2008年08月

2008年08月30日

おかしな天気、、

電車が止まってて、、、雨で、、、さっき、やっと出張から戻って来た由巫子です。
最近の気象、ヘンだよ。。

閉じ込められた特急電車の中で、ここ数年の事をいろいろと思い出してた。身体を壊して寝込んでいた数年間のこと。
このまま死ぬんだろうなー、、、って思ってた日々の事。
そのうち、、、書けるタイミングで書けたらと思ってる。今、途中まで書いてみたんだけど、やっぱまだまとまらなくて、消してしまった。

身体や心がしんどい人がいっぱいいると感じるので、私の伝えられる事がきっとあるから書きたいんだけどね。



ふー。実は一昨日、巫音子ちゃんと、整体の先生と、喫茶店でちょうど前回の「巫音子ちゃんの足に入っているコイル」の会話をしてたのに遭遇したんだ。
面白かった。

お茶しながら、

巫音子ちゃん「先生、やっぱ今も私の足にコイル入ってますか?」
先生「うん、入ってるね。」


巫音子「み、見えます? (=゚ω゚=;)」
先生「うん、見えてます〜。」


みたいな会話してるの。私、横で見てて。「?????????」


です。白昼堂々の喫茶店での一コマです。面白いよね。


ちょっとタイムリーだったので書いてみました。思わず。

詳しくは、前回の記述を読んでみてね。


う、、すごい時間になってしまった、今日は。寝るかな。
短くてごめんよーーーーー。

精神世界 ランキング  ⇒人気ブログランキングへ

2008年08月25日

足をめぐる冒険<5>

どもども、巫音子です。
「修証義」、初めて知りました!
いやーおもろい、おもろい。
由巫子流解釈もとてもわかりやすかったよ〜ぅ
ありがとうです
続きが気になります。
これもお経なのね・・・・説教という感じなのかな?
しかし、二人ともルーツが中国だとは。
やっぱりなんかしらつながっておるのね。


さてさて、久々の!
「足をめぐる冒険」続きです。


(最初から読まれる方は
 <1>
 <2>
 <3>
<4>
<中休み>


とつづけて、どうぞ


ヨシダさんの成仏、という一大イベントを終えてからしばらくは、
ほんと、「しばらく」と言っていいほど安泰な時間が続いていました。
足との関係も良好というか、
つることもほぼ、なかったのですね。
そのうちに、お世話になっていた身体調律師のUさんに
膝下をマッサージしていただいていた時に、
ごーーん!!と、
足の裏から鉄腕アトムみたいにエネルギーが飛び出したりして、
それはなんというか、
これまで細かったエネルギー回線が、
やっとこさ太くなったような、
ADSLだったのが「光」になりました!みたいな(笑)
そんな体験もあったりね。



でも、やっぱりどこかしら、
自分の足に自信が持てないといいますか、
カラダの中で弱いところは?って聞かれると
「うーん、膝下。」
って言っちゃうところはぬぐえない、のですね。
足がつるところまでいかないけれど、
肉体的な疲れがたまってくると、
朝起きた時にも膝下だけむくんでるようなことは多々ありました。
でもまあ、そんなには気にしてなかったんです。
ヨシダさん期間を長い間引っ張ってたから、たぶん、
"この今の足が自分の足である"という自覚が強くなるのに時間、かかってるんだろう、まあそのうちさすがになれるって、とね。


ちょいと逸れますが、ゲリー・ボーネルさんと出会った時にも、
「(ヨシダさんの時の)前世のカルマは、全く残ってないですよ。」と言われたり。
(そりゃそうだ、だって、ちゃんとセルフ成仏したもん!
 なんて内心思いまちた(笑)



それで1年くらい経ったでしょうか。
その頃は、私の信頼しているヒーラーさんに、
10回セットのヒーリングセッションをしてもらっていました。
それは、今生においていろいろと受けた傷や、エーテル層に残った汚れなんかをきれいに除去していきましょう、そうやって今生のカルマをすべて解放していこう、っちゅう、なかなかに強力なセッションで、それはそれで気持ちのいいものだったのですが、
まーそのあいだ、いろんなビジョンを思い出して、
それは前世といってもどうやら、
「地球に来る前」のことたちで、
私だけがそれを見てるならただの思い込みや妄想かもと片づけられたのですが、ヒーラーさんも一緒に見るもんだから、
ついつい帰りはその話で盛り上がったりで、
「しかし巫音子ちゃんはいろんな惑星行ってるねー
みたいな話をしても、
もうあまり驚かないし変とも思わない(って変だけどね(笑))、って感じになっていた頃です。



ある日
仕事がばたばたでカラダも疲れていて、
整体師さんにお世話になったのでした。
そのときは、特に疲れが足にたまっていて、
ぎゅーって押されると足の筋がつりそうだなーこわいなーなんて思いながら横になっていたら、
整体師さんが突然、

「巫音子さん、足に!!コイル、コイルが入ってる!!」

と叫びました
(彼女はサイキックなので、
 オーラや見えないものを普通に見る人でもあります)。

私はまず普段と違う彼女の声に驚いたんだけど、次の瞬間に自分の右足指から足くび、膝を通り、腰にも刺さりつつ右肋骨を通って鎖骨の辺りまで何か明確に連なる「異質なもの」を感じたのです。
あわててベッドから立ち上がったのですが、頭の中には、男だった昔の自分(それはヨシダさんではない)の、「それでも戦いに行かなければ。」みたいな、強い感情がわきおこってきて混乱したんですね。
そしたら、彼女が、
「あ、巫音子さん!顔が半分違ってる!見た目が変わって見える!」
と叫ぶので、私はすかさず
「それ、男の顔ですよね?この次元の人でもないよね?」
と聞き返すと「そうです。そうだと思います。」と。

・・・なんじゃこりゃ!パニックだ!!

という感じで2人して騒然。
とにかく「何かが始まった」ことに間違いはなく、
落ち着くため&万が一変な憑依だったら取り除く必要もあるしで、
救急手段として食塩水をがぶ飲みして、
顔の半分の違和感が消えるのを待ちました。


幸いに、顔の違和感は、1時間くらいしたら戻ってきたので、整体師さんとまた話しをしました。
私「なんか、感じましたよ。右半身に。」
整体師「コイルが入っているのが見えます。これまではわからなかったけど、今はくっきりと見えます。」
私「それって、ずいぶん・・・」
私&整体師「さびた感じの青いやつ。」
私と整体師さんの声がかぶりました。
どうやら彼女が見て、私が感じているものの正体は同じもののようです。
そして、さっきの男の人は、当時の私であり、コイルにくっついていた彼の思念みたいなものが、整体によって刺激されたことで飛び出してきたようでした。
それにしても、コイル・・・って、なんだ!?!?



ちょうど、すぐに10回セッションのヒーリングの日も来たので、
整体でこんなことがあってね・・・なんてのをチラリとヒーラーさんに話したところ、
彼曰く「それは、取れるのに時間かかりそうだよ。しかも自分の意志で入れてるからねぇ・・」
とのこと。
そして、彼がガイドスピリット(守護霊みたいな存在)とコンタクトして教えてくれた情報によると、
それはちょうど前回のヒーリングの際に一緒に体験していた、
「とんでもない惑星(なんか爬虫類っぽい宇宙人が生息するエリア)」を旅するもっともっと前の事であり、今の形態に近い肉体を手に入れる際のスピリットと肉体の融合時に何らかの支障があり、半身不随になったこと、それへの対処法としてのコイル装置を、自らの意志で決断して入れたこと、もちろん今の巫音子には不要な装置だけれど、何せ原初に入れたものだってのと、ここは不確かだけど今の肉体自身の転生記憶にも関連している可能性もあって、内臓や骨にもコイルが深く食い込んでいること、なーんて話がもたらされました。
・・・さすがに衝撃です。
作り話だったとしても相当にオモロイ、なんて思っちゃうくらい(笑)
私の魂、どこまでさかのぼってレットゴーしたがっとるねん!みたいな(笑)



ちょっとした細かい説明やニュアンスが、私が伝達しなかった事柄なのに整体師さんとヒーラーさん共に同じことを私に伝えてきたりということもまた不思議でした。そして、私自身が今、ハッキリと、「コイルが自分の身体のどこを通っているか」指で指し示せるってことに対して、自分で納得のいく論理的説明は見つからないのでした。
ただ感じるんだもん、そうとしか思えないってことはそこにきっと何か理由があるんだろう。
にしてもまさか、ヨシダさんの後にこんなことが待っていたとは・・・・

ちゅうわけで、次回が最後です。続きます。


長文最後までお読みくださってありがとうございました!
仕事ばたついてたんだけど、乗ってる新幹線が雨の影響で1時間くらい線路内で停止したりとかで更新する時間作れちゃいました。「書け、とっとと。」ていうコトなんだろうにゃあ(^^;
「あと一回たんと書きな」クリック最後にポチポチくれると、うれしいです!!
↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓
精神世界 ランキング 人気ブログランキングへ


いつも、ありがとうございます



2008年08月20日

「修証義」しゅしょうぎ1

080819

ほい花火!
由巫子です。

巫音子ちゃん、お家に睡蓮が咲くなんてLOVEですねえ。色も淡くて奇麗、癒されました。写真ありがとう。

心がざわめく、巫音子ちゃんはいつもパワーがあるからその分、ざわめきもきっと大きいと思う、、想像つかないなりに。私なんかしょっちゅうだから、皆にも心配かけてるだろうなあ。
あの、、、無理しないで下さい。

それでね、今日は能天気に行こうと思いました。

この前書いてたお経ねー。お経と言っても昔道元が書いた長い教典をわりと近代に読みやすく「ちょい昔の日本語」レベルにしてあるものなの。
そう、ウチのお仏壇の流派は道元が開いた、禅宗の一派なのね(やっぱルーツは中国みたい)。だから瞑想には元々強い系統らしいから、ますます「涅槃はどっちだ!?」に誘われたのも道理といえば道理かな、なんてね。


今日はリラックスしてもらいたくて、スーパー脱力に私なりに訳してみちゃった。
経典に詳しい人がもし読んでも、くれぐれも怒らないでね!解釈間違っとる、とかの突っ込みは無しでお願いつかまつる。

いまの人に必要なのって、昔からの教えを今の時代なりに解釈する事かな〜、なんて今日は思ったので。

えっと、、、まあ「由巫子ってバカなんじゃないの?」って笑われるかもしれないけどご愛嬌で読んで下さい。

※気が向いた人は、是非一度、声に出して下記を読み上げてみて下さい。気持ちいいよ。仏道は別に、、って人には無理にとは言いません〜。
なんか、お経というよりラップみたいに思えて来るyo。
( ̄∠  ̄ )ノ


まず「修証義」第一章(一部)。

生を明らめ 死を明らめるは 仏家一大事の因縁なり

生死(しょうじ)の中に仏あれば生死なし

ただ生死すなわち涅槃と心得て

生死として厭うべきもなく 涅槃として願うべきもなし

このとき初めて生死を離るる分あり

ただ一大事因縁と求心すべし。



由巫子解釈!(自己流)

生とか死について考える事って大切だよね。でもさ、
毎日の心の中に「仏性」を持っていれば生き死ににこだわり過ぎる事が無くなっていいんじゃないかな?
生きてる事ってのがそのまま「涅槃」って考えると、「生きるのってなんか辛い」って思う事も無いし、もっと言ってしまえば、天国みたいな気持ちいーとこ行きたいなって必死こく事すら、まあぶっちゃけ忘れちゃえ。
そん時はじめてフッと、ナイスヒントが出て来たりする事もあったりして。
全ては、原因と結果があるだけ。こんなスタンスで心して暮らすのがマジおすすめ。

_______

人身(にんしん)得る事難し 仏法おうこと稀なり

今われら宿善の助くるによりて すでに受け難き人身を得たるのみならず

遇いがたき仏法にあい奉れり 生死の中の善生最勝の生なるべし

最勝の善身をいたずらにして 露命を無常の風に任すことなかれ


由巫子解釈!(自己流)


長〜い生まれ変わりの中で、「人間」として生まれて来るってめちゃくちゃラッキーな確率。
しかも仏様の教えを知る機会って更にレア!
私らって、過去の因縁が重なって、人間として生まれるっつう、一番最強な転生したんだよ、嬉しいじゃない。
だからその貴重な身体をてきとーにあつかうのはヤバいって。


☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.続く。。。


こんなノリですけど。C調すぎますか?
良かったら、続きも書くかも。。。「やめれー」って声があったら、自粛します。


これ、全部続けると声に出して読む時10分ぐらいにのぼるんだけど、なかなか良い事言ってて、なんかね、巫音子ちゃんが前世で体験した戦時中の人の戦地で感じた「愛」の体験とか、そういうのに通じる言葉もいっぱい連想される。
あらためてさっき、巫音子ちゃんの前世のヨシダさん「足をめぐる冒険」読んでて、ぐっと来るものがあった、、、。

あの物語の、続きも楽しみにしています。

精神世界 ランキング  ⇒人気ブログランキングへ
クリックして欲しいな、と思うのも生死に執着してるのね。でもお願い

2008年08月19日

We go forward.

minekomini
巫音子でっす。
ちょいと気持ちがざわめいてます。
由巫子ちゃん、連続更新ありがとう〜
ご先祖のお迎え、ひとりで読経タイム、
いいですなぁ。
いくら、魂の系譜はご先祖様とは関係ナイっていったって、
「血のツナガリ」っちゅうバトンを、
家系の一人ひとりがちゃーんと現在まで渡し続けてくれたからこそ、今の自分の肉体と魂の結びつきが存在するわけでネ。
ウチの家系も、さかのぼると三国志の時代までなるそうですが、
それって、もはやロマンだし・・・。
生のきらめきは、尊いニャァ(o^∇^o)ノ

今度、気に入ってる涅槃ワード、
ぜひぜひ紹介してくださいな


080819


(うちにちっちゃな睡蓮が咲いたよ



さて、さて。


スッパリ更新止まっておった「足をめぐる冒険」。
コメントに限らず、
近しい人たちからも、反響や反応をいろいろいただきました。
そこで、今後の自分についてのお試しがいくつか、あって、
(個人的な尺度の問題なんでどうにも説明できないけれど^^;)
それを自分でどう受け止めて未来へつなげていくべきか、
思いあぐねていたのと、
今後の自分のテーマと、
物理的な忙しさがかぶってしまいまして、
お時間いただきました。
でも、とにかくこのブログでは、
「必要なときに、必要な言葉を。」と祈り続けているし、
なんだか素っ頓狂な話ではありますが、
今はただ、あふれるままに、
コトバを続けようと思います。


・・・が、


冒険再開の前に、ちょいと、ひと引用!



 「忘れてはだめですよ」向こうのほうへ歩いてゆきながら、彼女が叫んだ。「愛は永遠です。変わるのは人間ですよ」
 私はほほえんだ。そして彼女にさよならと手を振った。

 私はしばらく川を見つめていた。そして涙が涸れるまで泣いた。
 それから私は書き始めた。


(パウロ・コエーリョ著『ピエドラ川のほとりで私は泣いた』より)



次回、冒険、続きます!!


「早く書け〜」クリック、もらえると急ぎます(笑)
↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓
精神世界 ランキング 人気ブログランキングへ

いつも、ほんとうに、ありがとうございます。
心をこめて、ナマステ。





2008年08月15日

お盆やすみだね

yumikomini

巫音子ちゃん、お忙し中かな。

あたしは続けて由巫子だす。

私はお盆、ご先祖と過ごしてるよ。

迎え火の初日は、午前中にお坊さんが来て供養のお経をあげてくれたんだけど、私は東京に行ってて間に合わなかった。けど、午後かえってきたらちゃんと仏壇に
「なすときゅうりでつくった牛と馬」が鎮座ましましてた。
コレ可愛いのだよ。v( ̄∇ ̄)v

夕方は迎え火を焚いて。

家族で炎を囲んでね、ちょっと照れながらも

「おじいさんおばあさん、この明かりを目印にお帰り下さい。」とか言うのよ。ウチの流儀(?)かなんか、わからんけれど。
それで、ご先祖のお迎えおしまい。

午前中のお経タイムに間に合わなかったので、私はこっそり後で一人でお経をあげた。

「般若心境」に加えて、「修証義」っての、長々と読み上げるんだ。これが気持ちいい。
「どーやって菩提心を起こし、そして涅槃にゴーするんか、それはすなわち、、、」みたいな、うんぬん、いっぱい涅槃ワードが出て来るんよ。

流派はそれぞれだと思うけど、このお経にいっぱいナイスな言葉がちりばめられているので今度、気に入ってるフレーズをご紹介します。

たった今は、離れの自分の部屋でこれを書いてるので手元にないのじゃ。

仏壇の前に居ると、素直な気持ちになるよ。仏様を目の前にしていると、嘘がつけないし
自然と頭が下がって来る、そして「ありがとう」「ありがとーございます!」って気分。

肉体あって、良かった!命をつなげてくれて、ご先祖様、ありがとう〜〜

歩けて、楽しい。

触れて、楽しい。

いろんな、楽しい。

皆が、楽しいといい。

そんな事思う。仏壇は、そうやって、生きている人達の為のツールでもあるんだな。なんて思った。

精神世界 ランキング  ⇒人気ブログランキングへ

2008年08月03日

空の下でみんな

080803


涼しげな写真をいっこどうぞ。

お久しぶりです。由巫子です。
もうすぐお盆。うちにも多分ご先祖が里帰りに来ます。
迎え火でお出迎えします。

私の、戦死したおじいちゃんもきっと懐かしそうに里帰りする。

私のおじいちゃんと、巫音子ちゃんの前世のヨシダさんは、もしかしたら軍隊の中のどこかですれ違っていた、なんて事も、無くはないかもしれない。


毎日、
とにかく
一生懸命に
生きてますよ〜。

オラクルによると、私は前世を自分でシャットダウンしてるという事らしいので

今の肉体で
見る事、考える事、感じる事、
笑う事、泣く事、
年を重ねる事、、、
それしかありません。

「由巫子さんは、前世を知っちゃったら、”奥様は魔女”みたいに何でも出来る状態になっちゃって、今生がつまんないですよ」
、、、、、だって。謎です。

ここんところ、自分サイズの世界でいっぱいいっぱいな毎日で、このブログもほとんど読者になっている感じが続いていました。

巫音子ちゃんの「足をめぐる冒険」に気持ちを共鳴した読者さんがきっといっぱい居る、私もそうだし。
それが、みんながやっぱり戦争を体験してるとか、そういうのは私には判らないんだけれども、やっぱり地球の上のもの、人、事、は全部、有機的に繋がっているって事を信じてる。

なので、ところどころに、ほころびがあったりするんだけれどその小さな穴を補ってあまりある、あったかいネットワークがぐる〜〜〜と地表面を覆ってると嬉しい。継ぎはぎだらけの靴下、みたいなね。例えが変かなあ?変だと思った人は違うものを想像しておいてね。

あったかいネットワークっていうのは、何で出来ているかと言うと
やっぱ、人、なんだと。思う。
それを
「知った」というのかな。
「見た」というのかな。

それが私のリアリティだな。

リアリティというのは個人個人が持っているもので、全員が違ったリアリティの中で人生を捉えたり、毎日を感じてる。

「信じている」
というのと
「知っている」

っていう差。なんか、そういう事ら辺?を最近考えてるのね、私。

年を重ねるにつけ、どんどん謎な事に出くわす。
謎っていうのは、人と人との間柄について。
人は人と関わるために地面の上を歩いている。一生、自分以外のだれかとコミュニケーションし続けるってのが、ほぼ、ルールだと思う。

そこに感情が発生して、それぞれの対比から、自分について知ったりする。

巫音子ちゃんとこのブログを続けながら、だんだんかつてよりも、「わざわざ苦労しない」生き方もあるんだ、ってそれが出来るようになってきた感じ。

誰とも比べずに、こういう風に生きたっていいんだ、ってそのスタートラインにやっとこさ立った気分。この先も、ひとつひとつ体感しながら、私は私の現実を作って行こうと思ってる。
なるべく正直にレポート出来ると良いけど、うまく表現出来ない事も多々あります。
そんなんですけど、、、
書く人も読む人も繋がってるから、、、よろしく。
穴あき靴下でもかっこわるくないから、自分の足で歩いて行きましょーう。


涅槃的最新ニュースとしては、巫音子ちゃんからフラワーエッセンスが届きました。これから、ちょっくら試してみたいと思います。

それではまたっ。

精神世界 ランキング  ⇒人気ブログランキングへ

    follow me on Twitter
    峰子最新情報↓↓↓クリック^^
    地球にクリック♪
    Moon Calender
    CURRENT MOON
    IMAGINE PEACE

    あああ