2008年06月05日

自分の宇宙にグランディングゥ!!

どもども、巫音子です。
由巫子ちゃんお帰りなさい〜
コンスタンティンといえばですね、
あるとき、家で一人で部屋も暗くして、
すんんごく集中してコンスタンティンを見ていたのです。
(あ、この映画は、悪魔祓いの映画です)
で、
人にとりついた悪魔(イーブル)と彼が格闘している真っ最中に
由巫子ちゃんから電話がかかってきて、

「(家の一部が)こ、こ、壊れた!!」

という第一声に、
わたしゃその時「イーブルの仕業か!?えーっとわたしゃキアヌ役か?このケイタイ越しに善の波動送るにゃ、えっと、どうすりゃいいんだっけ?」・・・と、
どっちが映画でどっちが現実か混乱したっちゅう、アホな思い出があります(←半分本気だったところが一層アホですが・笑)


080605

太陽の塔とグランディング!(笑)



さてさて。

>地球にグラウンディングしても、
>やっぱ自分がグラグラしちゃいます。


実は最近、このこと、気になっておりました。
そもそも、ちょいとスピなこと知り始めると、
「グランディング(地に足つけること)って大事だよー」
「グランディングが苦手です・・・」
なーんてコト言ってる人や本に出会ったりするのだけど、

そもそも、なんでグランディングって必要?
上とつながるにはさー、
地上より足が浮いてるぐらいでもいいんじゃないの?


なーんて、思いませんかい?
私は最初、そう思ってたの。
だからいろいろ試してみたもんで、
今の結論にたどり着いたのですが。
だいたいね、いろんなところで言われているのは、
以下のようなものにまとめられると思います。

大地(地球)と自分をつなぐことで、
自分を見失わないようにする。
また、肉体を持ったまま上の次元へとふわついていると、
不用意に異次元のエネルギーを受けやすいので、
それを避けるためにも大地にアースする。


父なる天からのエネルギーをしっかりと我が肉体で受け取り、
それを母なる大地へとつなげて、
自らの肉体を御子の似姿とする。



文字のごとく、「着地する」


・・・・これらの説明どれもすべて、
ある意味、その通りだと思うのですが、
私が今たどり着いている結論は、以下です。


「本当の意味でのグランディングとは、
 自分自身の宇宙、
 そして大地(=自分の肉体)にグランディングすることだ。
 なぜなら、自分は、
 自分の宇宙を生きており、
 それは自分だけの独自のものである。
 それを、多くの人が分かりやすくイメージできるように、
 大地に自分をつなげるとか、
 地に足をつけるという表現がなされたのだろう。」



自分の肉体は目で見ることができるから、
自分ってついついそのサイズでしか無いと、思ってしまうけれど、
スピリットとしての自分は、
そんなとこにおさまりきれるサイズではないのですね。
一人一人がちょっとした宇宙サイズだなんて言ったら、
ぶっ飛ぶかもしれないけれど、
それぐらいの勢いで、自分ってのは存在しているのです。
それ系の本を読んだらいくらでも学術的に証明されていることがわかるでしょう。
人は、その人自身の宇宙を生きている。
天使たちが人間を見るようにして描写するならば、
光のセンターとして肉体&オーラに散らばる無数のチャクラは、
まるで、
宇宙にぽっかり浮かぶ銀河系のように
キラキラと光っている

人間は、ホントはそういう存在なんです。
その、自分だけの宇宙に、
肉体を持っている真ん中の自分自身が、
ぶれないように生きていくには、
宇宙空間で自らの体を固定するように、
自分から伸びていく光のチューブを、
自分宇宙のはじっこに、固定する、のです。

・・・・わけ、わかりにくいですね、スミマセン。
でも何となくイメージをつかんでもらえると、嬉しいです。



■具体的なやり方■
(これをより効果的にやりたい人は、「ライトボディの目覚め」アリエル/タチ=レン著にある、「チャクラ融合への祈り」も参考にするとバッチリです

.螢薀奪スして立つか、いすに座る。

胸腺(両鎖骨の中間から5センチくらい下)を数回たたき、体の重心をセンタリングする。

7擇目を閉じ、深い呼吸をしながら、ハートチャクラの光が、どんどん大きくなって、自分の肉体をすっぽり包み込むぐらいの大きさにまで広がっていくとイメージする(息を吸い込むたびにハートの中心へと外の世界から光が取り込まれて、息を吐き出す時には取り込んだ光が、ハートから膨らんでいく光の球体の隅々にまで行きわたっていくことをイメージする)

自分自身が眩しい光の球体にすっぽり覆われたと感じたら、その空間はすごく安心で、光に満ち溢れた空間であることを再確認し、その自分を中心として、地球もすっぽり包み込む勢いで横長のだ円形で広がっている「自分の宇宙」の存在を感じる。それは、一見暗闇に感じられるかもしれないけれど、確実に自分自身であり、自分だけの満たされた世界であると認識する。

ぜ分を包む光の球体から、上下に、光のロープのようなものが伸び始め、だだっぴろい自分の宇宙の真上の軸と、真下の軸に、その光のロープがしっかりと固定されているとイメージする。

イ泙1本が上下にしっかりと固定され、光の自分がぶれないことを感じたら、仙骨(おしりのくぼみのところ)から、放射線状に光のロープが下へと伸び始め、それぞれがあなたの宇宙のいろいろなはじっこへ、固定される。それは最終的に12本の光のロープとなって、固定されることをイメージする。


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;


以上!です。
これを、朝、一回やってみてくださいな。
(もちろん大地の上でやってもらってイイのです。それも含めて自分なのだから)
惑星地球が揺れていても、
その影響をもろに受けることは軽減されます。
また、光である自分の存在、宇宙である自分の存在に意識を向けることにもつながるので、スピリチュアルな回線が太くなります。
ハートチャクラも開いてくるので、
周りの人や物に対しても優しくなれますヨ



私は今後、ますます、
こういった「自分宇宙へのグランディング」が、
大切になってくると感じています。
ハートを開いて、
多くの宇宙存在と、
星をつないで星座をつくっていくようにして、
果てしなく、つながっていけたら、いいな


巫音子でした。
参考になればコレ幸いです、クリックくれると嬉しいです
↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓
精神世界 ランキング 人気ブログランキングへ


いつも、ありがとうございます



mineko_ at 13:05│Comments(0)TrackBack(0)clip!宇宙通信 | オーラ

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
    follow me on Twitter
    峰子最新情報↓↓クリック^^
    地球にクリック♪
    クリスタルの本、発売中★
    Moon Calender
    CURRENT MOON
    IMAGINE PEACE