2010年01月

2010年01月27日

中心にいるということ

どもです。みねこです^^
ツイッターでもつぶやきましたが、
今日は、いつも石たちを撮影する私のお気に入りの場所に行って、
冬色に白っぽくなった芝生にごろんと転がって、
日なたぼっこをしていました。
たーまに、やるんですけどね。
そうやって空の色を見たり、
ずいぶん上空に飛んでいる鳥を目で追ってみたり、
土の温かさを感じてみたり、
体中の力を抜いてみたり、するのです。
たかだか30分だとしても、その時間は強力で、
3時間熟睡するぐらいのエネルギーがよみがえります。


そうやって自分に戻ってきて、
でもなんだかまだ100%ではなくって、
そこにある大好きな「おじいちゃん」と呼んでいる木に、
根っこの間にすっぽり挟まるかのようにして入り込んで、
幹に両手を回して、顔もくっつけてハグをしたのですね。
そしたら、

「モノづくりのモチベーションにおいて、
 なぜ、人のネガティビティを救うためにという観点から
 君は始めるのだ。
 それはきみの役割ではない。
 それは本当の意味で奉仕でもない。
 ポジティブをひろげるだけでいいのだから。」
という言葉が返ってきて、
はからずもそれは最近気になっていたことへのいいヒントになったので、

おおー、おじいちゃん、ありがとー。
確かにそのとおりだわー。


と、おもって、
オフィスに戻りました。

そしたら今日は整体の先生の日で、
(そう、コイルを抜いてもらったあのお方です
また久々にみてもらったのですが、
そこでのキーワードは、
「自分のなかでポジティブさがどんどん走っていくと、
 さすがにいきすぎなんじゃないか、どこかでブレーキをかけないと
 周りの人も引いちゃうんじゃないか。みたいなところ、
 良いところがぐんぐん伸びてくると、
 それをどこかしらネガティブコーティングしなきゃ、
 って(ほぼ自動的に)思ってしまうところ、
 それ、昔の自分ならその時の人間関係やなんやかやで
 必要なこともあったのかもしれないけれど、
 今は違うよね、もうそれ、いらないよね。」

という話になり、
あれー。結局木のおじいちゃんが言っていることと一緒だなー。
(こいつはよほど上の存在たちが私にこの旨しかと気付くよう、
 促してくれているのだな)
と、
しみじみとしていたのですが、

そしたら最後、

「みねこさん。右目をあまり使ってないですよね?」

と先生に言われました。

「あと、食べ物は左側でばかり噛みますか?」

私はどちらも思い当たる節があり、その通りです、と
答えると、

「右目と左目両方を使ってモノを見ることで
 サードアイも開くし、見えないもので見なきゃいけないものも見えてくる。
 ちょうど体の中心線に自分がいると、
 体力もうまく使えるし、
 そうすると自分を押さえ込まなきゃ、じゃなくて、
 伸びる自分を余裕を持って、その勢いのままご自身でいられると思うんですよね。
 そういうのって、ちょっとしたことなんですけど、
 今はそのちょっとしたことを、ケアする時期なのかもしれませんね。」

と、
なんというかまさに今日、ばっちりの、
言葉とヒントをくれました。


なるほどなーやっぱり先生、いいこと言うわー^^
なんて思いながら自分のデスクに帰ってきたら、
ずーっと置きっぱなしにしていたオーラソーマの75番のボトルが気になりました。
ボトルの名前は「Go with the Flow(流れと共にいく)」
説明には、


物事のつらくてネガティブな側面にのみ意識を向ける傾向があり、それを成長する機会ととらえることができません。中に、恨みと怒りを抱えていて、それが愛に影を落としています。それは、自分の耳を切り落とした、あの画家ヴァン・ゴッホが感じていたものです。


と、ありました。
・・・うーん。まさに、今日、浮かび上がってきた、
(といってもこれまで散々手放してきたものなんだけど、まだ重箱の隅に残っていた、でもそのぶんしつこくこびりついた小さな汚れのようなもの)
もういい加減手放してバイバイしちゃっていいもの、じゃないか。


いろんな存在があの手この手で私に教えてくれている。
そういう時は、チャンス!
手放す準備ができたってことだ!
そう、私は受け入れました。
節分という、月の切り替わりに近づくこの週に、
なんかぎりぎり間に合った感じでうれしい・・・


昨年、Melody♪さんにお会いして、
ティーチャーになるためのいろいろな学びを受けていた時も、
彼女の「自身の中心にいる」っぷりに感動したこと、
センタリングをすごく大切にしている姿勢とかからも
自分は学んでいたはずなんだけど、
なんというかそれも含めて、
まさに今日、自分の腑に落ちたという感じでした・・・


真理ってほんと少ないと思う。
・ハートを開くこと
・自分の中心にいること
・肉体を大事にすること

上の3つの状態で、
・変化を受け入れて、大いなる流れと共にいること

自分が到達したいことにおけるto doリストって、
実はそれぐらいしかないんだよね、、、
つくづく、
そう思います。



今日はそんな一日でした。
みなさんの上にも、
星たちのやわらかい光がしゅわしゅわと降り注いでますよん
よければ、たまには、
ご自身の中心線チェック、してみてくださいね


いつも本当に、ありがとうございます
良ければ最後にポチポチしてくれたらうれしいでっす! 
↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓
精神世界 ランキング 人気ブログランキングへ





2010年01月20日

雷水晶のつかいかた。

どうもです、でもってご無沙汰です、峰子です!
いやーお元気ですか?私は元気ですよん
水星レトログレードのあいだは、もやもやしていたのですが、
でもってまあ、いろいろもありつつだったのですが、
やっとこさクリアーになってきました。


このブログをほたっらかし・・否、戻ってこれないでいた^^;間に、
私はクリスタルヒーリングを教えるティーチャーになり、
ホロスコープの勉強を本気ではじめ、
他にもスピリチュアルな学びにおける大きな区切りを得たのでした。
でもって2009年は2010年になり、
といっても2月4日の節分でほんとうの2010年は始まると思うのですが、
気分一新、
また、マイぺースではありますが、
いろいろ書いていこうかと思いますです〜
おつきあいいただけると、嬉しいでっす

(あ、クリスタルヒーリングのセミナーは来月に開催することにしましたでっす!
 詳細はコチラから、どうぞ・・・♪)


100120_0041011



今日は、雷水晶(ライトニングクオーツ)の、話。
(内容的には毎回のことながら、じゃかんぶっとんだ箇所があるかもしれませんが^^;
お好きな人だけお読みくださいませ・・・にゃはは




実は昨年からあるきっかけもあり、
ライトニングくんに非常にひかれておりまして、
Makoce(マコーチェイ)でもお取り扱いをしてみたり、
自分でもしばし(そこそこでかいのだけど気にせずカバンにどんといれて(笑))持ち歩いていたり、
直観的に思いついた使い方を試してみたり、
していたのですね。
その研究期間が功を奏してきたと言いますか、
やっと私の準備が整ってきたのかもしれないのですが、
レトログレードが明けて、はっと気が付いて見ると
ある側面に1センチ弱の△(レコードキーパー)が、
ぼわわーーん、と、浮かび上がっているではないですか!

(あれ?こんなのあったっけ?△好きのアタシが見逃すわけ無いよな?
 てことは、、、出てきたんだ・・・)

そんなわけでワークして(=中に入って)みることにしました。
カタチとしては「引いて開けるやつ」なんだけど、

(このくだりは、レコードキーパについて書いた日記の回
 ご覧くださいね^^)

ハートまで下りて行って、そこから、その△のドアをノックして、
その石のDeva(デーヴァ)が返事してくれたら中に入っていこう、、と思っていたのですが、
そしたら、
その△のドアを押してでっかいデーヴァがひょいっと出てきてくれましてですね、

「あなたがここまで来てくれるのを首を長くして待っていました」

と言ってくれたのですね。
そのデーヴァは、このブログにも良く出てくるゴールデンヒーラーのディアナともまた全く異なり、
気高いお姫様(でもたおやかなだけでなく、戦士のようにりりしい)のようで、
ポジティブなエネルギーにあふれていました。
私は名前をいい、彼女の名前をたずね、
彼女は名を教えてくれました。
(あ、ちなみに、今度やるセミナーでも、基礎編としての、
 石の名前を聞くってのの、練習をやりますよん♪)


で、ハートを通してそのデーヴァとつながって、
聞きたかったことをいろいろと教えてもらったのです。
大きかった話題は、、、ライトニングクオーツの「使い方」。
彼女は、ライトニングは、雷が走ることである意味「生まれ変わった」石なんだと
教えてくれました。
その際にエネルギー的な空洞がうなぎの寝床のように石の中にできる。
たとえ石の表面に雷が走ったとしても、エネルギーの空洞は、エーテル的に石中心部にできる、らしいです。
そこはまるで、昔の人が貴重なワインを入れていた山羊皮の袋のようで、
「流動的な」エネルギーを持ち歩くのにうってつけな場所であるのだと。
アトランティス、レムリアでそのことは知られていて、
エネルギーを遠くへ持ち運ぶために
よく使われていたのだと、教えてくれました。
(ほんとなのか!?私には確認するすべは無いです。
 だってわたしゃ21世紀人・・・^^;
 でも話を聞いていて、これまでの雷水晶とのふれあいを見返してみても、
 納得できるポイントがあったことも事実でした)


その空洞にポジティブなエネルギーを満たしてあげて、
その雷水晶をワンドのように用いてヒーリングに用いたり、
(そうすると何もせず行うヒーリングよりもはるかに必要なエネルギーor意図された
 エネルギーが相手へと流れることができる)
あとは、どこか遠くの一定のエリアや特定の人にヒーリングエネルギーを届けるための
発射砲のような感じでも使えるのだ、、と。
その際には、地球にはりめぐらされたミネラルキングダムのグリッドが、
そのエネルギーの伝達をサポートしてくれるから、
ちゃんとマザーガイアにお願いをしたうえで、その発射はするように、
という話も教えてもらいました。
ハートのなかで、やり方ムービーがぽわんぽわんと見えて、それが自分の内側に保存されていく感じです。
・・・・いやはや。面白い!!めっちゃ、面白い!!
いやさー、実はずーっと思ってたんだけど雷水晶って遠隔向きだよねー!
なんてニコニコ思っていると、

「あなたにはいろいろな使い方がわかるはずです。遠隔ワークは得意でしょう?」

とにんまりされました。うーん、デーヴァさまさすが、わかっておられる。。
ほんでもってついでに、

「あなたは最近、(ゴールデンヒーラーのディアナに)ずいぶんと泣き言をいったようですね。
 あのこは優しいから何も言わないけど、あきれていましたよ。
 うんと昔のあなたはそんな弱虫じゃなかったって。
 しゃんとなさい。あなたが信じている以上に、わたしたちはあなたを信じています。」

う。うーん、、、ごめんなさい。。。
(私はそれを聞いて、ディアナの目的が"女の子を元気にする"ことであったことを
 ぼんやり思い出してちょっとせつなくなりました)


・・・で。また戻ってきますと彼女にお礼を言って、彼女は石に帰っていき、
私も顕在意識に戻ってきて、すると石は輝きをずいぶんと増して、キラッキラになっていたんですね。なんちゅーか、本当の意味での"活性化"です。
そして私は、忘れないように聞いてきた手順をあわててパソコンにメモり、
さっそく、試しに、遠隔ヒーリングエネルギーを送るワークをやってみました。
(今回は震災のあったハイチへ、光を届けるよう、セットしました)
するとワーク中、手の中の雷水晶が、実際に手にしているサイズよりも大きく感じだし始め、
別のやりかたで遠隔ワークをするときに感じるようなエネルギーの飛んでいき方を体感することができました。


あれーー・・・やっぱり面白い。。。
デーヴァが言ったこと、めっちゃめちゃ、参考になったぞぅ・・・・。



・・・と。
これ、実は昨日の話なんです
ね。レコードキーパーって、
やっぱり面白くないですかい?


※ちなみに※
 「引いて開ける」レコードキーパーは、
 石との交流が浅い時点では、まず
 持ち主自身の探究のために開くのですが、
 石とタイミングや目的が合致していたり、
 きずながしっかりと築かれている場合は、
 このように「押して開くやつ」に近しい使い方ができるのだということ、
 ディアナにも以前の日記を更新した後に補足するよう言われていたのですが、
 やっぱりそうみたいですね。
 あと、これも別途補足ですが、
 フェイスに△のあるクリスタルに、
 「キー」と呼ばれている六角形もしくは三角形の削れが
 側面にある場合、そこに手をどこかしら触れた状態で、
 レコードキーパーにアクセスした方が、
 安定してアクセスできますよ^^

※もいっこ、ちなみに※
 石たちとつながる練習をする際には、
 チャクラを全部しっかり開いておくこと、
 自らが安心して、プロテクトされた状態を保持できるような
 安全な場所で、
 フラットな精神状態の時にやるように心がけた方がいいです。
 やはりとっても繊細なアクセスだし、波動も高い目でないと
 つながれない領域なので・・・。


なんとなくで全然かまわないので、ご参考になれば、さいわいです。
雷水晶のワークも、どこかで皆さんにシェアリングできるといーなー。
どういうやり方がベストなのか、今年はそこらへん、考えようと思います。



あーー。
久々の日記なのに変わらず長い&濃くてスンマセン
また、ちょこちょこ書きますんで、
でもって実は、過去の涅槃ブログたちを今読み返すと、再発見できるポイントけっこう多かったりもしますんで、
過去ログ含めてときおーり、読みに来てもらえれば、
とっても幸せでごわすです



最後のポチ、も、くれるとハッピーだお
↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓
精神世界 ランキング 人気ブログランキングへ

いつもほんとうに、ありがとうございます


    follow me on Twitter
    峰子最新情報↓↓↓クリック^^
    地球にクリック♪
    Moon Calender
    CURRENT MOON
    IMAGINE PEACE

    あああ