2014年12月24日

スーパーセブンの真偽について

どもです。峰子です
2014年はミネラルキングダム的にはグランド・フォーメーション・イヤーだったのですが
(ってなんだそれ?ってね^^;このブログでも説明してなくてごめんなさい。
 Melodyセミナー等に出ていただいた方はそれが何なのかお分かりになるかと思いますが、、、
 グランド・フォーメーションについても後で軽くお話しします)

その流れで、グランド・フォーメーション・ストーンの中でも最たるものであるスーパーセブンについて、
前に書いた時よりも、アップデートされた話もありますので、
今、改めて、最新情報をお伝えできればと思います。
(どうぞこちらの情報を優先してご覧ください)

※注
といっても、私はメロディさんでは無いので、
あくまでもメロディ公認のティーチャーとして、
そして、まだまだ日々勉強中の身ではありますが、
石屋さんの店長という責任感の範囲内で、
もろもろ把握している情報から、お届けしますね。


なぜ、この話を書いておこうと思ったのか。

理由その1。
「これ、スーパーセブンだと言われて買ったんです」とセミナー等でいろんな石好きの方々が私に石を見せてくださる際に、
「メロディさんが自身の著作で定義し提唱するところのスーパーセブンでは『無い』もの」が、
・・・それなりに多いのですね。
(それについて、私でもわかる範囲のものは、お伝えするようにしています)
その方は、やっぱりスーパーセブンだと思って買ったわけで、「えー(涙)」と。悲しくなるわけですよ。いくら、その石がスーパーセブンでは無いというだけでもちろん、自然石としての素晴らしさはあるとしても、、ね。
たとえがいいかわかんないけど、
「松阪牛と言われて高いステーキ買ったけど実は豚肉でした。いや、松阪牛ではないけれど、同じ肉ってことに嘘はないわけですからね、だから安心してくださいねー」とその業者さんに言われちゃうみたいなもんですよね。
(言い過ぎ?でもそんな感じしませんか
常々、残念だと思っていて、、、いっぺんちゃんと書いたろやないか(なぜに大阪弁(笑))と思ったわけです。
※ちなみに、スーパーセブン(英語表記 SUPER SEVEN)は、メロディ・ワークショップ等でスーパーセブンではない石が使われたりしないように、メロディさんが、米国に限らず日本国内でも商標権を取って保護していらっしゃいます。


理由その2。
スーパーセブンは、「売れる」ので、残念ながら「商売目的」で(故意に)明らかな偽物もスーパーセブンとして売られていることが多い。(特に日本。少しでも信憑性を高めるために、メロディさんの写真を無断使用しているところもあるようです。これについては後述します)
 ※これは、同じくメロディさんが商標を持っている「メタモルフォーシス」もそうです。


理由その3。
スーパーセブンは、その石の特質上、本物か偽物かを店頭などで簡単に見極めるのが非常に難しく、お店の人ですら知らないうちに偽物を売っている可能性も、無いとは言えない。


理由その4。(ここがいちばん大きい)
私の石の師匠であり、スーパーセブンの名付け親であるメロディさんが、この現状について、胸を痛めておられる。これが私にとってはいちばん大きい理由です。


理由その5。
今現在、グランドフォーメーションについての正しい情報を、それを知っている者がお伝えしていかないといけない流れにあり、ミネラルキングダムのバックアップを受けながら、私自身も、そのサポートのためにちゃんと発信しないといけない、という流れを感じております。
(今も、私のPCの横に鎮座ましましているスーパーセブンが、「そうだそうだー!」とキラキラ光って応援してくれております
IMG_2300

(この子は原石ポリッシュちゃんです)


で、以下説明です。

スーパーセブンは、
メロディさんの本で書かれている特徴として、
大きくは以下の二つがあります。


・ブラジル、エスピリトサント州のとある鉱山で産出された(何年も前にその鉱山は水没しており、したがって新しい産出はあり得ない。ブラジルのバイア産、インド産、マダガスカル産などなど存在しえない。)


・クオーツ、アメシスト、スモーキークオーツ、ゲーサイト、
ルチル、カコクセナイト、レピドクロサイトが、「グランド・フォーメーション」として、形成されて産出する。




グランド・フォーメーションについて補足しますと、
グランド・フォーメーションというのも、メロディさんが定義された言葉で、通常はいくつかの鉱物で構成されていて、それらがその個々の質を持ちながらも、その構造や質が統合されることで、新たな質を獲得しているもの、を指します。
たとえば、スーパーセブンで言いますと、スーパーセブンの形成過程は、(気の遠くなる時間をかけて石たちは形作られるので、その細かな段階を厳密に定義するのは専門家にとっても難しいのですが)おそらくは、上述したような内包物を含む個別のポイント(例:ルチルの入ったクオーツとか、ゲーサイトの入ったアメシスト、といったような)が存在していた地層に、地殻変動が起こり、とてつもない圧力と高熱がかかってある意味一つに溶け合ってしまったようなことが起きたのではないか、と推測されています。
それにより、スーパーセブンという「グランド・フォーメーション」の石が出来上がった、と言われています。



以下、私が何年も何年もスーパーセブンを扱ってきた経験、メロディさん、ボブさん、そしてメロディの愛弟子であり^^国内の正規輸入元であるアースラブワークスの塩原さん、から聞いた情報を合わせて下記に「真のスーパーセブンを欲する人のための本物見極め情報を書いておきます。


・ブラジル・エスピリトサント産のものであること(産地表記の無いショップは避けたほうがよいかと)


・「スーパーセブン」として「メロディ発行のすかし入り証明書つき」で売られていること 
×間違いやすい名称例(以下は本物の可能性低いです)×
エレスチャルセブン、セイクレッドセブンのみの表記、
メロディストーンのみの表記、スーパーシックス、
スーパーファイブ、
エレスチャルアメシスト(スーパーセブン)、みたいに何かの名称を書いた後にカッコ:スーパーセブンと表記するetc
IMG_2293

(メロディ発行のすかし入り証明書:表)
IMG_2294

(メロディ発行のすかし入り証明書:裏のすかし)


・上述したように非常に高温の状態で形成されているので、表面は溶けて固まったようになっていることが多い(原石の場合。こんな感じ↓)
IMG_2296



・明らかな紫色のみ、の原石やタンブル(柱面とファセットが綺麗なアメシストとかスモーキーアメシストのポイントで何か内包物が入っているものがスーパーセブンとして売られていることが非常に多い)


・世界中に出回る「本物」のスーパーセブンは、メロディさんと、彼女の長年の盟友であるボブ・ジャクソンさんがチェックしたもののこと「だけ」を指す、と考えておくのが、最も偽物をつかまないで済みます(そしてそれらにはすべて「メロディ発行のすかし入り証明書」がついています)。
私が知る限り、ボブさんもメロディさんも、スーパーセブンのビーズは販売したこと&扱ったことがありません。
原石(部分的にポリッシュされたものも含む)かタンブル(どちらも出回った量は少なく、現在はほぼ出回らない)、下の写真のような平たくポリッシュされたもの(ルース、と呼ぶことが多いです)、ボブさんお手製のスペシャルシャクラセット、のみでこれまで流通してきました。
(つまり、糸を通す穴のあるスーパーセブンはメロディさんが鑑定したものでは無いということです。以上・・・この意味をお察しください。)
SSS4_4

(こういうのがルース)


・見た目では非常に判断しづらい、というのは、スーパーセブン独特のグランドフォーメーションという形成のされ方が大きく関与しており、例え上記の7種の鉱物を確認できなかったとしても、それがスーパーセブンのグランドフォーメーションの鉱脈から産出されたものであれば、スーパーセブンとしてのエネルギーを確かに備えていて、メロディさんもそれを確認して、証明書を添えて世に出していらっしゃいます。
 私も個人的に一時期気になって、7種目視できるもの、そうでないもののエネルギーチェックを一通り実験してみことがあります。その結果、本物とされているものは全て等しくスーパーセブンのパワーを感じることが出来ました。つまりそれこそが「グランド・フォーメーション」してるってことなんだなあと個人的には納得した経緯があります。
(余談ですがしたがって、マコーチェイでは、7種確認できるかどうかはこだわっていません。しかるべき正しい卸さんから100%仕入れること、それだけでなく、自分のエネルギーチェックの力も使ってさらに「マコーチェイでお届けしたい、スーパーセブンらしいスーパーセブン」を厳選しています。むしろ、何が中に目視できるかに変にこだわることで、その方はきっとスーパーセブンの本質を見失うだろうなぁと、個人的には危惧しています。目視の時点でもうあやふやですしね^^;)


・見た目で判断しづらいといえ、、、見た目で明らかに違うものもあります。目視しやすいのは、ヘマタイトかもしれません。
(ヘマタイト入りのスーパーセブン、と銘打って売られているものを見た時にはのけぞりましたが(><)それはスーパーセブンでは無いですヨ〜

 ちなみに、少しマニアックですが^^;ルースに加工される際に、原石に内包する針に対してどの角度でカットして磨いたか、によっても、見た目の見え方が変わります。。。。なもんで、素人が目視するのをがんばるというよりは、正規のルートで仕入れられているお店を選び、かつ、上述のすかし入り証明書がついているスーパーセブン以外には目もくれないぐらいが安全だと私は思いますよ・・・・^^;
IMG_2298

(カットの違いで見え方が変わる。これ全部本物です)


・メロディさんの「名前」を不当に商売に使ってそうな雰囲気のあるショップで買うのは避ける。
正直これは、「気持ちの問題」かもしれませんが^^; 
別にお店なんで、商売目的で石を売っている場所であるはずなので、そんなのそのショップの方針で構わないわけですが(なので、そこは別に私は否定するつもりはありません)、、、ただ、「商売のために」が時に行き過ぎる可能性があることを懸念しておこう、というのと、おそらくはメロディさんとそんなに接点がなく、ただ「スーパーセブンで一儲けしよう」というお店ほど、メロディさんの名前や写真を無断で出すだろう、ということに、私は弟子のひとりとして警鐘を鳴らしておきたいのです。

メロディさんから一度でも直接学びを受けた方ならみなさんご存知ですが、メロディさんは、「メロディさんと一緒に取った写真をブログなどにアップすること」は、NGを出されています。彼女の来日セミナーのたびに、そういった彼女のプライバシーを尊重してきた日本の人達を彼女は愛しているので、ツーソンショウなどで彼女のブースに行って、本や石を買って「サインして!」とか「一緒に写真撮って!」と日本人ぽい人がお願いすると、「遠路はるばるよくここまで遊びに来てくれた」と、彼女は快く引き受けてくれます。
(そこで、わざわざ毎回、“でもそれをメディアにアップしたり宣伝に使わないでね”と彼女は言っていないだけです。だって普通、撮影する側が了承とりますよね?ましてや、仕入れた石を売る時にメロディさんの写真を載せたくて撮るなら、なおさら、了承を取るべきですよね?芸能人の写真撮って許可なくツイッターにがんがんアップするみたいな気持ち悪さを感じませんか?)

ずいぶんと親しい距離にいる人ほど、彼女のプライバシーを尊重するので、「どこかにアップとかしないからね〜あくまでも今日の記念です」と彼女に伝えたうえで一緒に写真を撮るぐらいです(私もそうしています)。彼女にも彼女のアーティスト性があり、ちゃんと、「使ってよい」と用意してくれている写真がありまして、基本的にそれ以外の写真を販促ツールとして使用することはNGなのです。
つまり、、、それを知らないお店だ、ということです。あとは、推測してください・・・。


以下、ご参考まで、「本物」のスーパーセブンの写真をアップしておきます。
(もちろん、これと一緒じゃないと偽物というわけでもないし、ややこしいことにこれらと見た目すっごい似てるのに偽物、も流通しています。大きく異なるものはまずいちばんに疑問を持ってもよいかもと。とはいえあくまでも参考まで、です)

SS04_5

SS06_4

SS0060_3

SS05_4

SS02_4

SS01_4

SSS10_2

IMG_2295

IMG_2297

super4



えーー。長々と書きましたが、今日のこのブログ記事が、「メロディさんが自身の著作で定義し提唱するところのスーパーセブンを探しておられる方」に、しかるべきタイミングで、ちゃんと届くように心からお祈りをしております。

スーパーセブンという石は、確かに本当に強力な魅力があります。(私も大好きです)
魅力があるからこそ、名前だけが一人歩きし、あるいはメジャーな名前だから勝手に使っちゃえばいいじゃん的に軽視されたり早合点されたり、いろんなエネルギーも巻き起こし、良かれと思って間違った情報が出回ることもあるんだと思うんです。
そして、偽物として売られている石にも、罪はありません。(石たちは善悪で裁くようなことはしません。だからこそ、人は人として自身で試されるべきだと思います)


最後に、、、、これまで、たくさんの石に触れたり、石をリーディングしてきて、ミネラルキングダム(鉱物たちのおおもとのスピリットの集まるところ)とつながっていると自負し、彼らのスピリット、人間への献身を愛し尊重したいと切に願っている一人の人間として、伝えておきたいことがあります。
メロディさんがどれだけ、真摯に、深い愛と謙虚さと全身全霊をもって、ミネラルキングダムに長年その身を捧げてきたのか。そしてミネラルキングダムはそのことをどれほど深く理解し、愛し、彼女を祝福しているか。
私は彼女の、その献身を尊敬しています。
そこを踏みにじられたくないのです。
メロディさん本人と話してきたからだけではありません。折に触れ、スーパーセブンだけでないいろんな石たちが私にたくさん、メロディさんについて教えてくれます。石たちと接してきた彼女のアティチュード(姿勢)についてビジョンを見せてくれるのです。
石たちは、彼女のこれまでの「石たちの魅力を人間界に広げていこうとする」努力のヒストリーを最初から見守り続けています。お前も彼女を見習いなさい、石と人間との正しい結びつきについて、語りなさい、と、鼓舞してくれることもあります。

そのたびに私は、彼女のこれまでの献身を思い、 
涙が出ます。

その道を切り開いてもらったからこそ、石たちのたくさんの情報をすでに得られている今があるんです。私たちはもうすでにギフトをもらっているわけです。
だから、彼女の思いを、ちゃんと、届けたい。





長々と失礼しました^^
愛をこめて、愛と共に。
メロディ公認ティーチャー 岡峰子

    follow me on Twitter
    峰子最新情報↓↓↓クリック^^
    地球にクリック♪
    Moon Calender
    CURRENT MOON
    IMAGINE PEACE

    あああ