2008年03月

2008年03月30日

same !

080329_yama


引き続き由巫子です。
私は昨日、
「地球が楽しく、平和な所になるには、まず一人一人の心が平和になる事です。」
って書きました。

これは、数年前にある人の講演会に行って、その人がおっしゃっていた事です。
その人は、ダライ・ラマ法王です。彼は英語でスピーチしたので、私には難しかったですが、言語としてではなく、心の領域にしんしんと入って来るメッセージでした。
「どうやったら平和になるか」についてのお話のきっかけは、
講演を聴きにきたお客さんとの質疑応答での事だったと思います。
さっき、私が書き留めた、つたないメモが出てきたのでそれを見ながら書いています。
今見ると、走り書きなので英語と日本語がごっちゃで、まるで「ルー語」のようです。それから、私のメモなので、一字一句正確ではありません、要約ですのでご容赦下さい。

質問「世界が平和になるにはどうすればいいんでしょうか?」

法王「一人一人がearth(地球)を平和にしていくResponsibility(責任)を
shoulder(肩)に背負っている。まず、自分が平和になる事。そうすると、次に
あなたのown(?)家族が平和になる。次に、 community(共同体、村やグループの事だろうか)が平和になり、国が平和になり、、という順番で(それが起こる)。
・不可能だと今は頭の中で思っている事も、実現して行くのは私達一人一人だ。
・何年も、あるいは何世代もかけて実現して行く(事もあるだろう)

最後の2行は、それぞれ独立した文脈からメモったものです。

そして、さかんにご自分と、聴衆達とを、順番に指差しながら、
「same! same!」(私達は、同じです、あなたも私も全く同じ人間なんです!)
「same physical !(同じ身体)、same mind !(同じ心)」、
とジェスチャー付きで繰り返していました。

別の質問で「守護霊とか、先祖の因縁とか、そういったものについて(気になるので)
教えてださい」
というのに対して
「Don't care !」と笑い飛ばすユーモアも忘れていませんでした。
両国国技館いっぱいに集まったお客さんからどっと笑い声が広がり、
会場の空気がウキウキした感じに変わった気がします。


「霊とか、(あまりにも)気にしながら生きるよりも、毎日の生活をきちんとした方が楽しいですよ。その結果として、何か”守られる”という事なら、あるのかもしれません」とフォローしていました。

、、、今現在は、笑える様な状況ではないかもしれませんが、

私は自分が辛い思いをした時に、地球の人全員も辛い思いをすればいい、とは絶対に
思いません。
誰もが、辛い思いをしたことはあると思います。そんな時はきっと誰もが「こんな辛い思いは、もう二度と誰かに起こって欲しくない」と考えるのではないでしょうか。

自分が辛かったら、人にも辛くなってほしいか?そんな事はないと思う。
人を、辛くさせるニュースが多い。
自分が辛いとき、まず、自分を大切にしてあげるという発想に、切り替えた方が良い。
同時に、他の人も大事にする。
自分も、他人も、同じ。
それも「same!!」なんだと思います。
なんでこんな事書くかというと、今、自分が辛い日が多いからです。それで、この時の話を思い出しました。だから、「まず自分の心を平和に」する努力をしています。

なんか、うまくまとまんなかったけど、



私達は、「same (同じ)」 です。

精神世界 ランキング

人気ブログランキングへ良かったら押してね。ホワットがあってもライズするかんね。

2008年03月29日

祈り

080328_grass



由巫子です。

祈り。

ちょと巫音子ちゃんにいろいろ相談したいことがある。やっぱ、涅槃は巫音子ちゃんがいないと心細いね。
ブログ、更新が止まっていたらごめんね。

地球が楽しく、平和な所になるには、まず一人一人の心が平和になる事です。自分を愛しく愛する事なく、優しく、大事に出来なくて、誰に優しくできると言うのでしょう?

今日は、明るい事を、祈りながら寝ます。



ランキングへのバナー
精神世界 ランキング

人気ブログランキングへ


yumiko__ at 02:39|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!瞑想 

2008年03月28日

合格

引き続き由巫子です!

080327



花びらが散ってしまっても、その花びらを捨てられない。すごく奇麗なんだもん。


あ!そうだ
私、アロマセラピーのコーディネーター試験に合格しました。(地味めに告知します)
(●´ω`●)

1年前は、「フランキンセンスって何?聞いた事無い。」って状態だったのにね。

結構勉強したので、達成感がありました。
植物については、まだまだ素人そのものだと思っています。

アロマのエッセンシャルオイル一滴とるのに、例えば写真のような花びらが数kg必要だとか、
そういう貴重な資源を使わせてもらっていると自覚しながら
何かしら、皆で「優しさ」を分かち合える、心が元気になれるような活動をしたいです。

せっかく勉強した事だし、とっても楽しい世界ですから。


最近は「ベチバー」という精油がお気に入りです。私は不眠症なので、これをティッシュに1滴たらして、枕元に置いて寝ます。
「ベチバー」は、その植物の根っこから抽出したものです。土の中から取るもの、という性質上かしら?とても「落ち着く」感じがします。

と、いう矢先ですが
この春新しく発売される、シャネルの香水”シコモア(SYCOMORE)”が「ベチバー」をテーマとしているそうです。

アロマを始めて、「ナチュラル」という分野にとても馴染んできましたが、同時に、やっぱり女子だから「おしゃれ心」も同時に持っていたいと思うのであります。

”シコモア”どんな香りなのかな?気になるなあ。。

精神世界 ランキング

人気ブログランキングへ
どちらか好きな方をクリックしてみて心優しいお方は、両方押して下さい〜〜

そりでは、また。

2008年03月27日

「ホワットがあってもライズする!」

(巫音子ちゃんに沢山のコメントいただいてますが
しばし彼女の再登場まで待っててね。)

由巫子です。
凹みがちだよ!!どうしよう。

これは、「笑う事」をしなければならない!!と思って、

つい。

「涅槃ブログ」を”トゥギャザーしようぜ!”でおなじみの
ルー大柴さんの「ルー語」に変換してみました。


ルー大柴さんのブログ
から、ルー語変換ページに行かれます。)

どんな事でもいいから、
一日一回は、ププっ!と笑った方が良いと思います。


「くだらねー ^^」って事でも案外、心も身体もリラックス出来るから。

巫音子ちゃんごめんね〜。
ちょっと前に、「辛くて読めない」って言ってた日記を
ルー語に変換したら、肩の力を抜いて笑って読めた。。。

(ほんと御免!!!これでも前向きに考えたんだっ!!)

「自分が感じている恐怖、拒絶感、絶望は、

 結局は自分が引き寄せているし、

 自分が引き寄せていることを自分でやめない限りは、

 周りの人々や環境も、

 そのネガティブな世界のまま、私をつつみ続ける。」




これをルー語に変換!
あまりにインパクトがあるので、是非画像をクリックして
ご覧下さい

080327_lou1


お、思わず
楽しく読めてしましました。
「つつみ続ける」が
「つつみコンティニューする」、、、とは。(*´Д`*)

「そうか、マイセルフで引き寄せてるんだな。」
楽観的になれました。

「ネガティブなワールド」は、確かに嫌だな。


○●○●○●○●○○●○●○●○●○

私も宣言しようと思います。
私も自分自身を包む環境から
ネガティブなものや孤独感を引き続き、レット・ゴーします。

去年からどんどん続いたこの流れを止めずに、
光のある方角へと一歩一歩、進んで行きます。
それは、この瞬間からもやろうと思えば出来るんだよね。

簡単に言っても、そんなに劇的に世界は変わるものじゃない。
1時間後にはまた凹んでいるかも知れない。

だけど。

たとえ1時間ごとに決意が挫けても、その度に
また起き上がれば良いですよね。
挫けても、また起き上がれば良いんだよね。
とにかく
「何があっても起き上がる」という決意だけはします。

超、前向きだー。

そして上記の文章もルー語に変換しちゃえ!


080327_lou2


すごい。


「何があっても起き上がる。」

「ホワットがあってもライズする」

と言い換えれば、なんだか出来そう。
.。゚+.(・∀・)゚+.゚

>ブロークンしてもまたライズすればグッド。
そして
ホワットがあってもライズしましょう。


精神世界 ランキング

人気ブログランキングへランキングもライズ!!目指したいとシンクしています。トゥギャザーしようぜ!
ルーさん、ありがとう。

2008年03月25日

小さいメタモルフォーゼさん

由巫子です。連投〜〜。

以前、メタモルフォーゼス、という石の話を巫音子ちゃんがしてくれました。
そのときの話はこちら。

感動だよ。もう一回チェキってね。

最近、私は巫音子ちゃんに
小さなメタモルフォーゼさんを頂きました。
3,5cmぐらいのかわいい子です。

巫音子ちゃんがメタモルフォーゼをいっぱい仕入れたときの仲間かな?

ありがとう。

巫音子ちゃんはね、
「このメタモルちゃんには小さい天使が入っているよ、お姫様みたいな人
(人じゃないけど)だよ。是非、連れて帰ってあげてね♪」

って言ってた。

うん。

うん。。

わからん、わからん、が。。

お家にもらって帰って来て、部屋に置いといた。
結構、気になる。というか、メタモルさんは、なんというか
主張してくる、、、ような?

乳白色で、ミルキーで何色ともつかない存在感があるので、、、。

こんなにちっちゃいのに。な。



寝室で寝ている時も、暗闇の中から「もわっ」と
主張してくる(気がする)。彼女。

私が勝手に描いたら、こんな感じ。
<(@^_^@)

ふふふん ふふふん♪

080324_metamo

変容を応援してくれる存在だそうですよ


ヽ(  ̄д ̄;)ノ「いや違うよ!こういう子じゃない!」
という場合は、


、、、


お互いの脳内フィルターの差って事にしてくだはい。

見てくれるって人はクリックして画像をみてくだはいne。



あ!そうだ。「メタモルフォーゼの中に入る方法」っての、聞いたんだ。

私「ええっ、石の、中に入る!?」


そうなんだって、奥さん!( ・Д・)

「チャクラとか、サードアイ、とかを開いて、石と話す方法」らしいんだけど、

ご、

ごめん。

呪文(?)とか、順番とかがけっこう長いので、メモらなかった自分は、忘れてしまいましたあ〜。

でも、そうやって自分から心を開くと、石がね、「名前」とかいろいろ、教えてくれる事もあるらしいです。
とにかく私がそれを聞いて思ったのは、繊細な繊細な心、あとその心をどんだけオープンに出来るか否か?というのがポイントなんじゃないかなあ、って。

あと、フィーリング。かな???

石と、それだけ細やかな交流を出来るという事は
イコール、他のものや存在にも同じように注意を配れる心を持つ、って事なんじゃないかなあ。

日常、どんなものにも。

きっと、このブログを見て下さってる人達も、繊細な心の人がいっぱい居るんだろうなー、と思うのです。


由巫子でした〜〜。
いつも皆さんありがとうm(__)m
精神世界 ランキング

人気ブログランキングへランキング、オン!!
明日も頑張りましょおーねー♪

2008年03月22日

花が咲く季節です

0321_flower


由巫子です。
巫音子ちゃんの、これまたすっごい記憶が出て来たね。

私の場合は、神の愛、とか”言葉”にすると、よくわかんないなあ。

宇宙は大好きだよ。

宇宙はすごく好き。

庭に花が咲いてた。この、美しさ見ると、こういうもの、つくった人(存在?)って素晴らしい芸術家だと思うんだ、そしてそれこそ「神様」って呼びたくなる。

こういう美しいものを目にしたとき、私は神様っぽい、計り知れない大きな理を感ぜずにはいられない。

私が、普通の人以上に「見たり」「聞いたり」「体感したり」できないのは、
眼の前にある、そのままの自然、事象をよくよく見なさい、その姿形、色彩に宿るもの、そのものが神聖なものだとまず知るべき事で、

他に何がいるの?十分でしょ?と言われているからかも知れないなあ〜、などとも思います。

自分は、いつから存在していて、どこの宇宙からやって来たのかとか、全然思い当たることが無いけど、この地球の上にあるもの、人、色や形、心、そういうデザインが好き。

どうして、そんな中で、こんな孤独感に襲われるんだろう?

そこんとこ、不思議でならない。

あ、「それも自分自身が決めている」って突っ込まないでね
すぐ凹むから。

格闘中です。

同じく格闘してる人たちがいっぱいいるって知ることが出来て、ブログを通して、少しでも良かったなあと思います。

ちょっとでも、笑顔を作って行きたいですね。笑いましょう。

ところで、、、またわからない単語が出て来たなあ
「セントラルサン」とか。。なんぞや?
ついてけないなあーー。でもそのまま続けて下さい、きっと話について行かれる人もいっぱいいると思うから。

精神世界 ランキング

人気ブログランキングへ
もう少し、じっと耐えて見ましょう。何か展望はあるはずです。

yumiko__ at 01:13|PermalinkComments(6)TrackBack(0)clip!植物 

2008年03月21日

インディゴな(?)原初の光のメッセージ

minekomini
巫音子です。
春分の日、終わりましたね。
なんだか少し、なにかが切り替わったような気配を感じます。
次のフェーズが始まる気配。。。楽しみだ〜



━─━─━─━─━─さて。



・・・私が、こんなふうに「一人じゃないよ!」と叫び続けているのには、
理由があります。
ある、スピリチュアル・ヒーリングの最中に、
「自分」が初めて宇宙に生まれた瞬間を見る(思い出す?)ことが出来たからです。

(※これから書くことは、突拍子もないと思います。多くの人にも当てはまらないかもしれません。ただ、私自身は実際にそのビジョンを体験したので、個人的には不思議なリアリティがありますが、これが、他の人のリアリティになるのかどうか実は、わかりません。必要な人に、必要なエッセンスが届くことだけを、祈ります。)


これとは別に3万5000年前に、
別の太陽系を飛び出して地球へと向かっている最中の自分の記憶、ってのもあるのですが、
(その時間をアカシックレコードを検索して何年前なのか教えて
 くれたのはゲリー・ボーネルさんでした。そしてそれを涅槃に
 書いたのがちょうど一年前だってーのも、今、見て、
 びっくりでした)
今回の話は、
それよりももっともっともっと前、
そもそもの「自分という“光”」がうまれた瞬間のことです。



真っ暗で広大な宇宙に、
神の意志が働き、原初の光がうまれる・・。

そのとき、今の私につながる光は、
宇宙で、一人ぼっちではなかったのです。
同じその時に、そのエリアで、
たくさんの数の光が生まれていました。
そのために、闇さえ吸い込みそうに真っ暗な宇宙に太陽が出現したかのように私の周辺は明るかったほどです。

そのたくさんの光たちは、
一つ一つが、神の愛に満ちあふれていました。
それは、神秘的でおごそかでありながらも、
生き生きとした光景です。
光たちはその時点ですでに、さまざまな個性を感じさせるような異なる光り方をしていましたが、
大いなる意味での目的は、
ともに同じであると、知っていました。
そう、その光たちは、
私の「仲間」だったのです。


そして、私たちは、
果てしない宇宙にばらばらに散り、
自らを成長させるために多くの銀河を旅しました。
宇宙の広大さゆえに、その大部分の時間、
仲間の光たちと出会うことはできませんでした。
その代わりに、他の多くの種族と出会い、ときに闇と戦い、
ともに経験を共有し、成長しました。
ただ、仲間の光たちとほとんど会えないことで、
自分は「(つねに)独りである」という感覚も、
同時に魂に刻み付けていったようです。




そして、
地球の年月でいうところの数万年前に、
セントラルサンからは切なくなるほど遠い、
ここ、
地球へと、やってきました。
かつての故郷である星と、どこかしら似ている部分もありますが、古過ぎる記憶はもはやおぼろげでもあり、うまく説明できません。
地球にふさわしい存在になるべく光の波動を下げて地球肉体と融合したときにも、
「独りである」という感覚を手放すことができず、
出産、という体験が「母なる存在からの剥離」感を決定づけたかのように、
その感覚は強烈な、
継続されたトラウマとして人間としての自分に宿りました。
でも・・・・どこかで、
遠い声が、
やっと、

聞こえてきたのです。



「思い出せ。自分の源(ソース)を。
 今、ここにいる理由を、
 神と、仲間と交わした約束を、思い出せ。
 ひとりの世界で学ぶ事柄を、ここまでよく習得してきた。
 気の遠くなるような歩みの果て、準備はもう、整いつつある。
 あのとき、一緒に生まれた光のカケラ達の、
 ひとりひとりのエネルギーが、
 いつだってあなたのすぐそばで光っていたことを、
 この地球までたどり着いたあなたなら、
 思い出せるはずだから。
 互いに共鳴しあう、意志の、
 完璧な(波動の)ラインを、 思い出せ。


 “すべては、つながっている。”


 真理は常にふすま一枚向こうには、確実にあるのだから、
 さあ、内なる目を瞠(みは)ってごらんなさい。」



080320izumo





(繰り返します。これが、他の人のリアリティになるのかどうか実は、わかりません。必要な人に、必要なエッセンスが届くことだけを、祈ります。宇宙の原初の音と共に、愛をこめて、AMEN.)



最後に、いつものクリックもポチポチっと、もらえたら嬉しいです! 今回も、瞬間瞬間を、ありがとうございます。
精神世界 ランキング 人気ブログランキングへ


 





2008年03月18日

自分をどんどん、ほめていこう。

巫音子です。
コメントをくださった皆さん、本当にありがとうです。
コメントまだ返せてないですが、皆さんの勇気ある告白に、
感動しました(涙)
そして、
由巫子ちゃん、ナイスな提案ありがとう。
そして、レポート、してみてくださいね。
それが他の人の大きなヒントになると私は勝手に確信します(勝手やねホント^^;)
外の空気を吸う、、、(花粉症に負けじと!(笑))
すごく、いいと思います。
(インディゴは、地球外からやってきてるくせに、
 マザーガイア(地球)のエネルギーに愛されてる人たちが
 何故かとても多いの。
 だから、自然を味方にしておくと、ほんと、癒されるよ〜

最初の一歩。
自分の部屋を出て、
玄関までがんばっていってみる。
玄関までいけたら、近くの公園まで行ってみる。
近くの公園まで行けたら、
電車やバスに乗って大きめの公園まで行ってみる。
大きめの公園まで行けたら、
1時間くらいそこでぼーっとしてみる。
木に触ったり、鳥が動き回ってるのをぼーっとみたり、
芝生があるなら寝転がってみる。
緑や花、土の匂いをかいでみる。
みんなが“生きている”ってこと、
どうか、感じてみてください。
するとプラーナ(生命エネルギー)と自分のエネルギーがつながって活性化されます。
(木に抱きつくってのは、そんな怪しまれないよ。
 江原さんが推奨したせいか^^;
 最近いろんなお寺とかで女子が普通にやっております
公園で散歩が出来たら、
近くの海まで行ってみる。
寄せては返す波を延々2時間くらい見ていると、
不思議と何か、肩の荷がおりたりも、します。


そこらへんで、リラックスできる自分が出来てきたら、

「基本、自分と関係ないけど、
 仕事中も人間的な会話をする人たち」

と、会話をしてみる、ということをおすすめします。
八百屋のおっちゃん、おばちゃんに、
この野菜はどうやって料理すると美味しい?って聞いてみるとか、
足ツボマッサージやネイルサロンのお姉さんとか、
ヒーリングサロンのヒーラーさんと、
基本、どうでもいい会話からでも、とにかく“会話”をしてみる・・・。
そうやって、“拒絶されない自分”の経験値、
コミュニケーションって回数こなせば何とかなっていくのね〜という感覚値、
をあげていくのです。
近しい人間のほうが、普通に土足でココロに入ってくるからさ、
やりにくかったりするのよ(笑)
最初のうちは、遠いけど親切な人、で、まず、人にしっかりと、
馴れてみる。



そして、上のすべてに言えることですが、
その行動ができた自分を、
自分でちゃんと、ほめてあげてください。
毎回。そのたびごとにね。

よくがんばった、
よくここまできた、って、
自分をしっかりと抱きしめること(枕かクッションを使ってね)。
もう、二度と誰かに自分を拒否されたくないのなら(ほんとはこの感じ方自体、捨てちゃっていいものなんだけどね。厳密に言って自分を拒否している存在は、つきつめると自分自身に他ならないから)、
まず、自分から、
自分のことを気持ちよくしてあげてくださいね。




私がこどものときによくやっていたことは、

「“しゅごしんさま”と、寝る前に話し合う。」

と、いうことでした。
話し合う・・っつっても、独り語りなんだけど、
おふとん入ったら両手を合わせて、
しゅごしんさまにしか言えない、いろんな話をしました。
時にははしゃいでみたり、
時には声を殺して泣きながら、
私はこういう風に変わって行きたいから、
守ってください、いつもありがとう、
ということを、
誰に教えられたわけでもないのに
延々と心で唱えていたのです。
たとえば・・・


「しゅごしんさま、今日も一日お守りくださいまして
 ありがとうございました。
 私は今、塾が一緒の○○ちゃんがあんまり好きじゃなくて、
 今日も、腹が立って××を言ってしまいました。
 でも、ほんとは自分でもそこまで言わないでいいのになって
 言ってから思いました。
 だから、明日からはそう言わないようにします。
 しゅごしんさま、どうか明日の私が、
 今日の私より良くなって行くよう、
 お守りください。」


毎日毎日、
ちょっとした進歩でいいから、
前に進んでいきたい・・・そのための、
いろんな話が出来る唯一の存在が、
“しゅごしんさま”という架空のキャラだったわけですが、
スピリチュアルなんぞを学び始めた今、振り返ると、
しゅごしんさまはあの頃、ちゃんと、
存在してくれていたようです。
(大人になった今の私は、クリスタルのなかにも、その存在を感じます)
私にとって“しゅごしんさま”は、
サポーターで、味方で、ずっと自分を近くで見ててくれる友達で、
だから、下手でも下手なりに今日一日なんとかがんばってみよう、
と思える心の支えでした。
彼らは、
あなたが声を出して、呼べば、
パワー全開でサポートします。
ただ、彼らには肉体が無いので、
ちゃんと、呼び出した自分自身が肉体使って動いていく必要がありますが、
ルールはそれぐらい、シンプルです。


ええと、ちょこっと、続きます。
良ければ最後に、ポチポチっと、クリックそれぞれにくれたら、
涅槃シスタズの励みになります⇒精神世界 ランキング 人気ブログランキングへ
いつも、ありがとうございます



2008年03月16日

散歩しようぜ

久しぶり、由巫子です。

大人になったインディゴの一人(らしい)です。今もって、「インディゴ」って言われる事に「よ、よくわかんないなあ。」とか思っていますが

似た様な状況にある人はたくさん居るんだなあって、読んでて思うよ。

0315dog1


とてつもなく、寂しいなと思ったら、
犬を連れて出かけるよ。


0315dog2



巫音子ちゃんの日記は、私には、ちょっと辛くて、一度しか読めなかった。

私も日々、格闘してまして、、、。

でも、悲観してないよ。なんで今、こういう状況なのかな〜、って、単純に遠くから観察してる。自分の事を。


そして、散歩にでる。


0315dog3



散歩、出来る人がいたら、散歩してみて下さい。


外の空気を吸うと気持ちいいのは確かだよ。


それも出来ない人も、いるかもしれない。
1時間かかってもいいから、起き上がって、玄関まで行ってみる冒険。

多分、2時間かかる人も居るかも知れないね。

私がそうだったからね。

暗い話を書きたいんじゃないんだけど、流れ的に許して下さい。私の場合はね、まだスコーン!と突き抜けてないからね。個人的な事は、全然、書く事は出来ないけれど。インディゴの皆さんがどれだけ苦しい思いをしているかは判るよ。私も、毎日、胸がつぶれそうです。

で、ここから。私は、どうやって日の射す方へ進んで行くのかを、レポートするつもりでいるのです。だから、皆で探す涅槃なの。
って事で。

精神世界 ランキング

巫音子ちゃん、もう一個のバナーがうまく貼れなかった〜。


貼ってみました(巫音子^^)こちらもクリック、よろしくです
人気ブログランキングへ


2008年03月14日

大人になったインディゴ・チルドレンへ

minekomini
巫音子です。
ちょいと月後半忙しくて更新ペースが落ちています。が、
これはちゃんと書いておこうと思って、
コメントでなくこちらで書きます。


ちぃさんのコメント:

組織でうまくやれなくて、ひきこもってます。
仕方ないと思えるようになれば、うまく生きられるのでしょうか?
人と関わらない、ひたすら我慢ということで自分を守っています。親でさえ理解してもらえないんですよね。。。 



ちぃさん、コメントどうもありがとう!!
インディゴたちのなかには、似たような状況にいる人たちがけっこういるようです。
現状の、組織の角ばったエネルギーは、インディゴの繊細な細かい粒子にとっては、うまくなじみきれないこともあっちゃいます。人は基本そうですがインディゴは特に自分のエネルギー場を維持できなくなった途端にダメダメになるので(^^;
組織(や学校)に順応できない=自己表現できるスペースを作れないインディゴたちのパターンとして、以下のケースがあります。

ー分を守る手段として「機械人間」のように割り切って働く。
∩反イら自分を切りはなって引きこもる。
F雲ぢ紊里弔覆りだけに群れる。上司とか基本スルー(相手にしない)。


本当にきつくてどうしようもない場合は、
若い人の多い職場(=インディゴエネルギーが多い)や
小さな規模の会社(=組織エネルギーが流動的)に行くことを
実際問題としてはオススメします。


親との関係においては、特に今は過渡期だから・・・親がバイオレットなことも多いし、インディゴの親も、子供時代をバイオレットのしきたりに「教育」されてその価値観でインディゴのわが子と接しがちなので、多かれ少なかれ、苦労しているインディゴの子供がたくさんいます(それはつまり親も苦労している、ということです。今ねー、インディゴに対応しきれずにヘコんでるバイオレットの人も結構多いんだよね・・・)。
ただ、過渡期を(魂的には)自ら選んで生まれてきてるインディゴやバイオレットなので、最終的には折り合えるエネルギーをもっているし、そこはどうかあきらめずにトライしていって欲しいとほんと、思います。私も社内でそんなトライ&エラーの毎日です(笑)水の世界も油の世界もいいけど、ドレッシングの方がもっと美味しいじゃん!と思った魂たちが集結してるわけですよ、本当は(笑)でもまあ、がんがんにシェイクされちゃうもんでみんなヘトヘト、みたいな(笑)


前の世代の親たちは、自分たちの学んできたことが「正しい」と思っているから、全くそのルールにあてはまらないインディゴの波動を感じると、心配になるし、時には威圧感を感じるし(理解できないものって恐怖ですよね)、それゆえになんとか「正しいレール」に乗せようとして、過保護になったり、そうじゃない場合は育児放棄をしてしまう・・・。
私が、前回のブログでまとめてインディゴについて書いた時は、

「そういうことが、あなた一人ではなくて、
 いろんなところで同時多発的に起こっている。
 だから、
 “自分一人が変なんだ、もうオシマイだ”なんて思わないで。
 そこは、地球が変わっていこうとするもっと大きなタイミング
 だからこそのひずみなので、視点を広く持って欲しいのです。
 “今の世代の傾向として、仕方ないところもあるんだな。
 じゃあ、それを踏まえた上で、今後、自分はどういうふうにして
 いくのがいいんだろう?”という、
 次のステップへと、進んでいきませんか?」

という祈りと問いかけの気持ちでいっぱいでした。




つらいのは自分一人じゃないんだ、と思えたら、
少しでも強くなれませんか?
インディゴは、
一人一人が、何か一つ、オリジナルで純粋な、天才的なエネルギーを持って生まれてきている、と言われています。
そのことを知って生きるのと知らないで生きるのとでは、
自分にかける期待だって変わってこないかな?

これから未来に訪れるはずの世界は、そうやって、それぞれの全くカブらない天才的なパワーたちを、横へ横へとどんどんつなげることで、みんながその才能をシェアできるのです(そしてそれをバイオレットの年長者たちが組織力や構成力を活かして引き上げ、よりパワフルになる)。だから新しい組織だって必要だし、新しい人々の意見だって必要。みんな、何かしらその任務のどれかを担ってこの地球に来ているようです。

たとえばね、プロジェクトを完全に新しく始めるときって、前例がないから、大変じゃないですか? それを少しでも軽減するために、別の星で何度かアセンションだって経験しているインディゴたちがはるばる地球に来て、魂の経験値を発揮しようとしているんだけど、地球のしきたりさっぱりわからなくて戸惑ってる、ってーのが現状です。
ま、国産品をアメリカで成功させるためにアメリカ人雇ったけど言葉通じてないし文化の違いもあるしで作業自体が何だかはかどってませーん、みたいな、ありがちな状況っちゃあ状況ですが(笑)


一人一人がまず自分の内側から光を広げていき、
それを表現する。そのエネルギーを感じ、
使いたいと思った人はそのエネルギーをシェアしていく。
そんなやりとりを、互いにしていくことで、
みんなが結果的に潤っていく。

私は、一人のインディゴとしても、そのことを心の底から信じているし、ソルジャーインディゴとしてガンガンにその道を切り開きたいので(´_ゝ`)ノ、ブログでもそのエネルギーを発信し続けます。
ちぃさんや、他の方よりも私はまだまだ楽な方だろうけど、
子供の時とか非常にツライ時期もありました。
基本的に、人の感情変化に敏感で、自分の親や周りの大人がどんなこと感じてるか察知しまくるので、変なところで大人びて、そのせいで

「しっかりしてる、でも揺れる。いろいろ分かる、でも自分がよくわからない。自分はなんて中途半端な子供なんだろう」

と思ってました(見た目はすんんごい快活な、優秀な子供を表現してたけどね)。
初めて自殺を考えたのは10歳の時です。
「フランダースの犬」の最終回見て、
「ネロの方が私より幸せ者だ。
 だって私には一緒に死んでくれるパトラッシュみたいな
 存在もいない。こうやって私は未来永劫、一人なんだ。
 そして、身近な親が一番、そのことを知らない。」
とか思ってました。
暗いねー。今の私からしちゃ、赤面するくらい、暗い!(笑)


とにかく、私が行動するあらゆる行為が、結果的に誰かを傷つけるくらいなら自分が死んだ方が話が早い、なぜかずっとそう思ってました。
でも、親や周囲の自分への期待もわかってたから、そんなそぶりは一切見せなかった。「優良児」を演じられるだけの器用さがアダになって、「さびしい!!」と叫ぶことができなった。身体の底にその感情を押し込め続けて、結果的に濃密なドロドロを作っていきました。
大人になっても、どこかしらその気持ちを持ち続けていたので、
会社にいても周りからは「すごく元気で、仕事もバリバリする人」で通ってました。そりゃあもうガッツリ演じてた。上の項目でいくと典型的な“屬任后
でも、素の部分が出る恋愛のほうでは、どこかしら陰のあるような人にひかれたり、一見満たされてる風に見えて、内面的には自分の孤独感を増すだけの人と付き合ったり・・・。
ただ、そんななかで、いろんな出会いや、いろんな気づきがあり、「自分とはいったい何者なんだ?」ということを知るためにスピリチュアル道もまい進し、気づいたことがあります。


「自分が感じている恐怖、拒絶感、絶望は、
 結局は自分が引き寄せているし、
 自分が引き寄せていることを自分でやめない限りは、
 周りの人々や環境も、
 そのネガティブな世界のまま、私をつつみ続ける。」


と、いうことでした。
私は、もう、心の底の底の底の底から、
「そんなのは、イヤだ!!!!!!。」
と思ったので、自分の中のネガティブなもの、全部手放そう、と思ってありとあらゆることをしました。
その中の一つに、

「親に対してネガティブな感情を持っていたことを手放したい。
 だから、親に対して、そのことを全部、ぶっちゃけて、
 愛のエネルギーも、まず自分から、流してみよう。

という、試みも、しました
(まあ、実行するまで時間かかったけど^^;)。
それは2年前の正月です。
久々に実家帰ってくつろいでいた夜、父母と3人で、子供のころの話になったので、

「あのね、いい機会だからいろいろ言っとこうと思って。・・・私が子供の時、実はすごくさびしかったって、知ってた?」

という話から、切り出しました。
そして、時間をかけて、いろんな話をし、その時は自分もすごくつらかったけど、大人になって、いろんな経験から学んできたこともあるから、もう大丈夫やけど、そういうのはちゃんと伝えとこうと思って、まあ、結局言いたいことは、私を生んで、育ててくれて、本当にありがとう、ってことやねんけどね、という話をしました。
親は(特に母親)は、それを聞いた途端、ガン泣きでした。
そして、
親からもいろんな話をしてくれました。そこでわかったのは、親は親で、いろんな感情に敏感すぎるわが子の扱い方をどうすればいいかすごく悩んでいたこと、このままこの子が大人になったら、繊細過ぎて死んでしまうかもしれないからどう強く育てたらいいのかとあれこれトライしたこと、でも、そんな中であがいてばかりで、キツイ言葉も言ったし、距離の取り方も難しいと思っていたということでした。
その、親の告白を聞いた時に、ウチの親の親(私にとっておばあちゃん)と母親の関係自体が、いびつだったことを思い出しました。ウチの母は自分の母親から十分な愛情をもらうという経験が無いまま、つまり、まったくの若葉マークで、私をなんとか育てようとしてくれていたのでした。それが、私への接し方にも影響を及ぼしていたことを、私ははっきりと理解し、

「ああ、オカンはオカンなりに、がんばってくれたんやわ。それに、私みたいな常に大人の動向リサーチしてるようなややこしいガキの扱い方に悩むのは、まあ、確かに、そら、悩むやろ・・・しゃーない部分もあったんやなあ。つい子供は親に完璧を望むけど、じゃあ子供の自分が完璧やったかっていうたら、全然やし、おあいこのところも結構あるなぁ。」

とほんとに、しみじみ思ったのですね。
親は親で、わが子が親のことをいろいろ考えているなんて思ってもいなかったらしく、
「あんたもいろいろと感じて、考えて、ここまで来てくれたんだね。ママのことも気遣ってくれてたんやね。」
といって、さらに泣いてました。
そこから、ほんとに何か、家族の中の風が変わったのを、今の私は感じています。
人や周囲は、変えようと思っても、変わるようにいくら祈っても、それだけでは変わりません。
(女子へ>目の前の彼氏を変えようったって、変わらないよ。
 そのやり方は、遠回りだよ!^^彼氏を変えたい方向へ、とっとと自分をかえるのが近道です
でも、
自分が変われば、
 周りはびっくりするほど簡単に変わる。

これは、宇宙の真理だと私は思います。

どういう世界、
どういう人間関係、
どういう組織に生きていくか、は、
自分で決めることができるのです。
鍵は一つ、「自分から、変わる。」それだけです。

キツイ言い方かもしれないけど、
他人に、自分のこと理解してもらいたいのならば、
他人が自分を理解できるように、自分から自分のことを外へ表現していかなきゃ。
(それ以前に自分が自分をそこそこ理解していないと表現しづらいじゃない? だから、インディゴってのはどういう存在なの?ということを情報として知っておくのは、有効だと私は思います。自分がインディゴだってこと、もっと前に知ってたらすげー楽だったのに!って、ほんと思うもん。社会もこのこともっと話題にすべきだとホント、思うよ)
他人と気持ちよくつながりたいなら、
自分が他人とまず気持ちのいい距離感を、作らなきゃ。
そうやってみんな毎日いろいろがんばってる(由巫子ちゃんも日々そんな感じですよね?私もほんと、その繰り返し^^;)。
みんな、それぞれ、いろいろと、あがいてる。
最初はね、ただ笑ってみる、それだけでもいいんです。
何でもいいから、自分がやりたいこと、無性に楽しいことを見つけたら、その世界をしっかり味わってみましょう。で、ニコニコ気分で街を歩くことから、まず始めてみましょう。曇っていようが雨であろうが、太陽はいつだって私たち人間の味方です(スピリット・エネルギーレベルで)。
そして、
似たように気持ちいい、って思える人を探したり、その気持ちいい状態を周りの人も理解できるように、笑顔や、おしゃべりや、実際にそれを作品にしてみたり、表現してみるのです。
自分を良くしていくためのいろんな方法は、この涅槃でも引き続きいろいろ書いていきますが(クリスタルたちもそこをサポートする心強い味方です)、
まずは、自分をしっかりとハグする、自分をまず自分がちゃんと愛して、受け入れてあげる、というところからでも、始めてみてはいかがでしょうか。
今日は長くなったので、インディゴならではの、、、という話は次回に書きます(クリスタルの続きもまた復活しますですよ)。
自分の中の光を信じてください。
そこにたっぷりと栄養を補給していきましょう。
すると光は内側から外側へとあふれ出し、
あなたの周囲も光り始めます。
みんな、無意識でも周囲の光を感知し、その光に気づくから、
あなたの周りに人が、集まり始めるのです。
自分が変われば、世界は、絶対に、絶対に、変わります。
どうか、一歩、新しい場所へ。
愛をこめて、
巫音子



最後に・・・(今日は長くてすんません)

「私を生んで、育ててくれて、ありがとう。」

これはね、地球上で、とてもとても強力な、
一つの魔法(MAGICK)です。
本心でそう思ってないで言ったとしても、魔法なの。
だから効くの(☆゚∀゚)
魔法の手順は、たったの二つ!

〜蠎蠅量椶鮓ること
嘘でも(ここポイント(笑))気持ちはこめること

親の目を見て、もし、できれば親の手を取って(上級者編だけどね)、ちゃんと、一回言ってみるといいですよ。
世界は、変わります。


多くのインディゴの人に、
ランキングサイトからでも言葉が届きますように、
クリックをポチポチっと、それぞれにくれると、とても嬉しいです精神世界 ランキング  人気ブログランキングへ
いつも、ありがとうございます


    follow me on Twitter
    峰子最新情報↓↓↓クリック^^
    地球にクリック♪
    Moon Calender
    CURRENT MOON
    IMAGINE PEACE

    あああ