おそらくはマザーガイアからのオーダーがあり、
人間のちっぽけな脳みそでは想像だにできない、
理由がある場合が、あります。
(明治神宮にいくときの、敷き石あるでしょ?
 あの石たち、みんな、自分の場所を知ってて、
 ほんとうに分かる人は、違う場所に蹴られちゃた石を、
 戻してあげている、って話を聞いたこともあるくらい。
 だからその人はえんえんと本堂にたどり着けないらしいす^^;)


石ちゃん達には、
「人と一緒に働いて、多くの魂を癒したり、元気にする」
という仕事以外に
「自分の持ち場について、
 地球全体のエネルギー(グリッド)を保持する」
という役割もあります。
この先一年間、そのグリッドワークがすごく大事であるということを、
うちの石ちゃんたちが口をそろえて言っているので、
私は、「変な人間」と思われようが、なんせ半分くらい妖精なんで「はい、変ですけど、何か?」というわけで(笑)
同じく「変な人間」には届くだろうと思い、(笑)
石たちの代弁者として、
このことをお伝えしているのです。


・・・そんな難しいことではないです。


「あ、この石、動かしちゃいけない!」
と、いう、直感、サインで、
石たちは伝えてくるはずですので、
それを受け取った時には、
それがどれだけ日常生活においてジャマであろうと、
そのままにしておいてあげてください。

また、
「この石、あそこに置かなきゃ!」
と感じた場合は、
それがどれだけ遠方であろうと、^^;
なんとか手伝ってあげて、
その場所においてあげてください。
(私はそれで一度そのためだけにセドナに行きました。
そのことは、次回にでも書きますかね〜)


そうやって、石たちのこと、
ひいてはマザーガイアに、
協力していただけると、
石たちはとっても生き生きするし、
みんな、とっても嬉しいです。


なにとぞよろしくお願いいたします。
宇宙規模の愛とともに。



みねこ

↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓
精神世界 ランキング 人気ブログランキングへ

いつもほんとうに、ありがとうございます






mineko_ at 21:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2011年05月16日

石たちとのファーストコンタクト。

どもです、峰子です
相変わらずお久しぶりの更新です、あははは^^;

いやはや、今日は、ちょっと素敵な瞬間に出会ったので・・・。


この土曜日日曜日と、Melody♪さんのクリスタルセミナーを
開催させていただいたのですが、
それの休み時間に、
ご受講いただいていた方に頼まれていた、
マコーチェイ(うちのネットショップです)でご購入いただいたゴールデンヒーラー」
を、週末お会いするしってことで、郵送せずに手渡しでお渡ししたんですね。
そしたら、
そのクリスタルくんを、手にお持ちになった瞬間から、
その方がぼろぼろと涙をこぼされまして・・・・・。

「いままでそれなりにいろんな石を買ってきたけど、
こんな風に涙が出たのは初めてですよー。
なんなんでしょうねこれ? 
あー、いきなり泣いちゃってスミマセン

と、
握っては泣き、
机においては落ち着き、
また、握りしめては泣き、を
何度か繰り返されていらっしゃいました。



ふだんはネットショップで石をお届けしているので、
お手紙ではたまに、「届いて大号泣」のお話いただくのですが、
(いただいたメールにお返事出来ないこと多々ありすみません。。でもちゃんと拝見しております。マイペースなショップ運営なもので、のんびりしか動けないのです、、でも必ず拝見させていただいております、いつもありがとうございます
目の前でじかに拝見したのは初めてで^^;
嬉しい半面、泣かせちゃってごめんなさいの気持ちもありつつ、
私自身も、かつて、そうだったから、
何だか昔の自分、

生涯の仲間となる石に出会った時の、
その「ファーストコンタクト」の時を、
ものすごく懐かしく思いだしたのでした・・・。


もう3年前の日記で、
その時のことは書いていたんですけどね。。。
くしくも私もその方と全く同じ、
ゴールデンヒーラーという、
水晶に鉄分系のコーティングがなされるために、黄色(金色)っぽく表面が見える、
石ちゃんだったのでした。

だからなんか、なおさら、
自分のことを懐かしく思い出しましたですよ。


スピリチュアルなことたちを、
仕事の合間に掘り下げ始めたばかりの頃です。
(その時にはこんなに本格的に掘り下げるとは考えもしませんでしたが(笑))
石のことも、ちゃんと知ってみたい!と思ったばっかりで、
でも、本とか読んでも、石の名前すらろくに頭のなかにも入ってこなくて、
正直さっぱりわからん!とか思いながらも、
朝起きると腕と首に天然石を身につけてる自分がおりました。
で、
なんでかわかんないけどMelody♪さんの本に出会って、
言い回しがムズいけどこの本は好きだ、
石に対して姿勢が正直だ、と思って、^^;
辞書引き引き読みながら、
そのなかの石たちにあこがれてて。。。
人生に悩みまくってた時期で、そのために仕事も超手抜きしてたので(当時の会社には大変申し訳ないス)、
仕事さぼってネットサーフィンしていたときに、
海外のサイトで見つけた子が、
今、ディアナと呼んで仲良くしている、
ゴールデンヒーラーでした。
下手すると人生初の、
海外ネットショッピングだったかもしれない^^;
3日ぐらい、その写真を見続けて、
あーまだ売れないんだーデカイしなー、、でも売れたらやだよーとか悶々として、
「これ買わないと一生後悔する!でもこれ、簡単にオーダーしちゃって、ちゃんと日本に届くのかな?」とおそるおそる、クレジットカードの番号を入力した記憶があります。


で、届いたUSPSのボックスを開封して、
緩衝材から出てきたその子を膝の上にのせて触れたとたん、

号泣、
でした。
(よく覚えてます、たまたま上司がいなくて、部屋に私しかいなかったから)
なんだかもう、いろいろな気持ちがごちゃまぜになって、
次々にこみあげてくるので、
それを吐き出すように大号泣したことを、
ほんと、久しぶりに思いだしました。
あの頃の私は、
「これまでの自分と同じはいやだ。変わりたい」
ということだけ分かってたけど、
じゃあどうしたらいいんだ?とか、何もわからなくて、
ただ、変えようという決意だけ、やっとこさ出来た、それだけで突っ立ってた、そんな頃でした。
(ヒーラーやるなんて、石やさんやるなんて、起業するなんて、
 ましてやその後Melody♪さんと出会うなんて、
 まるっきり知らない時ですヨ〜〜^^そう思うと人生はオモロイですな)
泣いてるのは、もちろん、

「この子に会えてほんとに嬉しい!」
とか、
「やっと来てくれたんだ!」
とか喜びもあるんだけど、

すがらずにはいられないような弱い気持ちや、
せつない気持ち、懐かしい気持ち、
押しとどめていた奥底の悲しみのドアが勝手に開いちゃって戸惑う気持ち、
そんな悲しみ私の内側にあったんだ!?って驚く気持ち、
そしてそれをただじっと受けとめようとしてくれる、手の中でじんわりあたたかくなっていく石への
「ありがとう」と「ごめんね」の気持ち、


ほんとにいろんなものがまじりあい、
ただ泣くしかない、っていう出会いだったのでした。


ああ、嗚呼、
なつかしーにゃー


まあ、その後、私は、
つらくなると、
そのゴールデンヒーラーを握りしめては泣き、
そのうちに会話するようになり、
彼女の名前を知り、
彼女からいろいろなワークを教えていただくようにもなり、
ほんとうに、いろいろな節目で、
私を支えてくれている、
心強い仲間でいてくれています。

だから、
石は生きているってほんとに思うし、
持ち主さんに必要な石は、実際に手に取らなかったとしても、
写真(つまりお見合い)でもわかるんだよ、って思うし、
それが無意識的にMakoceにつながったんだなーとも、思います。

ミネラルキングダムなんて言葉も当時は知らなかった。
ディアナは、届いたときにもレコードキーパーをいくつか見せてくれていたけど、
今やその数が増え続けています。それだって面白い。
そんなことを具体的に教えてくれる本には出会わなかったけど、
大事なことはそうやって、
石たちがいつも教えてくれるんですね。
Makoceでも、いつも悩むけど、
石の効能みたいな言葉とか、これがどの石で、とか、どこ産で、、、とか、
商品情報として明記はしますけど、
本当はね、別に大事なことでもなんでもないよなーって、思うんですよ。
結局はそれ、他人の言葉だから。
人間のちっぽけな脳みそで限定されまくってる表現だから。
その石と、その人とのつながりの大事さは、
その石とその人にしか、絶対にわからないんですよ。
ひとさまの結婚生活と自分のとがほんとの意味では比べられないのと一緒でね。
しいていうならば、、興味を持つきっかけになるぐらい?あくまでも参考程度でしか無いので、
一応、そのために言葉をつむぐけれども、
私の場合結局はそれがその石へのラブレターにしかなっていない気も時折します(アハハ・^^;)


写真を見て、
もしくは手に持って、
「あ!」
って思う。
その感覚がすべてだと、
そのあとは、その石とのストーリーをつむいでいくのは、
その持ち主さんご自身なんですよね・・・。

なんだかそれも、
改めて、確認できて、
しみじみと嬉しかったです。
超マイペースの完全なる趣味の延長ではあるけれど、
石やさん、やって良かったなー、とも。

子どもの時、「なんかキラキラしたものが好き」って思ってたその感覚と、
正直なところ根っこは変わってないしなー、それでもいいんだなー。とも、再確認したり。



ちょっと、感慨深い週末だったのでした
石たちよほんとにありがとう。
でもって、セミナーにご参加くださった皆様も、ありがとうございますです。
Melody♪さん来日は11月だそうですので、
またそこで、お会いできるかな?



あ、8月にね、大阪でもセミナーやることになりましたので、
お会いできる方がいらっしゃれば、お楽しみに



今日もほんとうに、ありがとうございます〜
最後にポチポチしていただけたら、嬉しいですっ!
↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓
精神世界 ランキング 人気ブログランキングへ





mineko_ at 16:41|PermalinkComments(5)TrackBack(0)clip!

2009年10月22日

レコードキーパーって、いったいなんなのさ??その4

やっほーい峰子です。
どれだけご無沙汰ですか、、、スンマセン(><)
もう風がすずしいよー秋だよーキンモクセイもいい匂いーー。
ちゅうわけで、
やっとこさの続きを書きます!

(そのまえにおさらいしたい人は以下↓
その1

その2

その3


ええと、まず、レコードキーパーには、

「押して開くやつ」(石にintoする)



「引いて開けるやつ」(自分にintoする)

と、
大きく2種類あるのご存知でしょうか?
(こういう説明の仕方する人がいないかもなぁ、、、でも私の理解はそういう感じなのだ)
これの見分け方は、
ぼこっと、盛り上がっているRK(レコードキーパー)か、
掘られたようにへこんでいるRKかの違いです。

写真で見てみるならば、

4DH0006_4

record_keeper4


↑↑のようにへこんでいるもの、
彫られたようなものが、
「押して開くやつ」(石にintoする)です。


そして、
record_keeper1

record_keeper2

record_keeper3


↑↑のように表面から盛り上がっているものが、
「引いて開けるやつ」(自分にintoする)
になります。


(ちなみに・・・・。
リッジ(またはレムリアンリッジ)と呼ばれている、
石の側面にあるバーコードみたいな真横の線がたくさんある水晶は、
そのリッジのある側のフェイスに、
レコードキーパーが現れることが多いです。
たとえ今はあらわれてなかったとしても、
リッジをもった水晶は、いつしかその扉を開くかもしれないので、
気にしてみてみてくださいね^^)


はい。
△や▽、カタチの違いも意味がありますが、
まずは上述した二つの種類にRKを大きく分けることができまして、
これだけでもずいぶんと興味深いんですが、
たぶん、RK事始めとしては、

「引いて開けるやつ」(自分にintoする)

からつながっていくといいんじゃないかなぁ、、、。
この盛り上がっているほうのRKは、
つながると、自分側に扉が開きます。
それによって何が起こるかというと、

「水晶を鏡として、本当の自分自身についての
 英知を深める。
 まさに、人間の究極の目標・・・“自分を知る”」

ための扉、
持ち主自らの旅への記憶の保持者(レコードキーパー)の役割を、
その時、石たちははたしてくれます。
完全に安全な空間で、
石を手に持って、
チャクラをすべて開いて、
マインドを落ちつけて、
ハートにつながり、
ハートから、自分の意識を旅立たせて、
親指の腹など、自分が安心して触れられるカタチで、
そのRKに触れながら、
(ハートの力を使って)RKを自分のほうに開けるのです。
すると、自分の内側の扉が、RKにくっついて、
一緒に開くかのように、開かれて、
石からのまぶしい光を通して、
そのなかが照らされていくわけです。
今まで知らなかったこと(本当は知ってるんだけどね)、
今、気づくべきなこと、
何か見過ごしていたこと、、、。

たとえそれらを、
はっきりとした言葉やイメージで受け取らなかったとしても、

本当の自分を知り、その中心で生きるための
ヒントとなるエネルギーが、
そこから、確実に、動きはじめます。
じゅうぶんつながったなと感じたら、
それを導いてくれたDevaに感謝をして、
瞑想は、終えてくださいね^^



そして、もう一つの扉(凹んでいるほう)、

「押して開くやつ」(石にintoする)

は、

(わりと多くの文献等で書かれている通り)

「その石が持っている英知にアクセスする」

ための扉だと、私は感じています。
さきほど書いたように、
ハートに自らの意識をおろして、そこから、
石の入口に立って、入っていいかをDevaにたずね、
許可が出たら、
RKをくぼみのまま奥へと開き、中に入ります。
石たちによって内観はさまざまです。
私の友達であるゴールデンヒーラーのディアナは、
黄金の六角形で出来た、
うつくしい図書館
(といっても本はすべて幾何学状の黄金のプレートで、
 それらがカーテンのように水晶の空洞から幾重にもぶら下がっていて遠目に見るとプレートの結晶のように見える)を
持っていました。
彼女は、ヒーリングに関する文献にアクセスできる鍵を
私にダウンロードし、
必要な時はいつでもここに情報を探しに来るようにと
言ってくれました。
驚くほどたくさんの凹んだRKを持つ石、、、といえば、
>タンジェローズですが(不思議だよねぇ、、、そしてマル型のRKはほぼ全部、といってもいいぐらいに凹んだものばかり。でも何となく、納得できませんか・・・?)、
それぞれ、入れる場所、つながれる情報、は、
本当に本当に、さまざまなのです。。。
そしてそれは基本的に、その石と、
持ち主さんとの間でシェアされるべきことだと思うので、
仲よくしている石に、
へこんだRKがあって、
ゆっくりと落ち着いて瞑想をできるときがあるならば、
ぜひぜひ、
つながってみてくださいネ
(まあ、、、ある程度瞑想とかに慣れている人のほうが、
 やっぱりつながりやすいかなー。
 でも、信じれば、道は開けます!あとは努力をちょっとずつだ)

うーーーん。
なかなか説明するのがむずかしいです。
なんとなくさわりだけでも、
楽しんでもらえると、うれしいですニャ



はいーー。
では次は、お待ちかね(!?)
「カタチの違い」について。
でっす!!!

毎度毎度で恐縮ですが、
最後にぽちぽちっと「ちゃんと読んでるからちゃんと書けー」クリック、
もらえると、うれしいです!!
↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓
精神世界 ランキング 人気ブログランキングへ

いつもいつも、本当に、ありがとうございます




mineko_ at 22:44|PermalinkComments(4)TrackBack(0)clip!

2009年07月30日

レコードキーパーって、いったいなんなのさ??その3

minekomini
どもども。峰子です。
いやー深い。
深すぎて、続きの話をどこから始めたらいいのか
考えあぐねてしまって、
日々がたっちゃうほどに。。。
でも、この登りかけた山、なんとかカタチにしたいのだー。
ちゅうわけで、続けます。


前回は、レコードキーパーにはいろいろな形があり、
それらは全部理由がある、という話でした。
(まとめてみるとシンプルだな。。。
その続きとしては、どの形が何なのか、というところに行きたいのですが、
その前にどうしても、

石とヒーリングと次元

について説明をしておいた方がいいなあという気がしているので、
そのことをお話ししたいと思いますです。



石のつながり方には、いろいろとあるのですが、
普段はきっとそのことをみんな意識せずにやっていて、
もしくは、混同していて、
いまいちわからんなーってところ、
あるんじゃないかと思うんです。
ええと、、、的確な言葉をどこまで選べるかわからんけど、
私のわかる限り、
石には次元っちゅーか波動の種類っちゅーか、
とにかく、異なる3種類のつながり方があります。


(1) 3次元的、物理的、現世利益的な使い方(by握る圧力や熱など)

(2)4次元的、エーテル的、ヒーリング的な使い方(byマインド、サードアイ、意志)

(3)5次元的、アストラル的、天使的、惑星地球的使い方(byハート)



・・・うーん、何が適切な言葉なのか、私も勉強中の身なもので悩みますが、印象としてはこんな分類。
(1)と(2)ってのが、
普段私達が使っている感じの石の使い方で、
自分の意識を拡大させて現世利益的な願いをかなえる(恋愛成就について石に祈ったり、
もうちょい専門的にいくならば、チャネリングクリスタルを通して、自分の意図を誰かに届けたり、空間を保護するためにグリッドのように石を配置したり、部屋のエネルギー浄化のために石を置いたり、
身体の上に石をレイアウトしてヒーリングしたり、、、)というのが、
だいたい基本的に(1)か(2)です。
まあ、
(1)と(2)を組み合わせることがたぶんけっこう多いはずなので、厳密にわけにくいんですけどね。。。
ただ明確なのは、それらは、
肉体を含めた地球的なエリア、物質、エーテル(目に見えないけれども物質的存在)レベルのエネルギー、周波であり、私たちは無意識であれサードアイやマインドの力を使って、その波動とコネクトしているわけです。

クリスタルヒーリングや、空間調整ってのは、かなり(2)ですね。宇宙の光とつながり、自分のサードアイを通し、そこに明確に意図することで石たちの働きを導きだすわけです。Makoceなんかでも書かれている石についての説明は、この(2)のための参考資料だと言えるでしょう。



で、
これから話そうとしているレコードキーパーは、
(3)なんですね。(1)(2)ではありません。

石のカタチ(ダウだとかウインドウだとかチャネリングだとか)は(2)と(3)に関わるかな・・・でも、レコードキーパーは(3)なのです。それは、石に必ず一人はついているdeva(デーヴァ)とも関連しているから。


デーヴァ・・・まあ呼び方はいろいろとあると思います。小さな天使、精霊、石の守護者、などなど。彼らが石に宿ることで石のエネルギーが保持されています。残念ながら、人工の石にはデーヴァがいないとされています。色づけやビーム系の加工がされた石なども、そのままではデーヴァはいないけれど、場合によってはデーヴァを呼び戻す(新しく呼び入れる)ことができるものもありますが、基本的には天然の石がやっぱり、ちゃんとしていると思います。
例えるなら・・・実際の観葉植物と、ニッセンとかベルメゾンで売ってる光触媒観葉植物、との違い、といえばわかるでしょうか? ぱっと見は一緒なんだけど、やっぱ、種類がぜんぜん違うんですね・・・。デーヴァがいるいないの違い、どんなデーヴァがいるかの違いが、石のエネルギーの違いを作っているといえると思います。



・・・で。
話をもとに戻しますと。
石は、デーヴァが管理してるっつーかデーヴァがいるということを前提に話をすすめますね。ついてけないわ・・・って方はこの先読んでもちんぷんかんぷんかもしれません、すいません^^;
で、
デーヴァが住人で石そのものがお家だとすると、
レコードキーパーってのは、家についている窓とか、
ドアみたいなものなわけです。
その家は不思議なおうちでして、デーヴァと持ち主とが仲良くないと(=何らかの契約がないと)、窓を表面的に見せてくれたり、窓のカギを渡してくれたりしないんです。だから、△が急に出てきたりします。それは窓をあけてもいいよ、お宅拝見の準備がお互いに(ココ大事、お互いに!)できたよ〜ってサインでもあるのです。

ちなみに、クリスタルのカタチで「ウインドウ」と呼ばれているものは、わかりやすく表面的にできている「ドア」です。Devaに会いに行く時、そこを使うと入りやすいです。ひし形のドアなんて、デーヴァたちおしゃれだよねー(笑)


でもってそのお家は、
地球に限らず宇宙ともつながっていて、
情報を受け取ったり(=レシーバー)、
情報を発信したり(=トランスミッター)
しているわけです。
天使的存在は、各所に散らばっているその光のお家たちをつかって、地球をモニターしているといってもある意味過言ではないかもしれない。
だからクリスタルたちの集合意識というか、情報流通の速さはほんとうにおどろきます。
家を持ち運んでくれているのは人間さんなんだけどね。まさに持ちつ持たれつ、「ザ・共存!」、って感じですよ
そんなわけで、人に光の情報を与える役割を彼らは果たすわけです。人も、石と同じく「光の存在」であるのだということを、人間が忘れないように、思い出せるように、彼らは人間のそばにいてくれている、とも言えると思います。その相思相愛の感覚に敬意を払えば払うほど、石たちは持ち主にいろんな情報を届け始めるわけです。エネルギーの等価交換の法則、ギブアンドテイクが成り立っているんだなと私は確信しています。

また、同じ理屈で、
人がクリスタルを使って情報交換することも可能だし(テレパシック・コミュニケーション)、
クリスタルのレインボウ(中で虹色にきらきらしている光)に、まるで魔法のじゅうたんのようにのっかって、違う次元に行ってみることも可能だし(アストラル・トラベル)、
クリスタルをとおしていろんな情報を得ることも可能なんだ、ということを、
なんとなくでいいので、ガッテンしてもらえると(笑)
嬉しいなあ、なんて、おもいます。


carpet


(↑レインボウ。デーヴァから持主へのプレゼントとも言われる。でもって、魔法のじゅうたん^^)


・・・さてさて。
じゃあ、人はどうやってそのデーヴァと話すかというと、

「ハート」を使うのですね。


・・・私は涅槃で「ハート」「ハート」とよく言ってますが、
結局これも「ハート」なんかい!ってねえ^^;
いろんな角度から掘り下げるほどに、
真理ってのはシンプルに収束されていくなあと思う今日この頃・・・。
そんなわけで続きます。
これでもけっこう情報量多いと思うのですが、
お持ちの石を握ったりまじまじ眺めたりしながら、

「どんなデーヴァがいるんだろ?
 私とのつながりって何なんだろ?」

と、
いろいろと「感じて」みてください。
ぜひに、ぜひに。
それをやってから、次の話は読んだ方がいいと思うので。
でもって最後に、
「なんかよくわからんけど続きもオモロそうだ!」
と思っていただけたら、以下にクリックなんぞ、
ポチポチっと、もらえると嬉しいでっす
↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓
精神世界 ランキング 人気ブログランキングへ


いつもほんとうに、ありがとうございます





mineko_ at 19:05|PermalinkComments(4)TrackBack(0)clip!

2009年07月23日

レコードキーパーって、いったいなんなのさ??その2

どもです。峰子です。
昨日の日食、とても素晴らしかったですね!
東京ではあいにくの曇り空でしたが、
欠けていくさまは見れたようですよ^^
不思議だったのが、
日食中の空がプラーナに満ちていたこと!!!
東京の都心部で、あんなに大量のプラーナ、初めて見ました。。。
実はそれにも感動しちゃった。
自然の神秘はすさまじい・・・


090723RK




さてさて。
お待たせしました!
レコードキーパーについて、まとめておきたいと思います。
これは私にとって、
詰め込んでる知識や積み上がった経験を
文字というかたちに一旦吐き出して整理する、
という意味合いを持つので、
レコードキーパーにとどまらない、

「石と付き合うってのはどういうことなのか?」

という部分にも何かとつっこんでいくと思います。
それが皆さんの石ライフの、ちょっとしたヒントや気づきのサポートになると幸いです。
でも、あくまでも私の主観に基づいているところが多々あります。
このブログでも何度も言ってるし、
石屋さん「Makoce(マコーチェイ)」の店長としての自分のスタンスでもあるけれど、

「その石との関係や使い方を一番理解できるのは、
 その持ち主に他ならない。」

ということを私は明確に信じています
(そこにはやっぱり契約があるのだと思うんだよのさ)。
なので、「参考」にはなるかもしれませんが、
それは「正解」でも「確定の話」でも何でもありません。
そこはご理解の上、読んでいただきたいなあと思っています。
私にとっては、いい加減私の中にたまってきたいろんな知恵を
ここいらでいっぺん整理しないと、
さらなる前には進めないわーという状況でして、
(そんなわけで肉体も次に向けまた準備を始めている感じ)
いっぺん「うえっ」って吐き出してみる、
今回はそんな感じかもです。。。
前置き長くてすんません^^;





さて。


前回の写真たちはご覧いただけたでしょうか。
本当にいろんな形があり、どれだけ見ていても、不思議と飽きることがありません。
科学的には、酸やアルカリ、熱などによる「侵食」が原因。と、されています。
それにしては何とも意味ありげな「侵食」跡だよねってーのが、心にくいと思いませんか?(笑)

レコードキーパーは、
私が、石たちと意識的に触れ合うようになって知ってきたさまざまな石の不思議のなかでも、
ある意味一つの目標だったといいますか、
最も神秘的なものであり、最も謎に満ちたものでした。
今だって、100%理解しているとは実は全く思っていなくて、
でも、その叡智の入口には、
やっと立つことができたのかなあ、、、
という気が、しています。



彼らはとても不思議な出現をしたりします。
これまで全く見つからなかったのに、
ある時、ふっと自分の水晶に見つけたりします。
逆に、薄くなったり、急に消えてしまうこともあります。
(それはレインボウにも言えることですね)
そういうのって頭で考えてもうまく理解できないんだけど、
私は実際に、自らの部屋で、
天使たちとの邂逅(かいこう)があったときに
(それはかなり不思議な時間でした。
 まだそのころはいろんなことをうまくハンドリングできなくて、不思議なことがいっぱい起こっていました)
その一夜が明けたら、
部屋中のいくつかのクリスタルに、揃って△のレコードキーパーが登場した、ということを経験したことがあります
むかーーしの涅槃ブログ(もう2年以上前だ・・)に、そのくだりを書いています。そしてその時現れた△たちは今も変わらずそのデザインを表面にとどめています)。

それ以降、
「理屈はわからんけど、レコードキーパーってのは、
 そういうもんらしい。」
と受け入れるようになりました(笑)
だって、、、ねえ。
体験しちゃうと、なかなか否定しづらいじゃん?(笑)




この、謎の彫刻たちは、、、世界中でも、
「レコードキーパー(Record Keepers)」と呼ばれています。
レコードとは、アカシックレコードでもあり、
それは、レムリアやアトランティスといった太古の叡智の記憶でもあるといわれています。
たぶん、ネットや本とかで調べると、

「レムリアやアトランティスの叡智が刻まれている。
 アクセスする準備の整った者の前でそのカタチをあらわす。
 親指などでその部分に触れながらアクセスすると情報を得られる。」

なーんてことがほぼ一様に、載っていると思います。
・・・私は最初、その表現に出会った時、

「・・・うーん、レコードキーパー(以下RKと略します)は、
 何かを記憶してるらしい、ものなんだね・・・ノリとしては
 メモリーチップみたいな感じなのかしらん?
 でも、
 実際問題それがどういうものなのかは、
 さっぱりワカランちん!!!!


でした。
レムリアもアトランティスも叡智もアクセスって言葉もすでに、どういうことか、わかんないしね・・・。
で、
学びの道にある今は、
「大筋ではずれてないと思う。そして、
 具体的に説明しようとすればするほど、
 必要なステップやある程度の経験値を
 読み手に要求することになるので、
 おそらくは真理の伝達そのものを放棄した説明なのだろう。
 すなわち、
 “日本人はよくおじぎをします。”
 レベルの概論にとどめざるを得ないわけである。
 ・・・まあ、
 何も説明してないけど、何かを説明した感じになるってのはみんな、基本的に好きだしな・・・楽だし(そして私だってたぶん、そうしちゃう。)」
というのが、正直な感想です。
その、、、
体感してみないと本当の意味では理解出来ないというものを、
説明するってのは難しいのです(ええっ、いきなり放棄かっ!?(笑))。
だってさーー、
自ら理解した上で、上記のような説明をしている人たちがいったい世の中にどれくらいいるんだ?
言われると何となく、そういう気になるけど、
実際に「叡智」をレコードキーパーから引き出して、
日々の生活に役立てている人って、どれくらいいるんだろう??
(でもって私の野望は、自分がまずそういう人間になることであり、
 そしてそういう人間が今の地球に増えるためのお手伝いをすることなので、
 こんな学びの途上の人になっているわけです^^;)




石ってのはほんと、不思議な存在で、
カタチにはちゃんと意味があるし、
鉱山から普通に掘り出されたように見えても、
「(人の手によって明確な意図のために)形を整えられた」原石だって、あります。
これはもう理屈では絶対に理解できなくて、
ハートに確かめるしかないのだけど、
私はそのことを確信しています。
また、Makoceで石をお届けするようになって、
お客様からの感想で、

「届いて、手に持ってみて、そのあまりのフィット感にびっくりしました!やっぱりこれ、私と縁のある石なんですね♪」

というメールは本当にたくさんあり、私はさらに、自らの確信に自信を持ちました。
これを読んでいる皆さんにも、
「信じられないほど自分にフィットする石」に
出会った経験のあられる方も少なくないと思います。
そんなわけで、私は同様のことを、
レコードキーパーにも感じるわけです。
全てのデザインには意図があり、
それらは生きていて、オリジナルのエネルギーを放っている。
そういう世界に自分が生きている、って感じると、
今、自分が座っている、初めて入った喫茶店のイスにすら、
その息吹と、私と出会えたんだたという奇跡を、
感じることができるわけです。
私にとってRKは、
そのことをいつも思い起こさせてくれる存在でもあります。



・・・・うーん、文章が終わらない!
続きます!
ちょっとこれは久々、続けざまに書きますよ!
知識の吐き出しウィークだわ・・・・
あ!!!忘れていましたが、
「タンジェローズ・フィーバー」のタンジェくんたちをはじめ、
久しぶりにMakoceも、たっくさん更新します&してますです!!
石屋さんって、
やってみて初めて思ったけど、
「せつない」稼業ですね。(しんみり)
今出会っている目の前の子には、
(基本的に)もう二度と会えないんですよ。
そして私の愛する石たちの多くは、
鉱山自体がもう存在しないものが多い(タンジェくん、MGMなど)ので、
市場に出ている残りが尽きれば、
それで完全に終了なわけです。
だから、
今回の子たちを送り届けてしまって、
本当に次があるかなんて、
毎回、さっぱりわからないのです。。。
もちろん、そのあたりのスケジュールは、
ミネラルキングダムにゆだねると私は宇宙に宣言しちゃっているので、
「神のみぞ知る」ってことは、
大前提なんですけどね。。。
けどけど。
感情も所有欲も持っている生身の人間としては、
それなりに、切なく、
そのぶん、目の前の出会いを出来る限り大事にしよう、と、
思います・・・。
あとは人間感覚を超越するしかないっす(笑)だって、彼らがどこにいても、すべてはつながっているんだもん!ミタケーオヤシン!!!!


最後に。
激しく更新が滞っているにも関わらず、
ちょくちょく、サイトを覗きに来てくださって、本当にありがとうございます!
最後にぽちぽちっと「読んでるからねー」クリック、
もらえると、うれしいです!!
↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓
精神世界 ランキング 人気ブログランキングへ


いつも本当に、ありがとうございます



mineko_ at 16:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2009年07月01日

レコードキーパーって、いったいなんなのさ??その1

どもども、峰子です。
タンジェローズフィーバーは今も続いていて、
手元に石たちが届くのが待ち切れない今日この頃。。。
うーん、そろそろ、時機がきたかなぁ。。。
レコードキーパー達について、
まとめておきたいなあと思います。

まずは、その前に!!
レコードキーパーの実物写真を見ることから始めてみませんか?^^
そして、皆さんの直感を、説明より、先に、働かせてくださいませ。。。
何を感じるでしょう?
何が見えますか?
深呼吸して、
写真はクリックすると大きくなります。
(もちろん、何も感じなくてもぜんぜんオッケーです。
純粋に綺麗だしね)


さあ、れっつごー!!


1DSC_0004


凸型三角。


2DSC_0079


凹型三角。


3DSC_0081


ひしがたちゃん。



5DSC_0348


側面 三角。



6TR0006_4


側面 まる。(ちょっとわかりにくいけど)


ご自身でお持ちの石たちにも、そういうカタチ、
あるかもしれません^^
よかったら探してみてくださいね。。。地球は偉大なデザイナーだなぁ、、、


説明は、次回!!乞うご期待☆
よければ最後にクリックお願いします^^
↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓
精神世界 ランキング 人気ブログランキングへ


いつも本当に、ありがとうございます♪





mineko_ at 12:07|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!

2009年05月06日

こどもと石と公園。

どもです、峰子です
高速渋滞すごそうですね・・・・
私にとってGWは、
旅行するというよりも
“やりたかったことをどんどんやり遂げる時間
なので、
えっちらおっちらMakoce(マコーチェイ)の
更新などをしておりました


090506




今回は、妖精大好きストーンのセプタリアンくんや、
スーパーセブン第二弾!も、あります。
スーパーセブンについては、
私も日々、寝るときにベッドの下にしいて寝たりして
かなり日常使いをしているのですが^^;
体調がイイし、
夢を以前よりも鮮明に見ることができて、
(それってサイキック力の開発の第一歩なので)
とってもとっても小さな石なのに偉大な可能性に驚くばかりです。
でも、ちゃんとしたスーパーセブンじゃないものや情報が本当に
出回っているらしく、
本当は、ブラジル、エスピリット・サントのたった一つの鉱脈からしか採れず、現在は採掘されていないこと、
いくつかの鉱物が内包された石は非常に似た外見になることがあり、
単純に見分けるのが難しいこと、
人気があるため、人が意図的に偽物を流布させていること、
いろいろあるようですね・・・今回勉強になりました。
日本国内の卸先であるアースラブワークスさんと
Makoce用の石を選んでいた時も、
「あれ?これ、違うかも??」と思ったものを
その卸さんに見せたら、
彼も、
「あ、これはあやしいですね・・・。ごめんなさいこれはもしかしたら違うかもしれない、もう一度メロディ側に確認取ります、だからこれは買わないでください。」
とのこと。
当初、私としては直感で「むむ?」程度だったのだけど、
(だって、卸さんに絶大の信頼を置いていたから)
それって、
ちょっと「ひょえーー」ですよね。
メロディさんが一つ一つの石を確認したうえで、メロディ自身の著作で定義し提唱するところの「SUPER SEVEN(スーパーセブン)」の基準と要件を満たすとメロディが判断した天然石のみを「SUPER SEVEN(スーパーセブン)」と呼べるわけですが、
しかしごくまれに、このようなケースがあるくらいに、
ちゃんとしたものを探すのは難しいそうです。
でも、
Makoceの子たちは、
そんなケースが初期にあったこともあり、
卸さんと私と二人がかりで、
一つ一つ時間をかけてチェックしたものたちしか取り扱っていないので、
安心してもらってだいじょぶですよ
・・・ほんと、こういう瞬間に、
ミネラルキングダムからの大いなるサポートを感じます。
石たちの案内人として、
石を使って自分をもっと活性化したいと思っている人たちへと
黒子役に徹して、石を届けるこの作業は本当に楽しいです。
(事務面ではほんと、至らないところもたくさんあるので、
 そこはもっと精進しないとなんですけどね

(スーパーセブン、補足ですが・・。
“エレスチャルスーパーセブン”とうたわれているもの、
産地名が明記されていないもの、
インド産、タスマニア産、マダガスカル産などスーパーセブンの産地以外の産地のものも
スーパーセブンだとひとくくりにしているようなもの、
ポイントの形をしているもの
(スーパーセブンはとても高温の環境下で形成されるので、
 どろどろに溶けてしまっているのが普通で、
 原石は水晶の形状をとどめていません)
(※原石のもっとも顕著な特徴は、その表面が熱により溶けていて「川流れ水晶」のように荒れて角が丸くなっている部分があることです。これは、スーパーセブンが地殻の変動により大きな圧力とそれに伴う高温を受けているためであると推測されています。したがって、柱面とファセット面の綺麗なスーパーセブンはほとんど存在しません。)
ほとんと見た目がアメジストのもの、
ヘマタイトの入っているもの、
・・・などは、
残念ながらMelodyさんが登録商標している
スーパーセブンではありません。。。
ちなみに、
Melodyさんが承認しているスーパーセブンのビーズはないです。つまり、スーパーセブンのビーズ製品を販売している
お店さんは、少なくとも正規ルートでの買い付けはしていない、ということです。(そして本物のスーパーセブンであることはほぼない、、、)
また、Melodyさんと一緒に撮りました、という写真を使っている業者にも要注意です。
私は彼女本人から明確に聞いていますが、彼女は自分の写真やサイン、メッセージ等を商売に使ってほしくないと明言しているので、OKを出している写真は彼女単体写真の1カットのみです。
そのことも知らないで(もしくは知っていても、商売目的で)使っていることがありまして、、、当然、そこで売られているスーパーセブンの真偽は、・・・・言わずもがな、ですね。ほんと、お気を付けください。私自身がかつてはお客として、何度も失敗してきたからこそお伝えしています。海外の大きなミネラルショーなどで、彼女とツーショット撮影をするのは、懇意にしていなくても別にむずかしいことではないからです。)
私は、Melody公認ティーチャーとして、
彼女がこういう事実に胸を痛めているのを知っていますので、
彼女の線引きを尊重したいので、ここにお伝えしておきますね。
高額な買い物です。どうぞお気をつけくださいネ^^)








しかしGWに石の撮影していると、
人の出が多いせいもあり、
なおさらお子さんたちが集まってきて
それが本当に面白い!!です。
今回、最高だったのが、
私と、カメラマンさんの二人で、
「光この感じで大丈夫かな?」なーんて
撮影にすごく集中していたら、
カメラマンさんが突然、
「あれれーー?」
とスットンキョウな声をあげまして、
何かと思ったら、
(彼は石を真横から撮るために芝生にうつ伏せで撮影してました)
歩き始めたぐらいの赤ちゃんが、
彼の背中にしっかりとまたがって
(まさにオマルにまたがるかのように(笑))、
撮影中の石を見ていたのでした!!
その赤ちゃんの「だってココ、私の定位置ですけど?」的な表情に私は大爆笑で、その声で気付いたお母さんが
「ごめんなさい!!」
と叫びながら近づいてきて、
赤ちゃんを後ろからひょいっと持ち上げて
「ほんとごめんなさいね!」と言いながら
(でも顔は笑いをこらえるのに必死な感じだった)
お父さんとかいるほうへ戻って行かれたのですけど、
その間も私はずっと笑い続け、
遠巻きに連なってた木の下とかでお弁当食べてるカップル数組も、こっち見てめっちゃ笑ってました(笑)
彼らはたぶん、私たちよりももっと、一部始終を見てたんでしょうね、どうやって赤ちゃんがお母さんの目を離したすきに見知らぬ大人(しかもマジメに撮影中)の背中に乗っかるに至ったか、を(笑)
その光景を誰よりも目撃できなかった
当のカメラマン氏がじゃっかんカワイそうでした^^;


でもその時、
カメラマンさんが面白いことを言ってました。

「いやー、普通さー、何かが背中に急に乗ってたら、
 違和感とか恐怖ではねのけたりすると思うんだけど、
 “危険だ”という気配が全く無かったんだよ。
 なんか、ほわーんとしててさ。
 あれって赤ちゃんのエネルギーだよね。最強だなあ。。」


うーーん、確かに・・・。
赤ちゃんの気配自体、私は感じなかったんだけど(^^;
撮影の場は、エリアをしっかりとグリッド化して、
エネルギーを整えてきれいきれいな状態にしているわけで、
そこと波動が「がっつり合っていた」からこそ、
余計に気配を感じなかったのでは、と。
その状態を日常的に維持している赤ちゃんがスゴイなあ、と。
(だって私はその状況作りのために、
 石やマントラなどを使って“事前準備”が必要なんですもん)

赤ちゃんって、すげーー。

改めてそこを確認させてもらった感じでした




ではでは、また
最後にクリッククリックもらえると、嬉しいでっす
↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓
精神世界 ランキング 人気ブログランキングへ


いつも本当に、ありがとうございます
シロツメクサの葉っぱがじゅうたんみたいになってたのも気持ち良かったよー















mineko_ at 12:05|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!

2009年01月30日

メルキゼデクのじっちゃんに会う

minekomini
どもども。峰子です。
「足をめぐる冒険」の前に、
今日どうしても書きたいことがあるので書いておきます。
・・・うーんと、じゃっかん(いや、かなり?)スットンキョウかもしれませんが、
これが私の体験したリアル・ワールドだったので、
まあいいや、書きます(笑)



今日はなかなかに素敵な日で、
「愛」についていろいろと思いをはせておりました。
そしたら、
その思いとはたぶん全っ然、まったく、
関係ないのだけれど、
その守られた非常に高度なエネルギーのなかで、
突然、
メルキゼデクのじっちゃんの声がきこえてきました。
・・ええと、「メルキゼデクのじっちゃんというのは、
私が、スピリチュアルな勉強を本気でやり始めた当初から、
節目節目に私の前(つっても目には見えない)に現われ、
おそらくは私のスピリット・ティーチャー兼ガイドとして担当してくれている存在で、
時々、私のかなり近くにまで来ていろいろ教えてくれるのですね
(つっても、じっちゃんは人気者らしく、あまり長居はしてくれない)。


まあ、、、、上の世界にいろいろあるマスターたちのオフィスの、
たぶん私の役割に関わる何らかのセクションにいるんではと
私は思ってるのですが、
私のケアをしてくれてることに間違いはない感じの、
そういう存在です。



最近そういえばじっちゃんとは、話してなかったので、
なんか嬉しくて、
「ああ、じっちゃん!久し振り!」
 (↑たぶんこの呼び方は失礼にあたっている^^;)
とニコニコな波動を送ったところ、
「おまえの準備が整ってきた。これを。」
つって、
挨拶も一切無しでじっちゃんがいろんなビジョンを次から次へと私に飛ばしてくるのです。
なんと、それは、

「石たちをつかった、恋愛成就のためのマジック(魔法)」

の、やり方でした。


情報をもらっているときはとても不思議な感じで、
なんというか、どばー!っと何らかのエネルギーが私のオーラのなかにダウンロードされていくのを、私の肉体、脳みそはそのままじゃチンプンカンプンなので、
理解できるように言葉になりそうなものをその中から拾い上げ、
大慌てで私はそれを実際にメモに書き起こしました。
そのあいだ、
じっちゃんが私に言いました。

「多くの存在たちの、人間としての地球人生を
 豊かにするそのサポートのために、
 わが愛する使い手よ、、
ストーンマジックの教師となるがよい
 これは手始めだ。この強力なマジックを、
 どのように他の者に伝えるべきかお前にはわかるだろう。
 マジックは強力であればあるほどシンプルになっていく。
 最後には意志しか残らぬ。
 マザーアースと自らのつながりをお前はもう知っておるな。
 そのパワーを使い、わけあたえ、
 石の力を愛する多くの使い手候補たちに、広めなさい。

 (つーか、とっとと勉強せえ!学ぶことはいっぱいあるのにチンタラやりすぎじゃ、ボケ!)」
  ↑波動的にはこの( )内の表現がほんとはイチバン近い
(><)(笑)


じっちゃんはそうしゃべっている間、
世田谷サロンで私が石のセミナーを開いているというビジョンを見せてくれました。
(そしてそれはとてもいいアースエナジーのバイブレーションで満たされていました。生徒さんたちもまっすぐで素敵なひとばかりだった
そんななか、書き上がったのは、
2種類の、石とシンボルを使った恋愛成就のための魔法でした。
そして、これは不思議で仕方無いんだけど、
私にダウンロードされたこの「魔法」は、
宇宙法則(ファーザースカイ)に基づき、
マザーアースの喜びと慈しみによってもたされたものであり

「ちゃんと実行したならば、効く。」ものであると、
私には明白にわかったのでした。



じっちゃんはそれ以外にも、
私の持っている石とのつながり、
私にしか使えない、
石のよりサイキックな使い方のための
ヒント的なレクチャーをいろいろと見せてくれたあと、
ひょいっと、姿を消したのでした。
これまでにもじっちゃんとは話をしてきたけれども、
これほどに具体的に、
そして何かを「授けられた」のは、
今日が、
ほんとうに今日が、
初めての体験だったのでした。




・・・・サンキュウ!じっちゃん!!!
今年はほんと、精進してみるね。
ワタクシ、重い腰をあげて、なんとかがんばってみるべよーー。
だから愛とともに、宇宙規模で見守っててね。
応援しててよ、愛してるネ!!!!




・・・・いやあ、実は最近、
石を本当に本当に効果的に「使う」には、
彼らの光のパワーを最大限に引き出す「ルール」的なものがあるはずだ、
そして私はそれを使いこなし、多くの人にシェアする修行もかねて「マコーチェイ」やってるはずだ、
ってことをずーっっと考えていたんですが、
今日、
ほんとうに大きな大きなヒントを、
もらった気がしています。
つっても私自身は肉体生活も駆使せなアカンわけで、
今日もらったものを己の内側で育てるための物理的な時間は
たぶん必要なんですが、
絶対に、カタチにしてみよう。
そう思った不思議な一日でした。



・‥…━━━☆・‥…━━━☆



いやーー。楽しかったなー。今日ー。
たぶんきっと、
私以外には全く、リアリティ無い話かもしれないんだけど、
こんなぶっ飛んだこと言ってる人も呼吸を許されて、生きていられる地球って、
フトコロ深いなーって(笑)
その程度、思ってもらえたら、幸せでっす!!
ひっさびさに連続で更新してみました。
最後まで読んでくださってありがとうです^^
愛をこめて、
峰子


「なんかワカランけどおもろい!」クリックも、
最後にもらえると、
調子に乗ってもっと書きます(笑)
↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓
精神世界 ランキング 人気ブログランキングへ



いつもほんとうに、ありがとうございます!




mineko_ at 02:29|PermalinkComments(4)TrackBack(0)clip!

2008年11月19日

ディアナとチャクラセットと添い寝

峰子です。連チャンちゃんです。

いやーーーーー、

前回の涅槃を書きながらもですが、
ゆれた。

ゆれてました。

まぁ。一連で読んでくださっている皆様には
バレバレでしたでしょうが^^;


自分が、
すっげーーーー、
ゆれておりましたでござるよ。


「不安なんか、どこからでも引っ張ってこれる。」

これ、昔っから自分が自分に言い続けてきたこと。
(たった今の自分は、これがハートの言葉ではないと
 やっとこさわかりましたが←気づくの遅い
まさに自分がそれに、
おちいりそうだった。


でも、昨日ね、
"とにかくいろいろ自分がアンバランスだから、
 チャクラのバランスあたりから調整しよう。"
と思って、
メロディ♪さんのご友人特製の、
メタモルフォシスで作ったチャクラセットを
イスの下においてたんですが、
(そう、この石たちは、イスの下においてるだけでチャクラを調整してくれるというふうに、特殊なカッティングがされているのですね。そのカッティングと、なんせメタモ7個分ってことで、お値段はけっこうそれなりにするんだけど、ほんとに、そやってイスに座った途端"ぶわわわーーん"って波動がきてカチャカチャ調整始まるんで、信頼してます。
なぜか国内で扱ってるとこ見たことないし、欲しい人がおられるならマコーチェイで扱ってみようかなと思ってます。一生モンだからね。あ、その前に、前々からお伝えしているタンブルのチャクラセットをお出ししたいのですが、私の専用トリセツ完成待ちなのです、すみません・・・
目の前にPCなんかあるもんで、
調べなくてもいい検索用語入れて
似てるシチュエーション調べてみたり、
結局そのまんま人の意見ばっか読んじゃって、振り回されて、
いろいろ考え事して、
どんどんとネガティブな気分になってたら、

置いてあるそのメタモたちが、急に、

「みねちゃーーん。みねちゃーーーん。信じるんだ!
 自分自身と、自分が愛した人のことを信じるんだ!
 そのためのハートの行動だったんだろー?
 うじうじメソメソするために立ち上がったんじゃないんだろー?
 みねちゃんが泣いてると、部屋がさびしくなって、
 ボクたちもさびしくなっちゃうんだよーーー。
 みねちゃーーん。ボクらを無視するんじゃないやーい。


って、騒ぎ出したのです。
私は、その石たちはチャクラ調整セットだからって、なんか何となく一度も話しかけたりしてなかったものだから、びっくりして、そのちっこい2センチ四方も無い石(今思えばセットの中でイチバン大きな石。代表なんでしょうね^^)をいっこ拾い上げたら、その石が手のひらでまた

「みねちゃーーん、みねちゃーーん。泣くなー、泣くなよーぅ。」

って、ちっこいくせに、
いっぱいいっぱいの大声で、叫ぶもんだから、
(・・・なんで私、こんなみんなに心配されとんねん・・・)
って、
逆にまた大泣きです。
うえーーーん、ごめんよーーーでもさびしいんだよーー(><)、って(涙)



でもね、そのうちに。


泣いてるうちに、
石たちの強い信念を感じ取ることが出来たのです。
そう、、、彼らはいつだって、揺るぎなかった。
(まあ、それが土であり石である彼らの基本的な性質なんだが)
何に対して揺るぎないかというと、

「心ある人は絶対にいい方向へいい方向へと向かっていく」
「愛はいつだってどこでだって、最強だ
「光は多くの存在を支える、そして我々は、光である」


こういったことに対して本当に本当に、「揺るぎない」。
ある意味・・・・ガンコ?意固地?と言ってもいいくらいに(笑)



そのちっこい石はまた、私の手の中で叫びます。

「みねちゃーん、
 信じるって自分が決めたんじゃないか?
 宇宙に宣言もしたんだろ? 
 また、その後の"でもでも"攻撃にヤラれてるぞーー。
 いろんな人はいつだっていろんなことを言うぞー。
 いつものみねちゃんだったらそこ、
 いいとこどりしてスルーするだろー?
 そのどれも、一側面しか見えてないんだ、
 当事者じゃあないんだ、正解なんか言わないんだぞー。
 キミは、キミの最初の直感を自分で信じるって
 決めたんだろー。
 それは、誰に何をいわれようと、
 キミを、そしてキミの信じた人を信じるってコトだったんじゃ
 ないのか?思い出すんだ、そのための涅槃での宣言でもあったんだろー?
 おーい、おーーーい。」


・・・と。


・・・・うっわーー。
その通りです。
なんだコイツ、ブレないなーーー。
それにくらべてここ数日のアタシときたら!
・・で、
ちょっと私は落ちついてきた。
そして、ディアナをまた手に取って、ハートにあてました。


081118diana


(写真はディアナとメタモ・チャクラセット)




・・・ディアナは。
金色に笑っていました
(なんかこういうふうにしかうまく表現できないんだけど)。
まぁーー、どっかりしていました。
結局ゆれてたのは私だけで、周りはただ、
そんな私を気遣って遠巻きにしてただけのようです。
そして私は、
彼女が、私の本当に本当に古くからの「戦友」であり
(涅槃に書きましたが人間記憶だと8500年前のSumeria、
 宇宙時代から数えるともう気絶しそうに長い付き合い)、
彼女にとっちゃこんな私、
気の遠くなるほど見てきていて、

"ふーん。人間のときは、スピリットってほんと、弱くなんのねー。たいしたことないじゃないのよ別に、ぜーんぜん、大丈夫なのに。"

ぐらいの冷静さで私を守ってくれていることが、わかったのです。

(なんで石はそんな余裕なんだ、だって、仕方ないじゃん!肉体レベルまで波動さげるのってだから大変なんじゃん、こんな宇宙の僻地でさー届く光がさーそもそもさー遠いんだよ!
なーんて文句も言いたくなったけど、
そんなの石のほうが重々承知だし、
自分が弱っていたのは事実なので、


ディアナと、そのチャクラセットと一緒に、
眠りにつくことにしました。
(実は金曜日以降は、全く眠れない夜が続いていました)


普段はね、寝るときは石を身につけないのです。
寝てるときにも交流してると人によっては疲れるからね。
でも、今の私には必要でした。
石たちも「やっと自分たちの出番だ!」って感じで、
喜んでるのを感じます。
ふとんにもぞもぞともぐりこんで、
ディアナをハートにあてて(デカイのでちょいと重いが)瞑想していると、
本当に、本当に精神が落ちついてきて、
私は、
ディアナのゴールデンエネルギーに守られながら、
知らないうちにぐっすりと、眠り込んでいました。



そして、
夢を見ました。
夢の中でその人も出てきました。
彼は、とある四角いカタチのものを、
両手の中でまあるく作り変えて私に見せてくれました。
「みねちゃんのいない間にね、やっといたよ。
 だってこの方がやっぱり、
 二人にとって、気持ちいいからね。」
というコトバと、一緒に。
・・・なんなんだろうね、メッセージかもね。^^
それ以外は本っ当に変なシチュエーションの夢だったけど(やっぱ石は、人間生活について100%理解してるわけではないと思った・・・妖精的にぶっ飛んだ人しか出てこなかったんだもん・例えばスーツにアクリル絵の具で自分でペイントしてキラキラ派手模様にしちゃう人とかさ、なんかポニョに出てきたフジモリみたいな感じの人ばっか出てきたの・笑





目が覚めて、
変わらずにディアナは私の隣にいて、
そして私は、
シンプルに表現するならば、
「いつもの私」に戻っていました。
私がちゃんと、私の中心に戻っていました。
寝起きなのにすごく、マインドがクリアで、

「そうだ、いっこ、こういうときのルールを忘れていた。
(それを涅槃読者さんに伝えることも忘れていた!)
ハートの行動をしたあとはね、
ぐじぐじウジウジ変なことや小手先の何かを考えたりしなきゃと思ったりせずに、

宇宙の道理に自分をゆだねるんだ。
つまり、

流れに身を任せるんだ。

(えーと繰り返すけど行動した後、の話だからね。
 行動せずにゆだねても、
 なーんにも、世界は変わりません!)
そしてその間、お気楽極楽に、
"えーー大丈夫だよ?だって結果がそうなるって私、分かってるもん。"
そのために行動したんだもーん。
ってなノリで、
目的が達成された状態のハートの穏やかさを
保つようにする。

まるで、達成したかのような、
ココロのゆとりを作り出すんだ。
すると現実は、そこに引き寄せられて行かざるを得なくなる。
波動の法則とは、そういうもの。
自らの想像力はこういうとき敵になる場合が圧倒的に多いので、注意!
何せハートから出たものではないからね。
ハートはいつだって答えをわかってる。
だから、わざわざ想像なんか、しないんだよ。」


このことを、
なんだか、全身全霊で、思い起こしたのでした。
そして、先週のアタマに、とある人に、

「奇跡は起こせるんだ。なのに、何で、キミは、やらない?
 その可能性を信じない? ばっかだなー、もったいない。」


というコトバをもらってたことを、思い出しました。
(そのときには私は、「え、全然おこせるよ!」って瞬間的に思ったのに、結局は信じてなかったことを、気づかされたわけです・・・でもね、そのコトバが聞こえているというコトは、少なからずその波動が届く世界にいるってことだから、ね。この涅槃読者さんもそうだけどさ^^)


またもや、先週の半ばにある人に言われた、

「あなたは普通の人以上に、
 意識的に光にフォーカスするということをしないといけません。
 そうしないとそれ以外の力に簡単に引っ張られます。」



というコトバ、
実はさっっぱり、意味不明、って思ってたんだけど、
そのコトバの重みに何故かあらがえないショックを感じたので、
無視できなかったのですが、
(私は自分で自分のこと、人よりも光を見ている、と思っていた)
それについても謎が解けました。


いやはや、ほんとに、わかったよーーー。
私は、
自分が思っている以上に、はるかに、

マインドのエネルギーが、強いんだ。

だから、ハートをコントロールしようとする力が、大きい
(そしてそういうコドモ時代を過ごしてきたのは自覚している)
だらだら考えてるうちに、
ハートよりも思考ばかりをオートマティックに優先させたり、
物質エネルギーに振り回されることが、人よりも多い
だから、文字通り、ココロしておきなさいよ
ってこと、だったんだ・・・・
(そんな私を選んで生まれてきたのは自分だから、
 そこにはそれをクリアするって目標と決意があるはずなんだけどね)



そんなわけで。
なんというかすべてのことが芋づる式につながって、
ひも解かれて、
ブレない自分が、ちょっとずつ、
戻ってきたのでした。
そしてこれは、石たちだけじゃなくて、
この涅槃を読んでくれて、
何かしら共鳴してくれた、お一人おひとりのエネルギーにも、
泣けてくるたくさんのコメントたちを含め、助けてもらったんだと、
これを書きながら今、痛感しています。
ほんとに、ありがとう!!!!!!




私は、ここに改めて宣言する。
最初の直感を私は貫きとおすよ。
そもそものはじまり、
原初の「勇気」、
いっちばん最初に、セラフィムが私に語った言葉たちを、
私は、改めて、信じる。
そのように行動する。
そして、
マラビージャの境地を多くの人に伝えるという、
私たちの使命を、信じる。
果てしなく愛する人のことを、
どんな宇宙よりも果てしなく、信じる。
いつだって、
宇宙は、地球は、輝きに満ちている。
今日の月も美しかったよ。
ハート(HEART)は、アース(EARTH)だ。その逆もしかり。
ハートとハートがくっつくと、こうなる。

HEARTHEART=HEAR THE ART.

それを証明するために地球にやってきたんだ。
負けるもんか!
私は、私たちは、
いつ何時も、
武器ではなく愛を用いて自らと愛する者のために戦い抜く、
「戦士」だ。





そして、
仲間でありガイドであり戦友のディアナ、
改めて、ありがとう。あなたはいつだって私を引き上げるね。
3年前、職も放り出して恋愛もボロボロで、
この人生始まって以来のどん底に陥ってたとき、
そのおかげで私は、石に頼った。
その時期があったから私は、あなたにまた、めぐり合えたんだ。
・・・ピンチは、チャンスだったんだね。いつだって。
感謝してやみません。
ありがとう。
ありがとう。
愛をこめて。愛とともに。
信じる。
そして、
愛する。



(・・・今日は最後に、ある文章を引用します。
 これは、ある側面ではとても個人的な引用なんだけど、
 これを読んでいるどなたかのためにも、
 届ける必要があるようなので、
 その人が気づくことを、、、祈って。
 いつもいつも、本当に、ありがとうございます。)
↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓
精神世界 ランキング 人気ブログランキングへ





「ひとつの源から生まれ、男性と女性の肉体に分かれて宿った魂。それが私とスティーブンでした。常に同じタイミングで物質世界に生まれるとは限りません。一方が人間の肉体を持ち、もう一方がスピリット・ガイドとなる場合もあります。
 アセンデッド・マスターの教えでは、ツイン・フレームが同じタイミングで生まれ変わると、同時に物質世界に生まれ変わる可能性が高いそうです。そして、それが物質世界に生まれ変わる最後のときとなります。肉体を持った状態で喜びを分かち合う最後のチャンスと言えるでしょう。

(中略)

これまでのことを考えると、もっと早く出会っていてもよかったように思えました。

(中略)

最初の頃は、どうしてもっと早く会うことができなかったのかと嘆き合いました。「もっと早く会えていれば、余計な痛みを感じなくて済んだのに。」私たちは、何回もこう言いました。でも、結局はこう考えることにしました。すべてはタイミング。いくら出会うチャンスがあっても、タイミングが正しくなければ実際に顔を合わせることは出来ません。私たちはそれぞれ、違う相手との関係から学び、成長する時間が必要だったのでしょう。」


  −ドリーン・バーチュー/魂の伴侶と出会う旅 より−






mineko_ at 03:33|PermalinkComments(8)TrackBack(0)clip!
    follow me on Twitter
    峰子最新情報↓↓↓クリック^^
    地球にクリック♪
    Moon Calender
    CURRENT MOON
    IMAGINE PEACE

    あああ